フェスの服装でダサいのは嫌!初心者女子でも安心して楽しむコツ♪

お役立ち情報
広告

友達や恋人に誘われて初めてフェスに行く時に、ダサいと思われる服装や場違いな服装はしたくないですよね?

あなたがどのようにフェスを楽しむかによってフェスでの服装も変わってきます!

私はフェスが好きで、多い時には毎月野外フェスに行き、前の方でもみくちゃになりながら、動き回って楽しむのが好きでした!

そんな私がおすすめするダサいと思われない、フェスに適した服装は汚れてもいい服、動きやすい服、機能的な服です!

実際にどんな服がダサいと思われず場に適した服装か、雨や寒い時のおすすめの服装もお伝えしていきます!

この記事を読めば、フェス初心者のあなたも安心してフェスに行くことができるでしょう!

広告

フェスの服装でダサいと思われたくない!適した服とは

誘ってもらったフェスでダサいと思われる服装はしたくないけど、どんな服装で行ったらいいのだろう。

初めてのフェスはわからないことだらけですよね?

しかし実際にフェスに行って、「この人ダサいな~」と思うことは正直ありません!

どんな服装をしても、自分が楽しむことができればそれで問題ないのです!

ただ、ダサいなと思わなくても、場違いだなと思うことは何度かありました。

場違いな服装をすることがダサいと思われることにもつながる可能性もあります。

そのため、フェスでの適した服装を知ることでダサいと思われず、他人からの目を気にすることなく、フェスを心から楽しめます!

フェスに適した服装とは、汚れてもいい服、動きやすい服、機能的な服です。では、一つ一つ理由を詳しくみていきましょう!

フェスでは汚れるのは当たり前!野外では特に汚れる

あなたはフェスに対してどんなイメージがありますか?

フェスに行った人のSNSや、テレビを見ているとキラキラしたイメージがありますよね。確かに楽しさのあまりキラキラしています!

しかし、服装をクローズアップしてみると少なからずみんな汚れているはずです。

どうして汚れるのか、私の実体験を基に説明していきますね!

まず、野外フェスだと地面が土です。そして、もみくちゃになりながら楽しんだり、踊ったりすると砂埃が立ちます。また、雨が降っているとドロドロになります。

そのため、靴は汚れ、裾の長いスカートやズボンの裾は汚れてしまいます。

また、地面に座ることもあります。レジャーシートを使うと汚れないのですが、アーティストの待ち時間に座って待つ時にはレジャーシートはありません。

そのため、お尻が砂や泥で汚れてしまいます。

最後に、ご飯は屋台が多いです。食べ物や飲み物を運んでいる途中うっかりこぼしてしまうこともあります。

そのため、服が食べ物や飲み物で汚れてしまいます。

このように、楽しい反面こんなことがフェスでは起こります。そのため、汚れてもいい服装でフェスに行きましょう!

お気に入りで絶対汚したくない服はお家でお留守番してもらいましょう。

フェスでのカロリー消費量は7時間泳ぐのと同じ!?

フェス中では踊ったり、ジャンプをしたり、手をあげていたり、頭を振ったり、次のアーティストのために急いで次の会場に向かったりととにかく運動量が多いのです!

そのため、動きやすい服装は楽しむうえでとても大切です!

フランスのテクノロジー企業Withingsが、音楽フェスでのカロリー消費について調査しました。

その結果によると、3日間のフェスでは、9000カロリー以上を消費しているとのことです!

3日で9000カロリーだとすると、1日だと約3000カロリー消費していることになります。

例えば、一時間泳ぐとどれくらいの消費カロリーになるでしょうか。約430kcalといわれています。

このことから、水泳で3000kcalを消費するとしたら約7時間泳がなくてはなりません。

個人差はありますが、一日フェスで楽しんだ時の運動量は約7時間泳いだ量と同じになるということです!

フェスの運動量が多いことがわかりますね!そのため動きやすい服装は必須です!

炎天下で運動量が多いと汗がたくさんでる!

野外フェスだと、ライブ中も待ち時間も炎天下にいることになります。

また、ライブ中はたくさん動くことでたくさん汗もかき、もみくちゃになることによってさらに自分の汗か、他の人の汗かわからないくらい汗をかきます。

そんなとき、汗を吸収し、速乾性のあるものを着ていれば次のアーティストまでの待ち時間に身体が冷える心配もなく、不快な思いもすることがなくなります!

汗を吸収してくれる機能的な服を着ていきましょう!

広告

フェスでの服装で悩む女子へ♪私のおすすめを紹介

実際汚れてもよくて、動きやすくて、機能的な服装ってどんな服装?

フェスでの服装で悩むあなたへ実際にどんな服装がおすすめなのか紹介していきます!

私のおすすめの服装はバンドTシャツ、スポーツインナー、ハーフパンツ、レギンス、スニーカー、ボディバック、帽子です。

一つ一つなぜおすすめなのか説明していきますね!また、女子ならではの髪型についても紹介させていただきます!

ファンであることをアピールできるバンドTシャツ

実際にフェスに行くとバンドTシャツやオフィシャルTシャツを着ている人がたくさんいます。

バンドTシャツやオフィシャルTシャツは動きやすく、汚れても洗えば落ちるものばかりです。

汚れもそれだけ着ていた、ファン歴が長いという証にもなりますね!

同じバンドのTシャツを着ていると親近感もわき、仲良くなることもあります!

また、昔のバンドTシャツであれば、ファン歴の長さをアピールすることもできます!

このように、バンドTシャツやオフィシャルTシャツは動きやすいだけではなく、コミュニケーションのネタにもなるというわけです!

バンドTシャツやオフィシャルTシャツはどこで買えるの?

いつも洋服を買っているお店にはバンドTシャツやオフィシャルTシャツが売られているところを見たことないですよね。どこで買えるか紹介していきます!

バンドTシャツはライブ会場、バンドの公式通販、メルカリ、古着屋などで購入可能です!

オフィシャルTシャツは、当日購入と事前予約購入があり、事前予約購入では事前に受け取る方法と当日会場で受け取る方法があります。

バンドTシャツも、オフィシャルTシャツも当日購入の際には、ライブ前に購入する人が多くいます。そのため、待ち時間が長いことが予測されます。

私自身、フェス当日にバンドTシャツを買おうと行列に並んでいて、待ち時間が長くアーティストの出演時間に間に合わなかったこともありました。

当日購入をする際には、時間に余裕をもっていきましょう。

汗を素早く吸収し素早く乾かす長袖インナー

私は以前、バンドTシャツだけで参加していたことがあります。

そのため、日焼けはするし、虫には刺されるし、また、擦り傷もできてしまいました。

また、汗がなかなか乾かずにアーティストの待ち時間に汗冷えをして寒くなった経験もあります。

ですが、Tシャツの下にインナーを着ることで、快適にフェスを楽しむことができるようになりました!

インナーを着ることのメリットを紹介させていただきます!

インナーを着ることのメリット
  • 汗の不快感がなくなる
  • 汗冷えを防ぐことができる
  • 日焼けを防ぐことができる
  • 怪我を防ぐことができる
  • 虫に刺されることを防ぐことができる

汗が乾かなくてベトベトしたり、寒くなってきたり、日常生活でも汗に対して不快に思うことはありませんか?

フェスでは日常生活以上に汗をかくので、不快レベルも同様に高まります。

また、長袖を着ることで、日焼けや虫刺され、けがを防ぐこともできます。

そのため、吸汗速乾の機能がある長袖のインナーがおすすめなのです!

そこで今回二つの長袖のインナーを紹介しますね。

まず初めに私がおすすめする長袖インナーはコンプレッションインナーです!

コンプレッションインナーとは着用すると体に圧がかかり様々な効果を発揮してくれるインナーのことで、スポーツ選手も着用しています。

速乾性に優れており、体の動きをサポートし、商品によっては怪我防止や、テーピング効果があるものもあります。また、血流もよくなり疲労軽減の効果もあります。

そのため、運動量の多いフェスには最適ということです!

ですが、窮屈、苦しいと感じる場合もあります。

そんなあなたにおすすめなのがユニクロのエアリズムです!

エアリズムには速乾性や吸湿放湿機能があるため、特に汗ばむ時期や湿度が高い時期に、より効果を発揮します!

また、ユニクロではエアリズムを着用してフェスに参加した後のアンケート調査をしていました。

その結果、8割以上の人が「肌がサラサラして着心地がよかった」と回答したとのことです。

もみくちゃになり激しく動き回りながらフェスを楽しみたい人にはコンプレッションインナーを、ゆっくりフェスを楽しみたい人にはエアリズムをおすすめします。

Tシャツの下に長袖インナーを着用し、快適にフェスを楽しみましょう!

動きやすいハーフパンツとレギンス

フェス中は踊ったり、動き回ったり、走ったりするのでスムーズに足を動かすことができるハーフパンツがおすすめです。

ハーフパンツ・ショートパンツどちらも速乾性、撥水性があると尚便利です。

なぜレギンスを履く必要があるの?

レギンスを履くことで、日焼け・けがの防止ができます。

また、速乾性や防臭効果、サポート機能があるものもあります

汗をかくと嫌な臭いが出てしまいます。そのため、防臭効果があるものだと嬉しいですね!

また、私はレギンスを履かずに素足でハーフパンツを履いていた時がありました。

ハーフパンツのみの時には切り傷ができたり、泥で汚れたりすることがありました。

ですが、レギンスを履いていればレギンスが自分の身を守ってくれます!

また、レギンスで個性を出すのもいいですね。シンプルなハーフパンツにカラフルなレギンスを履いている方も多くいます!

おしゃれ女子のあなたにはぜひおしゃれなレギンスを履いて周りと差をつけることをおすすめします!

次におすすめできないズボン・スカートについてお話していきます。

基本的にどんな服装でも楽しむことができれば問題はないです!

ですが、私が思う「大変そうだな」と思うおすすめできないズボン・スカートはデニムと裾の長いスカートです。

フェス中は運動量も多く、汗もかきます。また、雨が降ることもあります。

そんな時にデニムを履いていると、雨でズボンが重くなったり、汗を吸うと動きづらくなったりします。また、一度濡れるとなかなか乾きません。

そのため、フェスにデニムで行くことはあまりおすすめしません。

次に裾の長いスカートは、トイレで地面にスカートがついてしまったり、雨が降った時に泥だらけになったりします。

また、人が密集していると他の人に踏まれる恐れもあり、けがの原因となってしまうこともあります。

そのため、フェスに裾の長いスカートで行くことはあまりおすすめしません。

動きやすいハーフパンツとおしゃれなレギンスを履いてフェスを楽しみましょう!

履き慣れていて脱げる心配のないスニーカー

私がフェスでおすすめする靴は、履き慣れていて脱げる心配のないスニーカーです!

その理由を二つに分けて説明していきますね!

普段から履いている歩きやすい靴

フェスの会場は広いことが多く、ステージからステージの移動や、駐車場やバス乗り場までの移動等、とにかく歩きます。

一日10km歩くといっても過言ではありません。そのため、歩きやすい靴で行きましょう!

また、新品の靴を初めてフェスで履くと靴擦れをしてしまい、思いっきり楽しめなくなってしまう可能性があります。

思いっきり楽しむためにも普段から履き慣れている歩きやすい靴を履くことをおすすめします!

脱げる心配のないスニーカー

また、ライブ中は前に行けば行くほど、人が密集しており、もみくちゃになります。足を踏まれることもあります。

そのため、脱げる心配のないスニーカーを履くことをおすすめします。

私は、一度クロックスやサイズの合わないスリッポンを履いてフェスに行ったこともありました。

もみくちゃになり、すぐに脱げてしまいライブ中に素足ということもありました。

また、脱げないように気を付けていると、ライブに集中することができなくなってしまいます。

靴紐があると靴紐がほどけたらどうしようという心配もありますが、きつく結んでおけば問題ありません!

靴紐をしっかり結んで、脱げる心配のないスニーカーを履きましょう!

また、サンダルなど足先が出る靴、ヒールはおすすめできません。

なぜなら、踏まれてけがをするリスクが高いからです。

また、ヒールは転びやすく、人にけがをさせてしまう恐れもあるので、ライブ中に履くことはおすすめできません。

履き慣れた歩きやすいスニーカーを履いて、フェスを楽しみましょう!

小さいボディバッグは邪魔にならず盗難防止に!?

ライブ中は人と人の隙間がなくなるくらい密着します。そんな時に大きい鞄は邪魔になってしまいます。

小さいボディバッグであれば場所をとらず、荷物を胸の前に持ってくることもできるので邪魔になりにくいです。

また、人混みで自分の前面に荷物があると盗難防止にもなります。

そして、次のアーティストまでの待ち時間に水分補給をするためにペットボトルを買うと思います。

私は、ペットボトルを買い、途中まで飲んで、飲みかけのペットボトルを手で持っていたり、ポケットに入れていたりすると、ライブ中に紛失することがよくありました。

そのため、ペットボトルも入るボディバックをおすすめします!また、ペットボトルホルダーの使用もいいですね!

ちなみに、私はホールドチューブを使用していました!

ホールドチューブとはタスキのような見た目のボディバックです。

伸縮する生地を使っているので見た目とは違い、収納力が抜群で、携帯・小銭入れ・ペットボトルが入る優れものです。

また、走ってもジャンプをしても身体にフィットするので、バックが揺れて邪魔になることはありません!

そのため、思い切りはしゃいで動き回りたい人には特にホールドチューブをおすすめします!

でも、小さいボディバッグだけでは、荷物が入りきらないな。

携帯や財布の他にも、タオルや着替え、アウター等フェスに持っていくものはありますよね?

フェスに行くときの荷物は会場内で使う小さいバックと、着替えなどを入れた大きいリュックなど二つに分けましょう。

そして、大きい荷物はクロークやコインロッカーを使い、身軽にフェスを楽しみましょう。

事前にクロークやコインロッカーの有無や場所を確認しておくといいですね!

コンパクトなボディバッグを使い、身軽にフェスを楽しみましょう!

熱中症にならないための帽子とおすすめの髪型♪

野外フェスでは熱中症のリスクがあります。楽しいフェス中に熱中症になるのは極力避けたいですよね?

こまめに水分補給することに加え、帽子もあると、熱中症対策につながります。

そのため、野外フェスでは必ず帽子は持っていきましょう!

ライブ中人が密集しているときに帽子は邪魔にならないの?

人が密集していて、もみくちゃになると確かに帽子が邪魔になってしまったり、脱げてしまったりすることもあります。

そのため、ライブ中だけ脱げやすい帽子は脱ぎ、また、脱げてしまわないように紐の付いた帽子の着用したりすることをおすすめします!

フェスでは、サファリハットをかぶっている人が多いです!

また、ライブ中に高いポニーテールや長い髪をおろしたままにすると後ろの人が不快に感じてしまうこともあります。

人の髪の毛が自分の体につくことは誰でも嫌ですよね?

そのため、サイドテールでの三つ編みや編み込み、低い位置で結ぶことをおすすめします。

また、ピン等けがをさせてしまう恐れのあるものは使わないようにしましょう。

ですが、ライブ以外や、ライブ中でも人が密集しているところに行かなければどんな髪型をしても問題ありません!

髪型で楽しめるのは女子の特権です!お気に入りの髪型でフェスを楽しみましょう!

フェスでの服装は雨予報がでたらカッパは必須!

フェスは強い雨風ではない限り決行します。そのため、通常通りの服装と雨の対策が大切となってきます。

基本的にフェスでの傘の使用は禁止されています。なぜなら人が多いため、傘をさしていると周りの人にぶつかりケガをする恐れがあるからです。

そのため、フェスでは鞄ごと隠れられるポンチョや、トイレ等着脱することが多いため、上下にわかれるレインスーツ、長靴が必要になります。

雨予報のときに予備として長靴を持っていくと荷物が多くなっちゃうな。

雨が降るかもしれないという予報のときにスニーカーを履いて、さらに長靴を持っていくのは荷物も増え大変ですよね。

そんな時におすすめなのがレインシューズカバーです。レインシューズカバーには使い捨てのものや繰り返し使えるものがあります。

かさばらずに鞄に入れることができるので、もしものために入れておくことをおすすめします!

以上のことから、雨のときの服装は、通常通りの服装とカッパと長靴で問題ありません。ですが、カッパを着てても濡れることが予測されます。

そのため、着替えを多めに持っていきましょう!

これで雨でも心配なくフェスに参加できますね!

フェスの服装で冬は何を着る?寒い時はアウターで調整

冬などの寒い時期でもフェスは開催されます。寒い時の服装として思いつく中にヒートテックがあると思います。

ですが、私はフェスでの服装としてヒートテックはおすすめしません。

なぜならヒートテックは保温性はあるものの、汗の吸収性や速乾性の機能がないからです。汗が残ったまま、冷えて、余計寒い思いをしてします。

私は以前こんな経験がありました。冬に登山をした時のことです。

インナーにヒートテックを着て、山を登りはじめ、汗をたくさんかきました。

そして、山頂でごはんを食べていると、どんどん寒くなってきたのです。

登っている最中にかいた汗はそのままヒートテック内に溜まり、その汗も冷えていきました。

私の体温はどんどん下がっていき、寒さでどうしようもなくなってしまいました。

そして、下山し、着替え、ヒートテックを脱ぐと、信じられないくらい汗が溜まっていました。絞れるくらいです!

この経験から私は体を動かすときにはヒートテックは着ないと誓いました。

そのため運動量の多いフェスの服装は、冬などの寒い時期でもインナーは吸汗速乾の機能があるものを着て、パーカーやジャケットなどアウターで体温調節をしていきましょう!

また、寒い時のフェスにはカイロを持っていくのもおすすめです!

カイロがあれば体の芯から指先、足先までぽかぽかになります!何個か鞄に忍ばせておくと安心ですね。

フェスでの服装は冬などの寒い時期でも、吸汗速乾性のインナーを着て、体温調節はアウターとカイロで行いましょう!

まとめ

  • フェスでダサい服装はないが、場違いな服装はある
  • フェスに適した服装とは、汚れてもいい服、動きやすい服、機能的な服
  • ダサいと思われないおすすめの服装はバンドTシャツ、スポーツインナー、ハーフパンツ、レギンス、スニーカー、ボディバック、帽子
  • バンドTシャツはライブ会場、バンドの公式通販、メルカリ、古着屋などで購入可能
  • オフィシャルTシャツは、当日購入と事前予約購入があり、事前予約購入では事前に受け取る方法と当日会場で受け取る方法がある
  • おすすめの長袖インナーはコンプレッションインナーとユニクロのエアリズム
  • 雨の日はカッパ、長靴、レインシューズカバーを準備
  • 冬などの寒い時期は、アウターとカイロで体温調節

初めてのフェスで「ダサいと思われないかな」と周りの目を気にすることもあると思います!

ですが、楽しむ気持ちがあればそれで充分です!自分が楽しめればそれでいいのです!

怪我に気を付けて、フェスを楽しんできてください!

広告

コメント

タイトルとURLをコピーしました