ハートの色によって意味が違う!異性の心理も知って良好な関係へ♪

お役立ち情報
広告
めい
めい

リアムからピンク色のハートが付いたメッセージが来たけど、何か意味はあるのかな?

海外の友だちからのメッセージに見慣れない色のハートが使われていると、どのような意味があるのか気になりますよね。

海外では「愛してる」「ユニーク」「優しい」など、ハートの色によって意味が違います。

ちなみにピンク色のハートには、「かわいい」という意味がありますよ。

リアム
リアム

めいに僕の気持ちが伝わるといいな♪

日本では主に赤いハートが使われていますが、海外ではハートの色は送り手の気持ちを表す重要なポイントです。

もしあなたがハートの色の意味を知らずむやみに使った場合、本当の気持ちが伝わらず相手に勘違いさせてしまう可能性がありますよ。

ハートを使う心理や絵文字の解釈も知って、良好な関係を築いていきましょう!

広告

ハートの色によって違う意味がある!全11種類を紹介♪

海外では、ハートの色によって意味が違います。

色ごとの大まかな意味を表でまとめましたので、気になるハートの色を今すぐチェックしましょう!

意味
赤色 愛してる
ピンク色 かわいい
オレンジ色 好き
黄色 ユニーク
緑色 面白い
青色 恋しい
水色 恋人になりたい
紫色 優しい
茶色 親友
黒色 嫌い
白色 好きだった

ハートの色は、海外では送り手の気持ちを表す重要なポイントになっていることがわかりますね。

次は1つ1つのハートの色の意味について、詳しく見ていきましょう。

赤色のハート

赤色のハートには、「愛してる」という意味があります。

海外だけではなく、日本でも好きな人には赤いハートを使うことが多いですよね。

特に海外では、本命の人や彼氏・彼女に対して使うことが多々あります。

この後紹介するピンク色のハートよりも、より強い愛情を表現していますよ。

ピンク色のハート

ピンク色のハートには、「かわいい」という意味があります。

ピンク色のハートが送られてきたあなたは、相手からかわいらしいと思われているということですね。

先ほどの赤色のハートとも近い意味がありますが、赤色は「愛」、ピンク色は「恋」を意識した色にあたります。

まだ本命とまではいかないけれども、ちょっと気になる…という人にも使えますね。

オレンジ色のハート

オレンジ色のハートには、「好き」という意味があります。

赤色のハートの意味と同様に、愛情を表現していますよ。

しかし、赤色のハートが「Love」なら、オレンジ色のハートは「Like」というように、少し愛情度が違うのが特徴です。

恋愛感情のない異性に、友だちとして好きだよということを表現するときに使えますね。

黄色のハート

黄色のハートには、「ユニーク」という意味があります。

黄色には、太陽のように明るいことや希望といったように陽気でポジティブなイメージがあります。

明るく楽しい気持ちにさせてくれる「友情」を表現するときに使いますよ。

緑色のハート

緑色のハートには、「面白い」という意味があります。

黄色のハートの意味と少し似ていますが、緑色のハートは「新しい出会い」を表現しています。

新たに始まった友情に対して使うのが一般的ですね。

しかし、反対に「うらやましい」という嫉妬の気持ちを表現するときに使われることもありますよ。

青色のハート

青色のハートには、「恋しい」という意味があります。

青いハートが送られて来たら、あなたを恋しがっているというサインです。

また、恋愛だけではなく、家族や友だちに対する「深い愛情」「深い友情」を表現するときにも使われますよ。

水色のハート

水色のハートには、「恋人になりたい」という意味があります。

一途な想いを寄せている人に対して使われますよ。

気になっている人から水色のハートが送られてきたら嬉しいですね。

紫色のハート

紫色のハートには、「優しい」という意味がありますよ。

海外には「パープルハート賞」という、相手へ思いやりを示す賞もあります。

また、「ロマンティックな愛」という意味もあるため、恋人同士で使うこともあります。

茶色のハート

茶色のハートには、「親友」という意味がありますよ。

茶色=大地の土の色や、温和・上品といったイメージがあるため、落ち着いた関係の人に使われますよ。

黒色のハート

黒色のハートには、「嫌い」という意味があります。

嫌いな相手に対して、「嫌い」というストレートな気持ちを表現する際に使われます。

また、仲の良い友だちに質の悪いブラックジョークとして使われることもありますよ。

白色のハート

白色のハートには、「好きだった」という意味があります。

「好きです」という現在進行形ではなく、「だった」という過去形になっているため、終わりを表現していますよ。

「今までありがとう」という過去に対する感謝の気持ちも含まれていますね。

あなたが気になっていたハートの色は見つかりましたか?

めい
めい

ハートの色によって、これほど意味が違うとは思わなかったわ!

私もこれまで赤色のハートしか使ったことがなかったので、色ごとの意味を知ったときはとてもびっくりしました!

日本と海外の文化の違いもわかって面白いですよね♪

続いて、異性がハートを使う理由とその心理について紹介していきますよ。

広告

ハートの色の意味以外に異性が使う理由と心理を知ろう

海外ではハートの色によって意味が違うことがわかりましたね。

次は、異性があなたに対してハートの絵文字を使う理由とその心理を解説していきます!

日本ではハートの色の意味を理解したうえで使うケースは少ないかと思いますが、単純に友だちだと思っていた異性からハートの絵文字が送られてきたらドキッとしますよね。

めい
めい

たしかに、リアムからハート付きのメッセージが来たときは少しドキッとしたかも…。

男性だけではなく、女性がハートを使う理由と心理についても解説していきますよ。

まずは、男性がハートを使う場合について見ていきましょう!

男性がハートを使う主な理由5つとその心理を解説

男性がハートの絵文字を使う主な理由と心理には、以下の5つがあります。

  1. 本命だから
  2. 気を引きたいから
  3. お願いごとなど、甘えたい理由があるから
  4. あなたのメッセージの雰囲気に合わせているから
  5. 特に意味はない

本命だから

あなたのことを本命だと思っているからこそ、「好き」という気持ちを送りたくてハートを使っている可能性があります。

特にハートは意味を勘違いしやすい絵文字のため、本当に好きな人にしか送らないという男性も多いですよ。

気を引きたいから

あなたの気を引きたいがために、ハートを使っている可能性もあります。

ハートを使ったことに対してあなたがどのように反応するのか見たかったり、遊んでほしかったりするときに使うことがあるそうです。

めい
めい

女性慣れしている印象がある理由ね…。リアムがそうだったら少し悲しいかも。

単に気を引きたいだけなのかどうかは、送り手の男性の雰囲気や文面からでも読み取れると思いますよ。

お願いごとなど、甘えたい理由があるから

あなたに何かお願いごとがあるなど、甘えたい理由があってハートを使っているのかもしれません。

私も異性からハートの絵文字つきでお願いごとをされたら、あまり悪い気はしないと思います。

あなたのメッセージの雰囲気に合わせているから

あなたのメッセージの雰囲気に合わせてハートを使っている、ということも考えられます。

あなたがハートをよく使うのであれば、相手の男性もそれに合わせてハートを使うことがあるそうです。

めい
めい

私はちょっとテンションが上がったときに使うくらいだから、リアムはこの理由ではなさそうね!

特に意味はない

絵文字を使わないと冷たい印象のメッセージになるため、特に意味はなくハートを使っていることもあります。

先ほどのあなたのメッセージの雰囲気に合わせているから、という理由と少し似ていますね。

続いて女性がハートを使う理由と心理を紹介しますよ!

女性がハートを使う主な理由6つとその心理を解説

女性がハートの絵文字を使う主な理由と心理には、以下の6つがあります。

  1. 本命だから
  2. 異性として意識してもらいたいから
  3. 文章の見た目を華やかにしたいから
  4. お願いごとなど、甘えたい理由があるから
  5. テンションが上がっているから
  6. 特に意味はない

本命だから

男性と同じく、本命だからこそハートを使っている可能性があります。

ハートの絵文字を使って、好意を伝えているのかもしれませんね。

異性として意識してもらいたいから

異性として意識してもらいたい、という理由からハートを使っていることも考えられます。

特に長い間友人関係にある場合などに、異性として意識してもらうきっかけとしてハートを使う女性もいるそうです。

「友だち」という関係から、一歩踏み出したい!という心理の表れといえますね。

これまで異性として意識していなかった女性が、頻繁にハートを使うようになったら「異性として見てほしい」というアピールかもしれません。

リアム
リアム

友だちだと思っていた女性からハートが送られて来たら、少しドキドキするな♪

文章の見た目を華やかにしたいから

文章を華やかにするためにハートを使う女性もいます。

「。」や「!」だけでは味気ない文章になってしまいますが、ハートを使うと一気に華やかな雰囲気になるためです。

この場合、男女問わず誰に対してもハートを送っている可能性が高いですよ。

単なる装飾としてハートを使っているため、好意の表れとは考えにくいですね。

お願いごとなど、甘えたい理由があるから

男性と同じく、何かお願いごとがあるなど、甘えたい理由があってハートを使っている可能性があります。

何かを頼まれるときは、ぶっきらぼうに「お願いね!」と言われるよりも、かわいくお願いされる方が受け入れやすい、という私のような人もいるでしょう(笑)

「お願いごとを聞き入れてもらうためのテクニック」の1つとして、ハートを使っているのかもしれませんね。

テンションが上がっているから

会話が盛り上がってテンションが上がったため、ハートを使う女性もいます。

「うれしい」「楽しい」といった気持ちを、ハートに込めているのかもしれませんね。

この場合、脈あり!と断定することはできませんが、少なくとも良い印象は持たれていると考えられますよ。

リアム
リアム

たしかに、めいは会話が盛り上がってくるとハートを使う傾向がある気がするな!

特に意味はない

男性と同じく、特別な意味はなくハートを使う女性もいます。

相手の男性に対して異性として意識しておらず、女友だちと同じノリで接してきているのかもしれませんね。

ハートに深い意味はなく、脈ありとは考えづらいでしょう。

ハートの色以外にも、男性・女性ともにさまざまな理由や心理が絡んでハートを使っていることがわかりましたね。

次は、実は日本と海外で解釈が違う絵文字について紹介していきますよ!

ハートの色の意味とは別に絵文字の解釈も日本と違う!

海外ではハートの色によって意味が違うことや、ハートを使う異性の心理について紹介してきました。

ハートの色以外にも、実は日本と海外で解釈が違う絵文字があります。

ここでは、日本と海外で解釈が違う絵文字の例を6つ紹介します。

絵文字の起源もあわせて知って、上手に絵文字を使えるようになりましょう!

日本と海外で解釈が違う絵文字例6選!知っておくと便利

海外では解釈が違う絵文字は、例えば以下の6つがありますよ。

  • 眠っている様子を表す絵文字
  • 案内している様子を表す絵文字
  • 汗の絵文字
  • ダッシュの絵文字
  • 手を合わせている絵文字
  • 船の絵文字

眠っている様子を表す絵文字

鼻ちょうちんを出して眠っている様子の絵文字を使うと、海外では「泣き顔」と認識されてしまいます。

日本では「寝ている顔」と認識できますが、海外の人にこの絵文字を送ると心配されてしまう可能性がありますよ。

案内している様子を表す絵文字

案内している様子を表す絵文字は、海外では「生意気」「皮肉」を言っていると誤解されてしまいます。

海外の人には、髪をかきあげている仕草に見えるそうです。

日本だと「こちらです」と誘導していると絵文字だと認識できますが、海外では全く違うことがわかりますね。

あなたが親切な気持ちからこの絵文字を使ったとしても、海外の人には逆効果になってしまうので注意しましょう。

汗の絵文字

汗の絵文字は、海外ではただの「水」や「雨」と解釈されてしまう可能性があります。

日本では、申し訳ない気持ちや忙しいという意味などを表現する際に使うことが多いですよね。私もよく使う絵文字です。

しかし、海外では正しい意味が伝わりづらいため、避けた方が無難でしょう。

ダッシュの絵文字

急いでいることや、緊急事態が起こったときなどを表現するときに使うダッシュの絵文字は、海外では「おなら」を意味するものとして使われています。

この意味を知らずに海外対して使ってしまうと、とても恥ずかしい思いをすることになりますね。

また、「煙」のようにも見えるため、海外では「喫煙」を表す絵文字として使われることもありますよ。

手を合わせている絵文字

手を合わせている絵文字は海外でも使われますが、「ハイタッチ」や「祈り」を示すものになっています。

日本では「ありがとう」という感謝の気持ちや、「お願い」など要望するときに使うことがありますよね。

海外ではそのように解釈しないため、日本の認識のまま使うと文章がおかしくなってしまいますよ。

船の絵文字

船の絵文字は、海外ではカップルに向けて「応援するよ!」という気持ちを表す際に使われることがあります。

これは、船を表す英語「ship」に、「2人の(恋愛)関係を支持する」というスラングがあるためです。

例えば、”I ship them!(私は2人を応援するよ!)“ などの文末に、船の絵文字が使われることがありますよ。

日本ではただの船の絵文字としてしか使わないので、面白いですよね。

リアム
リアム

このように応援されたら嬉しくなるね♪

日本と海外で解釈が違う絵文字は他にもいろいろありますよ。

気になったあなたはぜひ調べてみてくださいね♪

絵文字の起源とは?日本と海外で解釈が違う理由に納得!

絵文字は、日本の携帯文化から生まれたものです。

私はてっきり海外で作られたものだと思っていたので、これは意外な情報でした。

リアム
リアム

絵文字は海外でも幅広く使われているよね?

絵文字が海外でも使われるようになったのは、Unicode(ユニコード) に取り込まれたためです。

Unicodeとは、「符号化文字集合」と呼ばれるものの1つです。わかりやすくいうと、「文字」と「文字に割り当てた番号」の対応表のことを指しますよ。

PCなどの電子機器は、Unicode内にある文字に割り当てられた番号をもとにして、画面に文字を表示する仕組みになっています。

Unicodeに取り込まれたことにより、海外でもemoji」として馴染み、世界中で絵文字が使われるようになりました。

絵文字発祥の地=日本だからこそ、国内でしか正しい意味が通じない絵文字がある理由に納得ですね!

めい
めい

リアムとより仲良くするために、ハートの色だけでなく、絵文字の使い方にも注意が必要ね!

まとめ

  • 海外ではハートの色によって意味が違う
  • 赤色は「愛してる」、オレンジ色は「好き」といった意味があり、海外ではハートの色は自分の気持ちを表すための重要なポイントになっている
  • ハートを使う理由と心理は、男性と女性で相違点がある
  • 男性の場合、本命だから、気を引きたいからなど、主に5つの理由と心理からハートを使うことがある
  • 女性の場合、異性として意識してもらいたいから、文章の見た目を華やかにしたいからなど、主に6つの理由と心理からハートを使うことがある
  • 眠っている顔の絵文字や、汗の絵文字など、日本と海外で解釈が違うものがあるため注意が必要
  • 絵文字は日本の携帯文化から生まれたため、国内でしか正しい意味が通じないものもある

海外ではハートの色によって意味が違うことがわかりましたね。

これであなたも、海外の友だちとコミュニケーションが取りやすくなったのではないでしょうか?

海外の友だち以外にも、家族やお世話になっている人、恋人などに使うハートの色を気にすると、よりあなたの感情を表現しやすくなりますよ。

この機会に、ぜひあなたの気持ちに合う色のハートを使ってみてくださいね。

広告

コメント

タイトルとURLをコピーしました