アマギフの買い方は金額やデザインが選べるネット購入で決まり!

お役立ち情報
広告

「あの人喜んでくれるかな」と考えながら贈り物を選ぶのは、送る側の楽しみでもありますよね。

もし何を贈るか迷ったらアマギフを贈ってみてはどうですか?

アマギフってなにかしら?

アマギフは「Amazonギフト券」の略で、Amazon.co.jpが販売するギフト券です。

お相手はAmazon.co.jpで欲しいものを買うことができるので、カタログギフトのような使い方ができますよ。

ネットなら買い方も簡単で、種類やデザイン、金額まで自由に決めることができるんです。

ネットでの買い方さえマスターすれば、住所を知らないなど贈り物を渡す手段が限られているお相手にも気軽に贈ることができますよ。

この記事では、アマギフの買い方や、ネットで選べるおすすめの種類についてご紹介していきます。

広告

アマギフの買い方は金額や種類を選べるネットがいい

商品券やカタログギフトなど、ギフト券はお相手が好きな商品を選べるため、贈答品として人気があり種類も豊富にありますよね。

その中でも人気なのがアマギフ(Amazonギフト券)です。

アマギフは、Amazon.co.jpで販売する一部の商品、提供する一部のサービスを除き、ほとんどの商品で支払い方法に利用することができるギフト券です。

ネットなら好きなときに好きな場所から購入でき、お相手に送ることができます。金額やデザインだって好きに選べます。

アマギフの買い方はコンビニなど店舗に売っているものを買う、ネットで買うのどちらかです。

アマギフは取り扱い加盟店であれば店舗購入も可能です。コンビニ等で様々なプリペイドカードが並んでいるのを見たことがありませんか?その中にアマギフも並んでいます。

安く売っているところもあったよ。そういうところで買ってもいいでしょ?

金券ショップやフリマサイトなどで額面より安く取引されていたりもしますが、ギフト券が無効で使えなかったり詐欺に関わったりする可能性があります。

Amazon.co.jpでも未承認の販売者やサイトからの購入はしないよう注意事項に書かれていますので、必ず正規の買い方でお相手に送りましょう。

話を戻しますが、コンビニ等でアマギフを買う場合「今から会う友達のプレゼントを買わなきゃ!」といった緊急のときには便利です。

しかし、選ぶほど種類はなく店舗によっても取り扱いが異なります。

それに会う予定がキャンセルになってしまったら、次に会うまで渡すことができないですよね。

プレゼントは送りたい時にお相手に渡すのが一番です。ぜひネットから購入し、お相手にプレゼントしましょう。

送る側も受け取る側もAmazonの会員登録が必要ですが、何かを購入するまで料金は一切かかりません。

アマギフはAmazonペイ加盟店であれば、Amazon以外のネットショッピングでも支払い方法として使うことができます。

また、アマギフの有効期限は発行(購入日またはAmazonが発送)してから10年です。

すぐに欲しいものがなくても、別の機会に使うことができる点も嬉しいですね。

アマギフの買い方は、ギフト券のタイプが違ってもすべて同じです。

<アマギフの買い方>

1.送りたいアマギフのタイプを選ぶ
2.送る金額とデザインを決める
3.決済する(配送なら送り先を指定して決済する)

どうでしょう。とても簡単じゃないですか?パソコンでもスマホでも買い方は同じです。

アマギフは、デジタルタイプが2種、配送タイプが5種あります。

ギフト券は非課税商品になりますので、記載の金額に消費税がかかることはありません。

デジタルタイプならいつでもすぐに送ることができる

デジタルタイプのアマギフは「Eメールタイプ」と「印刷タイプ」の2種類です。

どちらも15円~20万円まで、1円単位で購入金額を指定することができ、支払い方法はクレジットカード、またはデビットカードのみです。

デジタル商品だけあり、お相手のメールアドレスかテキストメッセージに届くので、購入から最短5分でお相手に届くのが特徴です。

どちらも選べるデザインが多く、オリジナルメッセージを添えることができるのが嬉しいですね。

印刷タイプは、PDFファイルを自分で印刷する必要がありますのでプリンターが必要です。

配送タイプは手元に届きフォーマルにも使える

配送タイプには「封筒タイプ」「ボックスタイプ」「グリーティングカードタイプ」「商品券タイプ」「カタログ型ギフト券」の5種類があります。

手元に商品が届くのでギフト感があり、冠婚葬祭の内祝いやお返し、目上の方へのギフトなど、フォーマルな場面で使えるも嬉しいですね。

イベントの景品や参加賞など、カジュアルな場面でも喜ばれるギフト券です。

アマギフの配送料はすべて無料なのうれしいポイントです。

購入できる最低金額はタイプによって異なり、支払い方法はクレジットカード、デビットカードまたは代引きが選べます。

口コミを見ていると配送は手渡しではなく、ポストに投函されるという書き込みが多数ありました。

金券なのでポストに投函されることに抵抗がある場合は、代引で自分宛てに配送してもらい、改めてお相手に送るといいかもしれませんね。

ご自身でお相手に送る際は郵便局の一般書留や簡易書留を利用しましょう。紛失したり届かなかったりした場合、実損額を保障してくれます。簡易書留は上限5万円までの保障です。

購入金額が記載されていないアマギフもありますので、アマギフを知らない方には何が届いたのかわからない可能性があります。

お礼の連絡を頂くこともあると思いますが、送ったあとは届いたかを確認し、会員アカウントへ早めに登録してもらうといいかもしれませんね。

<封筒タイプ>

封筒タイプは手のひらに乗るサイズの封筒に入っています。

封筒タイプは3,000円~5万円、ミニタイプは1,000円~5万円まで1円単位で金額を指定できます。

封筒のデザインによってカジュアルにもフォーマルにも利用できるタイプになっています。

<ボックスタイプ>

ボックスタイプは10㎝前後の箱や缶にギフト券が入っている、とても可愛らしい商品です。

5,000円~5万円まで1円単位で金額を指定できます。

口コミにも金券には見えないので渡しやすい、可愛いので喜んでもらえた、など高評価が多くありました。

一部のデザインはコンビニ等店舗でも購入できます。

<グリーティングカードタイプ>

グリーティングカードにアマギフがついているタイプで、メッセージや寄せ書きを添えつつお相手に送ることができます。

1,000円~5万円まで1円単位で金額を指定することができます。

なお、グリーティングカードタイプは10枚組のマルチパックがあり、500円、1,000円、2,000円、3,000円、5,000円のギフト券がついたものも販売されています。

<商品券タイプ>

百貨店やカード会社が発行する紙製のギフト券と同じで、見た目も金券なのでわかりやすいですね。

500円~5万円まで1円単位で金額を設定することができます。自分で金額を設定したときは、券面に金額表示がないタイプが届きます。

こちらもマルチパックがあり、1,000円のギフト券が10枚セットになったものが販売されています。

商品券タイプはコンビニ等店舗でも購入できます。

僕は忘年会のビンゴゲームの景品として商品券タイプを用意したよ。好評ですごく盛り上がったよ!

<カタログ型ギフト券>

カタログ型ギフト券は、アマギフの中でも新しい商品です。箱に入っていて、蝶結びの熨斗がついています。

カタログといっても掲載されている商品しか買えないわけでなく、他のギフト券と同じでAmazon.co.jpで販売していれば好きなものを買うことができます。

5,000円~5万円まで1円単位で金額を設定することができます。

新しい商品ということもあり口コミや評価が少ないため贈るのは迷ってしまいそうですが、きっちりとした場面では重宝されそうです。

LINEギフトでもアマギフを送ることができる

LINEアプリのみで繋がっている友達に送りたいときは、LINEギフトからもアマギフを送ることができます。

ギフト券の額面とは別に手数料が加算されています。ネットより少し割高にはなりますが、ちょっした感謝の気持ちに送ってみてはどうしょうか?

LINEギフトではギフト券の金額は5つのみです。()内は手数料を含めた支払い金額です。

・500円(550円)
・1,000円(1,100円)
・3,000円(3,300円)
・5,000円(5,500円)
・10,000円(11,000円)

指定金額以外を送りたいなら、ネットで購入してギフト券番号だけLINEで伝える方法もあります。その場合はEメールタイプで買ってくださいね。

広告

アマギフを気軽に送るなら買い方は断然Eメールタイプ

Eメールタイプは気軽に送ることができるため、アマギフの中でもベストセラー商品となっています。

Eメールタイプの最大の特徴は自分で撮影した画像や30秒以内の動画が利用でき、オリジナル溢れるギフト券にすることができる点です。


Amazonギフト券 Eメールタイプ – Amazonベーシック

また、住所を知らないけれど何か送りたい、といった場合にも最適な買い方になります。

ギフト用だけではなく、送り先を自分にすれば、自分用として使うことができますよ。

メールアドレスを間違えて相手に届かなかったらどうしましょう?

確かにメールアドレスが間違っていたら、お相手に届かないしお金も無駄になるし不安ですよね。

お相手がメールを受け取って、ギフト券を会員アカウントに登録したら「登録しました」というメールが購入者に届くので、送ったほうも安心です。

メールアドレスが間違っていてお相手に届かないときは、Amazonから数日で確認のメールが届きます。

万が一のためにも、送った後はお相手に届いているか確認しましょう。

Eメールタイプはほかにもメリットがあります。

<Eメールタイプのメリット>

・メールアドレスかテキストメッセージを選ぶことができる
・用途によって豊富なデザインが用意されている
・250文字以内のメッセージを添えることができる(テキストメッセージなら23文字)
・1年先まで送信予約ができる

Eメールタイプで設定できる最低金額はなんと15円。上限20万円まで1円単位で設定できます。

15円って何に使うの?と私も思ったのですが、「全額アマギフで支払いたいけどあと少し足りない…!」など、そういった時に自分用として買う方が多いようです。

Eメールタイプは、贈った金額がメール内に表示されています。

お相手にどのように届くのかプレビューで見ることができるのもいいですね。

万人に使えるシンプルなデザインから、用途別に様々なデザインまで用意されているので選ぶほうも楽しいですよ。

ただ、メールで送るということもあり、フォーマルな贈り物としての買い方にはあまり向いていません。

住所は知らないけれど送りたいお相手がいるときは、メッセージに一言添えると丁寧になります。

Eメールタイプの買い方

Eメールタイプの買い方を入力画面を見ながらご説明しますね。パソコンで見た画面になりますが、スマホでも手順は同じです。

1.好きなデザインを選ぶ

表示されているデザインの「他を見る」をクリックすると、デザイン形式と用途で絞り込むことができます。

デザインを決めたら、ダブルクリックで決定します。

左側に選んだデザインが反映されますよ。

このプレビュー画面で確認できる状態で、お相手のメールアドレスに届きます。

2.金額やメッセージなど、お相手に送る詳細を入力する

<金額>

金額は表示されている中から選ぶこともできます。

その他の金額を送りたいときは「金額を入力」という欄に送る金額を入力しましょう。スマホでは「変更」と表示されます。

<配送/受取人・宛先>

メールで送る場合:「配送」からEメールを選んで「受取人」にお相手のメールアドレスを入力します。

ギフト券番号だけお相手に送りたいときは、自分のメールアドレスを入力します。

携帯電話会社のキャリアメールアドレスを入力する場合、お相手が受信設定をしているとメールが届かない可能性がありますので注意が必要です。

テキストメッセージで送る場合:「配送」からテキストメッセージを選んで「宛先」にお相手の携帯電話番号を入力します。

固定電話の電話番号には送ることが出来ないので間違わないようにしましょう。

携帯電話番号は数字を1つ間違うだけで、全く知らない人に届いてアマギフを使われてしまいます。番号が間違っていないかはよく確認してくださいね。

<送り主>

あなたのお名前を入力します。フルネーム、ニックネーム、●●一同などお相手に伝わる名前を入力するといいですね。

<メッセージ>

お相手に伝えたいメッセージを入力します。

Eメールは250文字以内、テキストメッセージは送り主の名前と合わせて23文字以内です。

<数量>Eメールのみ

お相手に同じものを複数送りたいときは数量を変更します。

<送信日>Eメールのみ

1年先まで予約可能なので、記念日など特定の日に送りたい時は設定しましょう。

3.決済をして購入する

決済方法はクレジットカード、またはデビットカードです。どちらかを手元に用意して購入を完了しましょう。

思っていたより簡単みたいね。私も孫に送ってみようかしら。

こちらは実際に1000円分買ってみて届いたメールです。

メールのタイトルは「●●(購入時に設定した送り主)さんからAmazonギフト券が届きました!」です。

金額の下にある黄色い枠をクリックするとAmazon.co.jpに繋がり、会員アカウントに登録することが出来ます。

ギフト券番号だけ送りたい方は、下の枠の中に番号が書かれていますので、コピーして使ってください。

メールを開いて、お子さんの成長写真や家族写真、旅行の時の思い出の写真、ビデオメッセージ風の動画などが見られたら、すごく嬉しいと思いました。

デジタルギフトならではの良さを活かして気軽に送りたくなりますね。

Eメールタイプは自分で使うこともできますが、自分で使うなら会員アカウントに直接登録されるチャージタイプがおすすめです。

アマギフの買い方はクレジットカード以外も選べる

アマギフを自分のアカウントに登録して使いたい時の買い方は、チャージタイプにしましょう。

チャージタイプもEメールタイプと同じく、ベストセラー商品になっています。

チャージタイプは決済方法にクレジットカードの他、コンビニ払い、ATM、ネットバンキング、電子マネー払いから選ぶことができるのが特徴です。


Amazonギフト券 チャージタイプ(直接アカウントに残高追加)

チャージタイプはそのほかにも以下のようなメリットがあります。

<チャージタイプのメリット>

・会員アカウントに直接チャージされるので、ギフト券番号を登録する手間が省ける
・オートチャージ設定ができる
・コンビニ、ATM、ネットバンキングで5,000円以上チャージするとポイント還元がある

チャージタイプのアマギフは買い方がとてもシンプルです。

金額を決めて、「今すぐ購入」をクリックし、決済する。

たった3ステップで、最短5分で購入した金額分のアマギフが反映されるので、すぐに使うことができます。

自分でアマギフを使うときの注意点として、アマギフでアマギフを買うことができない点、一部の有料サービスの支払いに使うことはできない点があります。

海外のAmazonサイトでも使うことはできません。

わざわざアマギフを自分用にしなくても、商品の買い方はいろいろあるでしょ?

私はAmazon Primeの会員で、映画や音楽など色々な場面でAmazonをよく利用しています。

少し前まで映画館で上映されていた作品が新作レンタルになることもありレンタルするのですが、レンタル料数百円をクレジットカードで支払うのが嫌なんですよね。

そういうときにアマギフがあると気兼ねなく映画を楽しむことができて、チャージしておいてよかったなと思います。

また、Amazon.co.jpでは商品を買うとAmazonポイントが貯まる仕組みです。

アマギフの中でチャージタイプのみポイント還元のギフト券になっています。

クレジットカードは、ポイント還元キャンペーンを行っているときに使うといいですね。

アマギフを買って還元されたポイントを、商品の購入に使うことができてお得感があるので、アマギフをチャージしてポイントを貯めることもあります。

まとめ

  • アマギフは「Amazonギフト券」の略で、Amazon.co.jpで販売されているギフト券
  • ネットでアマギフを買えば、種類やデザイン、金額など買い方を自由に選べる
  • アマギフの有効期限は、購入またはAmazonが発送してから10年
  • デジタルタイプは2種類あり、購入から最短5分でお相手に届くネットならではの商品
  • 配送タイプは5種類あり、手元に届くのでフォーマルな場面にも使え、配送料も無料
  • LINEギフトでもアマギフを贈ることができる
  • 身近な方に気軽に送る買い方はEメールタイプ
  • Eメールタイプは、オリジナル画像や30秒以内の動画が使えて1年先まで送信予約ができる
  • アマギフを自分で使うときの買い方はチャージタイプ
  • チャージタイプは直接会員アカウントに登録されるので、ギフト券番号の登録が不要

アマギフは、Amazon.co.jpの中にあるほとんどの商品が選べる最大級のカタログギフトです。

ネットでの買い方さえ覚えてしまえば、用途別にアマギフを購入して送ることができますね。

贈る相手やシチュエーションによって、時間をかけて選んだ物とアマギフを使い分ければ、あなたはもう贈り物の達人です!

あなたが贈り物に迷った時にこの記事を思い出してくれたら嬉しいです。

広告

コメント

タイトルとURLをコピーしました