ソファを捨てる値段は粗大ごみが一番安い!無料の処分方法も紹介! 

お役立ち情報
広告

僕がボロボロにしちゃったソファをそろそろ捨てるみたいなんだけど、値段はどのくらいかかるのか教えてほしいニャ。

ソファは頻繁に捨てるものではないため、いざ捨てようと思ってもどうやって捨てればいいんだ?と悩んでしまいますよね。

ソファを捨てる方法は色々あるのですが、値段が一番安いのはあなたがお住まいの自治体に粗大ごみとして出す方法です。

自治体によって金額の設定が違いますが、おおよそ800~2,000円のところが多いです。

捨てる方法は他にもいくつかあるので後ほど紹介しますが、手間がかかってもよければ無料で処分する方法もあります。

それぞれの方法で値段や手間に違いがあるので、あなたの条件に合わせてピッタリな方法を選んでくださいね。

広告

ソファを捨てる値段は手間をかけられるなら安く済む!

ソファを捨てる値段は手間をかけられるかどうかで変わってくるといっても過言ではありません。

ではそれぞれの方法で値段がどのくらい違ってくるのかを見てみましょう。

自力で解体できるなら無料で捨てられる

ソファを捨てるのには絶対にお金をかけたくないの!

もしあなたが体力に自信があり、時間もたくさんある!というなら、自力で小さく解体することで一般ごみとして無料で捨てることができます。

ハサミやカッター、のこぎり(あれば電気のこぎり)は必須なので持っていなければ準備が必要です。

あなたがDIY好きなら道具の使い方にも慣れているはずなので、チャレンジしてみるのも楽しいかもしれませんね。

ただし、無料で捨てられる状態になるまで解体するには手間と時間はかなりかかるので、覚悟をしてから始めて下さい。

できるだけ費用や手間をかけたくないなら粗大ごみ

不要になったソファはできるだけ費用や手間をかけずに処分したいのよね。

そんなあなたは自治体の粗大ごみに出すのがおすすめです。

ソファを粗大ごみとして捨てる場合の値段は自治体によって違いますが、回収してもらう方法の中では一番安く済みます。

ソファの大きさや種類、素材などによっても差がありますが、おおよそ800~2000円のところが多いです。

ただし、回収してもらうには指定された場所まであなたが運び出さなくてはいけません。

協力してくれる力持ちの方がいれば問題ありませんが、ソファを運ぶのはけっこう大変ですよね。

詳しい金額を知りたいときは、あなたが住んでいる地域の自治体に直接聞いてみるかホームページなどで確認してみて下さい。

とにかく1分でも早く処分したいなら不用品回収業者

仕事が忙しくて粗大ごみ回収の日程と予定を合わせられなくて困ってるの。

そんなあなたには不用品回収業者をおすすめします。

不用品回収業者の値段の相場は、私が調べた範囲では10,000円前後のところが多かったです。

ソファの大きさによっても変わりますが、一般的には重くて大きいので、これくらいの値段はかかるようです。

一見高いように感じますが、不用品回収業者を選ぶメリットは何といってもあなたの都合に合わせてくれるというところです。

業者によっては即日で数時間後に回収しに来てくれるところもあります。

さらに、自分で回収場所まで運ぶ必要もありません。24時間365日OKとしている業者も多くありました。

忙しくてなかなか日中に時間が取れないあなたでも対応してもらえるのは助かりますよね。

ソファだけでなく、他に一緒に処分したいしたいものがもしあるなら一緒に見積もりをしてもらうこともできます。

無許可の不用品回収業者もいるので要注意

不用品回収業者の中には無許可で行っている業者もいるので注意してください!

一般家庭からの不用品回収をするには、「一般廃棄物処理業の許可」が必要になります。

何で無許可の回収業者を利用しちゃいけないの?

無料回収と言っておきながら、トラックに荷物を積み込んでから高額を請求するという被害が増えているからです。

また、回収したものを不法投棄したり、不適正処理をすることで有害物質の放出をしたりといろいろな問題も起こしているからです。

業者が不法投棄しても私たちには関係ないでしょ?

無許可の悪徳業者が処分費を浮かすために空き地や山奥に不法投棄したものから、あなたの個人情報が漏れる可能性があります。

さらに、捨てられたごみの持ち主があなただと特定された場合には、不法投棄した犯人だと判断されて重い刑罰が課せられる可能性もあるのです。

環境省も無許可の回収業者を利用しないように呼びかけていますので、悪徳業者に騙されないように十分注意しましょう。

処分と設置を1度で終わらせたいなら家具屋の引き取り

ソファを捨てる日と届く日が別になるのは困るのよね

そんなあなたには回収サービスをしてくれる家具屋さんでの購入をおすすめします。

新しいソファの購入代金にプラス3,000円~5,000円ほどかかりますが、新しいソファと引き換えに古いソファを回収してくれるので1日で終わらせることができます。

ただし、どこの家具屋さんでも同じですが、ダイニングテーブルを買ったからソファを回収してほしいというようなことはできません。

同じ種類のものを同じ数だけ回収してもらえると覚えておきましょう。

ニトリ1注文につき税込み4,400円で、同数量または同容量までであれば引き取り可能
IKEA1注文につき税込み4,500~6,300円の有料配送サービスを申し込むと回収可能
キャンペーン時には商品の購入代金によって無料になることもある
無印良品1注文につき税込み3,000円で、同種かつ同数が条件
広告

ソファを捨てる方法6つの手順を具体的に見てみよう

では次にソファを捨てる方法6つの手順をそれぞれ詳しく見ていきましょう。

自力で解体して一般ゴミとして捨てる方法

この方法は普段からDIYが好きなら楽しいかもしれませんが、道具の扱いになれていないとケガをする可能性もあるのでご注意ください。

作業時間としてはソファの種類によっては丸一日かかる重労働になるかもしれないので覚悟をしておいてくださいね。

ごみもたくさん出るので広い場所での作業をおすすめします。

それでは早速、最低限必要なものを準備しておきましょう。

  • 軍手(できれば丈夫な作業用手袋)
  • ハサミもしくはカッター
  • のこぎり(あるなら電気のこぎりの方が断然ラク!)
  • ニッパー

〈手順1〉表面の生地をハサミやカッターを使ってすべてはがしていきます。これは燃えるごみとして捨てることができるのでまとめておきましょう。

〈手順2〉次にクッション材のスポンジを中から取り出していきます。

取るときはわりと簡単なことが多いですが、取った後はある程度小さくしないとごみ袋に入らないのでこの作業は地味に大変です。

ちなみにこのスポンジも燃えるごみとして捨てることができます。

〈手順3〉続いてソファの枠やスプリングなどの金属をのこぎりなどを使って解体していきます。

一般ごみで捨てるためにはサイズを超えないようにする必要があります。

あなたがお住まいの自治体の定義を事前に確認の上で、解体していきましょう。

木製のソファはのこぎりの扱いに慣れていれば難しくはないかもしれません。

鉄製のフレームの場合はものによっては専用の金属カッターがないと解体できない可能性もありますのでご了承ください。

木材は燃えるごみとして捨てることができ、スプリングや鉄製のフレームは燃えないごみとして捨てることができます。

自治体の粗大ごみとして捨てる方法

粗大ごみとして捨てる方法には、自治体のごみ処理施設に自分で持っていく方法と、自治体に粗大ごみとして戸別回収してもらう方法の2つがあります。

あなたがもし軽トラックをお持ちであれば、直接持っていく方法でもいいですが、どちらにしても処理手数料はかかるので戸別回収がおすすめです。

いずれにしても自治体によって手順は異なる場合がありますので、まずはあなたがお住まいの自治体のホームページなどで粗大ごみの捨て方を確認しておきましょう。

ここではおすすめの戸別回収の手順を説明しておきますね。

〈手順1〉まずは自治体の粗大ごみ受付センターに電話やインターネットで申し込みをして、回収の手数料・場所・日にちを確認します。

〈手順2〉次に、申し込みの時に確認した手数料を指定されている金融機関、郵便局、コンビニなどで納めて領収書と収集シールを受け取ります。

領収書は収集が完了するまでは必ず保管するようにしてください。領収日付印がないと無効になってしまうので、受け取るときには必ずチェックしておきましょう。

収集シールに使用期限はないので、もし不要になってしまった場合は次回使うこともできます。

詳しくは自治体によって異なる場合もあるので、必ず事前に確認することをおすすめします。

〈手順3〉粗大ゴミの見やすい位置に収集シールを貼り付けて、回収日までに指定された場所に出します。

回収日が雨だったらどうなるの?

回収日が雨だったとしても予定通り持って行ってくれるので安心してください。立ち会う必要はないので以上で完了となります。

不用品回収業者で手間なく捨てる方法

この方法の最大のメリットは自分で運ぶ必要もなく、日程や時間帯もあなたの都合に合わせてもらえるところです。

またソファのほかにも処分したいものがあればトラック詰め放題プランなどを出している業者も多いので一気に片付けることができます。

回収の際には立ち会いが必要となりますが、私が調べた範囲では24時間365日いつでも即日対応しているところが多かったので、夜でも大丈夫です。

業者によって料金やプランが異なるので、まずは3社くらいを目安に無料で相見積もりを出してもらいましょう。

適当に業者を選んだらぼったくりの被害に遭ってしまったの…。

こういった問題はけっこうあるようなので、適正価格で良質なサービスの不用品回収業者を見極める必要があります。

悪徳ではない不用品回収業者を選ぶためのポイント

  1. 一般廃棄物処理業の許可を持っているか確認する(産業廃棄物処理業の許可だけではダメ)
  2. 料金が分かりやすく書かれているか確認する
  3. ホームページなどで業務の事例を確認する
  4. 良くない口コミが多く書かれている業者は避ける

一般家庭から出る不用品を回収できるのは「一般廃棄物処理業の許可」を持っている業者のみとなり、持っていなければ「無許可」の業者ということになります。

この「一般廃棄物処理業の許可」は市区町村が出している許可なのですが、申請したからといってすぐに許可が出るわけではないんです。

市区町村によっては新規の申請を受け付けていないところもあるので、この許可を持っているということはかなり重要なポイントです。

無許可の不用品回収業者をなぜ利用してはいけないのかはこの記事の中で先述してありますので、再度ご確認ください。

家具屋で購入と同時に回収してもらう方法

ソファを新しく購入する時に申し込みをしておくことで、配送時に古いソファの引き取りをしてくれる家具屋さんがあります。

基本的には有料のところが多く配送日も限定されてしまうかもしれませんが、手間もかからず立ち会うだけで引き取りと設置が同時に完了できるのでおすすめです。

〈IKEAの場合〉

新しいソファを購入した際に、有料の配送サービスを申込することで配送時に古いソファを持って行ってもらうことができます。

IKEAではソファとマットレスに関しては無料で引き取りサービスをしているので、配送サービスの「料金を支払うだけで引き取りもしてもらえます。

購入場所が店舗かオンラインかによって配送料が異なりますが、IKEAのホームページで郵便番号を入力することで配送料金の確認をすることができます。

配送料無料キャンペーンを行っていることもあり、この時期に利用すれば配送と引き取りを無料でしてもらえることになります!!

調べている途中でこれに気付いた時には思わずテンションが上がってしまい、今すぐにでもIKEAに行きたくなってしまいました。

IKEAでのソファ購入を検討しているのであれば、このキャンペーンを利用すれば5,000円前後はお得になりますので要チェックです。

〈ニトリの場合〉

ニトリでは家具引き取りサービスをしていて、購入した家具と引き取りする家具が同数量または同容量であれば1注文につき税込み4,400円で引き取ってもらえます。

〈無印良品の場合〉

無印良品では不用品引き取りサービスをしていて、購入した家具と同種かつ同数の搬出作業や引き取りを1注文につき税込み3,000円でしてくれます。

ちなみにソファ1点を注文した場合はソファと一緒にオットマンの引き取りはしてもらえないのでご注意ください。

リサイクルショップで回収をしてもらう方法

近所にリサイクルショップがないのであれば、インターネットで探してみることもできます。

出張買取や無料査定サービスを行っているところもあるので、捨てようとしているソファがまだ使える状態なのであれば依頼してみるのもおすすめです。

電話やインターネットで申し込みをするだけでスタッフが自宅まで来て査定を行い、その場で買い取りと運搬までしてくれます。

汚れや傷、色褪せが目立つようであれば断られてしまう可能性もありますが、値段がつかなかったとしても無料で引き取ってもらえればラッキーですね。

ヤフオクやメルカリなどのフリマサイトで売る方法

ソファの状態によってはリサイクルショップでは値段がつかなかったとしても買い手が見つかることもあります。

今すぐに処分したいあなたにはあまり向いている方法とは言えませんが、まだ使える状態のソファであれば出品してみてもいいかもしれません。

ただし、ヤフオク!やメルカリなどの個人売買サービスに出品するには、説明文や画像をあなたが用意しなくてはなりません。

普段から使い慣れているのであれば大変な作業ではありませんが、慣れていない場合には手間のかかる作業かもしれません。

発送するのは大変なので、直接引き取りで出品するのが無難かなと思います。

ソファを捨てる時期は買い替えのサインで決めよう!

買い替えのサインってことはソファにも寿命があるってこと?

ソファは消耗品なので、座面のクッションがダメになって座り心地が悪くなったら買い替えのサインが出ていると言えます。

お気に入りで毎日愛用してお手入れをしてきたとしても、いずれは寿命がやってきます。

一般的なソファの寿命は素材や使用頻度、使う人数、置いてある場所などによっても変わりますがおおよそ5年~10年と言われています。

ソファの寿命ってけっこう短いんだね!

たしかに5年が寿命といわれると短い気がしますね。ちなみにダイニングテーブルの寿命も約10年と言われているそうです。

そう考えると人生の中で買い替えるタイミングはけっこうありますよね。

私の実家で使っているダイニングテーブルは果たして何年使っているんだろう…と思わず気になってしまいました。

そんな話はさておき、ソファの話に戻しますね。

もしあなたがすでにお気に入りの新しいソファを見つけてしまい、今すぐにでも買い替えたい!というなら止めません。

しかし、ソファを捨てる値段を調べてみたものの、本当に捨てるかまだ迷っているなら買い替えのタイミングを待ってから捨てるのはどうでしょうか。

買い替えのサインが出た時に捨てることで愛用していたソファへの心残りはきっとなくなるはずです。

では早速あなたの愛用しているソファの診断を以下のポイントを見ながらしてみましょう。

チェックポイント
  1. 座る部分の弾力が無くなり、座った時に体が沈み込む
  2. 座るとギシギシ音がする
  3. 表面の生地の痛みが明らかに目立つ

すでに捨てる時期が来ているソファを使い続けると体に負担がかかるため、座ったのに逆に疲れてしまったり、腰が痛くなったりすることもあります。

一つのものを大切に使っていくことはとても大事ですが、健康を損ねてしまうならば話は別です。

捨てる時期が来た時には今までのソファにお礼をして、買い替えを検討するようにしましょう。

本革のソファはお手入れ次第で一生もの

本革のソファに使われている生地はその名の通り、牛などの動物の皮を加工して作られた高級品です。

一般的な合皮や布のソファと比べると最も寿命が長く、日々のお手入れをきちんとこまめにしてあげれば30年以上使えるとも言われています。

これはまさしく一生ものですが、お手入れを怠ると革は乾燥してひび割れてしまい、4~5年ほどで使えなくなってしまうかもしれません。

専用クリームをできれば半年に1回くらい塗ってあげると、長く使い続けることができます。

また、革製品は水に弱いので、水をこぼしたらすぐにふき取ってくださいね!

ちなみに熱にも弱いので直射日光が当たらない場所に置くのがおすすめです。

座面のスポンジ材はへたってきたら交換してくれる業者やショップがあるので、とにかく革のお手入れを欠かさないことが長持ちのポイントです!

合皮のソファはお手入れは簡単だが経年劣化は必至

合皮のソファの寿命は5〜7年ほどと言われていて、見た目は本革と似ていますが、時間の経過とともに劣化していきます。

本革と同様に直射日光は劣化を早めてしまう原因になるので、置き場所には気を付けましょう。

お手入れは水拭きなどで簡単にできますが、ソファの上でのジャンプは表面のひび割れを急激に加速させてしまうので厳禁です。

表面の劣化は避けられませんが、合皮のソファも他と同様に座面のクッションが問題なければソファカバーなどで覆うことで使い続けることは可能です。

布製のソファならカバーを洗濯できる

一般的な布製のソファの寿命は6~10年ほどと言われています。

布製のソファは本体のカバーを取り外せるようになっていることが多いので、こまめに洗濯をしてあげることで汚れを目立たせないようにすることができます。

さらに上から別のソファカバーをかけて使えば本体のカバーをパーツごとに外して洗濯する手間も省けますね。

布製なので、よく触る部分は擦り切れて破れたり色あせたりしてきますが、座面のクッション部分に問題が無ければもっと長く使うこともできます。

どの素材でも座る部分のクッションがダメになったら買い替えの目安ってことなんだニャ

小さなお子様がいるご家庭では難しいかもしれませんが、ソファの上で飛んだり跳ねたりすると、ソファの寿命は縮まりますのでご注意ください。

まとめ

  • ソファは自力で解体できれば、一般ごみとして無料で捨てることができる
  • ソファを自分で回収場所に出せるなら、粗大ごみとして800円〜2,000円くらいの値段で捨てることができる
  • 不用品回収業者に依頼してソファを捨てると値段は10,000円前後はかかるが、自分の都合に合わせて回収してもらえる
  • 引き取りサービスをしている家具屋で購入すると新しいソファの値段プラス3,000〜5,000円くらいで設置の際に古いソファを引き取ってもらえる
  • ソファは状態が良ければリサイクルショップで買い取ってもらえるかもしれない
  • ヤフオクやフリマサイトに出品して購入希望者がいれば、利益を得られるかもしれないが買い手がずっとつかない場合もある
  • ソファを捨てるか悩んだら買い替えのサインが出てきてからがおすすめ

ソファを捨てる方法はいろいろありましたが、どの方法にするか迷うようであれば、お金と時間のどちらを優先したいかで決めるといいと思います。

YouTubeにもソファを自力で解体する動画がいくつかありましたので、チャレンジしてみたいと思ったあなたは見たほうがよりイメージしやすいかもしれないですね。

あなたがソファを捨てるときにこの記事がお役に立てれば幸いです。

広告

コメント

タイトルとURLをコピーしました