カーテンのふさかけは100均やニトリで購入可!取り付けの位置を伝授!

お役立ち情報
広告

カーテンのタッセルをかけておくふさかけは、100均で買うことができます。

はがせるタイプからおしゃれなものまで種類豊富においていますから、安心してくださいね。

さらにカーテンのふさかけは100均だけでなく、ニトリでも購入できますよ♪

もっと言うなら、ふさかけがいらないタッセルのみの商品も買うことができます。

あなたの家にふさかけが付いていないなら、この記事で取り付け位置まで覚えてしまいましょう!

この記事でお伝えしたいこと
  • 100均にあるはがせるふさかけとおしゃれなタッセル
  • ニトリのワンランク上のふさかけとタッセル
  • ふさかけの適切な取り付け位置と我が家の実例

ふさかけを正しい位置に取り付けて、おしゃれなカーテンとタッセルをかければ、あなたのお部屋はさらにすてきな空間へ変わるはずでしょう。

広告

カーテンのふさかけは100均にははがせるタイプが多い

カーテンのふさかけは、ホームセンターに行かなきゃないと思ってた!

そんなことはありません。カーテンのふさかけは、100均にもさまざまな種類のものがおいてあるんです。

ちなみに100均では、ふさかけがいらないタッセルも売られているんですよ。

ふさかけの種類
  • ネジで取り付ける金具タイプのふさかけ
  • はがせる粘着シートタイプのふさかけ
  • ふさかけがいらないタッセルのみのタイプ

今回私は100均の中でもダイソーとセリアで、カーテンのふさかけやタッセルの調査をしてきました。

ダイソーのふさかけはシンプルイズベスト!

まずはダイソーで売られていた2つのふさかけを紹介します。

□はがせるテープふさかけフック

こちらの商品は私が行ったダイソーで店員さん曰く、一番よく売れているふさかけだそうです。

はがせるテープふさかけフック
サイズ(縦×横×厚み) 6.5㎝×2.7㎝×3.9㎝
耐荷量 500g

商品特徴

・特殊な粘着力のあるテサテープを使用している
・かけるところが太めなので、タッセルが落ちてくる心配がない
・粘着タイプで簡単にはがせるので、テープ跡を残したくない賃貸アパートなどにおすすめ
・耐荷量が500gと少ないので、ふさかけ以外のものはかけるとはがれてしまう可能性あり

取付可能場所

・凸凹のないなめらかな面
・粘着面よりおおきいタイル
・ステンレス冷蔵庫、洗濯機

取付できないところ

・凸凹ざらざら、表面がはがれやすいところ
・木壁、布壁、壁紙

□ふさかけフック

こちらの商品は全体的にすっきりしたデザインでした。細身ながらも、かけるフック部分に深さがあるのでタッセルが落ちてくる心配はなさそうです。

ふさかけフック
サイズ(縦×横×厚み) 7.5㎝×2㎝×2.5㎝
耐荷量 1㎏

商品特徴

・ダイソーの商品のなかで最もスタンダードなタイプ
・かけるところが細くシンプルなため、どんなカーテンにも合う
・耐荷量が1㎏あるので、ふさかけ以外のものでもかけることができる

取付可能場所

・凸凹がなく、なめらかな面
・板壁、タイル、ガラス

取付できないところ

・凸凹があるところ

セリアのふさかけはちょっと高級感あり♪

□アンティークふさかけフック

セリアでは、ダイソーとは一味ちがったふさかけが売られていました。

こんなおしゃれなふさかけが税込み110円で買えるなんてとってもお得です。

アンティークふさかけフック
サイズ(縦×横×厚み) 7.6㎝×2㎝×2.1㎝
耐荷量 1㎏
商品特徴

・粘着テープタイプ
・デザインがおしゃれなので、カーテンをまとめた時に華やかにみえる
・耐荷量が1㎏あるので、ふさかけ以外のものでもかけることができる

取り付け可能場所

・化粧合板、プリント合板
・タイル、ガラス

取り付けできないところ

・高温多湿な場所
・布壁、しっくい

私が見に行ったダイソーとセリアでは、ネジで取り付けるタイプのふさかけはおいておらず、粘着式のはがせるタイプのものばかりが売られていました。

粘着式であれば金具式のふさかけで必要なドライバーも使わずに済むので、簡単に取り付けることができますね。

広告

カーテンのふさかけはおしゃれなタッセルで代用♪

帯タイプのタッセルをかけておきたい場合は、カーテンのふさかけの取り付けは必須ですよね。

しかし、あなたはこんな風にも考えたりしませんか?

ふさかけはいらない!

帯のタッセルじゃなく、とにかくおしゃれなものがほしい!

100均にはふさかけいらずのタッセルもあるんですよ。あなたに、おしゃれでかわいいタッセルをご紹介しましょう。

ダイソーのタッセルはキラキラとキュート!

□紐で結ぶタッセル(クリスタル)

見た目がとても華やかで、おしゃれなデザインですよね。このタッセルは、紐でカーテンをまとめてひと結びするだけです。

自分でまとめる加減を調整できるので、便利ですよね。

ただ、「2週間くらいでパーツがとれてしまった」との意見もありました。

お得がゆえのクオリティは仕方ないかもしれませんね。

質よりデザインを求める方や、飽き性だからすぐに買い替えることになってもOK!という方にはおすすめです。

このタッセルのキラキラが、あなたのお部屋をいちだんと明るくしてくれそうですよ。

□マグネットタッセル(スター)

こちらは、マグネットタイプのタッセルになります。シックな色合いだけど、どこかキュートで男女を問わないデザインです。

おおきな星がお部屋のアクセントになってくれそうですね。マグネットタイプなので、取り外しがとっても簡単です。

しかし気になる点が2つあります。1つめがカーテンの厚みや幅によっては、まとめきれないことがあること。

2つめが1個入りなので、場合によっては2つ購入しなければならないということです

あなたのお部屋のカーテンがそんなに厚くなく、片開きであれば試してみてははいかがでしょうか?

□カーテンクリップ(ミニー柄)

ダイソーにはこんなかわいらしいクリップタイプのタッセルもありましたよ。

カーテンをまとめてはさむだけなので、取り付けがとっても簡単ですね。

お部屋のいいアクセントになり、ディスニー好きのお子さんがいるご家庭にはぜひおすすめしたい商品です。

こちらの商品も1つ気になる点があります。はさむ部分がそんなに大きくないので、厚手のカーテンだとまとめきれないこともあるようです。

ご自宅のカーテンをまとめてみて厚みを確認してから購入してくださいね。

セリアのタッセルはマグネットタイプで華やか

□マグネットタッセル(リボンフラワー・フラワーモチーフ)

セリアでは、お花をモチーフにしたふさかけがいらないタッセルが売られていました。

お花の裏面と白い丸い部分がマグネットになっているので、合わせるとピタッとくっつき、カーテンをまとめることができます。

紐の部分が細かったり、薄手だったりするので、こちらも厚手のカーテンをまとめるのは、少し難しいかもしれませんね。

デザインはとってもかわいくておしゃれです。特に水色のお花のタッセルはカーテンに彩りを与えてくれると思いますよ。

カーテンのふさかけはニトリでワンランク上のものを♪

100均でも十分だけどもう少しお金をかければ、もっといいふさかけとタッセルが買えるんじゃない?

こんな疑問をいだいた私が足を運んでみたのが、「お値段以上」で有名なニトリでした。

家具の品揃えはもちろんのこと、インテリアにも力を入れているニトリですから、ふさかけとタッセルが豊富に売られていました。

ニトリのふさかけは頑丈かつシンプルでおしゃれ

ダイソーのものとは違い、ニトリのこちらの商品はネジでとめるタイプのふさかけです。

金属製でさらに木ネジ留めなので、100均の粘着テープのものと比べると丈夫で造りがしっかりしているなと感じました。

他にもニトリには、私が今まで目にしたことがなかったふさかけがありました。

こちらの商品は天然木を使用し作られていて、100均と同じはがせるタイプのふさかけです。

木の素材で作られたふさかけは、なんだかとても自然な雰囲気でおしゃれな印象でした。

実際使用した方の口コミでは、「取り付けてから5ヶ月が経ってもはがれていない」とのことで粘着面にも問題はなさそうですね。

ふさかけにかけるタイプのタッセル

こちらはふさかけにかけるタイプのタッセルで価格は、税込み499円です。

タッセルに光沢があり、高級感があるだけでなく紐が太めでしっかりしていました。

1本のみで販売しているので、カーテンが2枚の場合は2つ購入する必要があります。

口コミでは、「厚手のカーテンをまとめるには、このぐらいの太さのタッセルでちょうど良かった」という意見もありましたよ。

ふさかけいらずのタッセルはまるでぬいぐるみのよう!

ニトリにはこんなかわいいタッセルもありましたよ♪

これはタッセルというより癒しのぬいぐるみという感じで、お店の中でもかなり存在感を放っていました。

サンプルがあったので触ってみたところ、ふわふわの触り心地でした。

手のところが強力なマグネット式になっていて、カーテンをしっかり束ねてくれそうでしたよ。

カーテンのふさかけの位置はタッセルの傾きを考慮する

ふさかけがない場合、自分で取り付けしないといけない。

正しい位置ってどこなの?

ふさかけは正しい位置に取り付けすれば、カーテンの開け閉めが楽になるだけでなく、バランス良くすっきり見えます。

カーテンのふさかけを取り付ける際のポイント
  • 一般的にカーテンの裾から1/3のところに、タッセルがくるようにふさかけを取り付ける
  • ふさかけを取り付ける時、タッセルが自然に下に傾くことを想定して少し上の位置に取り付ける
  • かけているカーテンをまとめた時の厚みで、ふさかけを窓枠からどのくらい離すかを決める
  • より細かくふさかけの位置を決めたい時は黄金比、白銀比を参考にして決める
  • 人によって背の高さが違うため、自分の開け閉めしやすい高さにふさかけを取り付ける

タッセルの位置は一般的にカーテンの裾より1/3

あなたは、ふさかけやタッセルはカーテンの真ん中に取り付けられていると思っていませんか?

一般的なふさかけの位置はカーテンの高さの真ん中よりも、若干下に取り付けられているんです。

正確にいうと、ふさかけにかかるタッセルが、カーテンの裾から1/3の高さにかかるのがきれいに見える位置です。

試しに、我が家の掃き出し窓のカーテンに取り付けられているふさかけで、1/3の高さを図ってみました。

ちなみに掃き出し窓とは、窓の下部分が床まである引き違い窓のことです。リビングに取り付けられているのをよく見かけますね。

我が家のカーテンの長さは約210㎝なので、カーテンの裾から1/3だとすると70㎝のところです。

しかし、70㎝の位置だとちょっと低すぎるなあと感じました。

ふさかけの位置はタッセルを傾くことを前提にしてとりつける

ふさかけにかけるタッセルはカーテンをまとめる時に自然に傾きますよね。

タッセルの位置がカーテンの裾から1/3だとすると、ふさかけはタッセルよりも少し上に取り付けましょう。

実際我が家で取り付けているのを見てみると、確かにふさかけはタッセルよりも少し上に取り付けられていました。

掃き出し窓のタッセルの位置は黄金比を参考にする

カーテンの裾から1/3なんて、ざっくりしずぎているし下すぎる!

このように感じた私は、ふさかけの取り付けの位置について、もうすこし詳しく調べてみました。

すると、どうやらカーテンのタッセルの位置には「黄金比」が関係しているらしいのです。

黄金比とは
  • デザインや建築物で用いられる縦と横の長さのバランスのことをいう
  • 長方形は縦と横の長さが黄金比になるとき、美しい印象を与えるといわれている
  • 黄金比は「1:1.618」と表され、これをタッセル位置にあてはめると「カーテンの長さ÷2.618」で計算できる

これがカーテンがもっともきれいに見えるタッセルの位置だそうです。

さっそく私もこの公式に当てはめて、自宅のふさかけの位置を計算してみました。

計算式【210÷2.618₌80.21となり【約80㎝】でした。タッセルが約80㎝のところにくるときれいにみえることになりますね。

さらにタッセルが自然に傾く幅は我が家の場合、【約7㎝】でした。

ですので80㎝から7㎝高い87㎝】のところに、ふさかけがくるように取り付けすればいいというようになります。

腰高窓のタッセルの位置は白銀比を参考にする

腰高窓は、大人が立った時に腰の位置くらいに設置される窓のことをいいます。

一般的に部屋の壁の中央に取り付けられる窓のことをいいます。

腰高窓のタッセルの位置は、「白銀比」をもとに計算した場所に取り付けるときれいに見えます。

白銀比(はくぎんひ)と計算方法

白銀比は「1:1.414」で表され、「カーテンの長さ÷2.414」で計算する

例えば、135㎝のカーテンの場合は【135÷2.414=55.92】という計算になります。

つまりカーテンの裾から約56㎝のところにタッセルがくるようにして、ふさかけを取り付けるといいことになります。

しかし腰高窓のカーテンの場合、窓下と床に距離があるため人によってかけるカーテンの長さに差が出やすいと思います。

ですので白銀比を参考にしつつ、あなたのかけやすい位置を確認しながら取り付けるとよいでしょう。

ふさかけと窓枠が直線になるようにとりつける

次にふさかけは窓枠から、どのくらいの場所にとりつけたらいいのかを考えていきましょう。

カーテンは自然の状態で垂らした時に、窓枠と平行になるときれいに見えるそうです。

同じように、カーテンをタッセルでまとめた時も窓枠と平行になることを意識して、ふさかけと窓枠の距離を決めていきましょう。

ちなみに我が家は、ふさかけを窓枠から5㎝のところに取り付けていました。

我が家のカーテンは業者の方に取り付けていただいたのですが写真でもおわかりの通り、おおよそ並行になっていますよね。

窓枠から5㎝のところに取り付けていたのは、きちんと意図があってのことだったんだなと思いました。

ふさかけの取り付け位置は自分の好みの高さでもOK!

ここで少し我が家の話をします。我が家の掃き出し窓のふさかけの取り付け位置は【92㎝】でした。

先述した一般的な取り付け位置の87㎝に比べると、少し高めですよね。

以前、カーテンを取り付けてくださった業者の方はこのように話されていました。

ご主人と奥さんは背が高めだから、ふさかけは普通の高さよりも少し上の方に取りつけておきますね。

業者の方の配慮により、私はタッセルの取り外しするのがとても楽ちんです。

それはふさかけが、腕を上げすぎることも下げすぎることもなくタッセルをかけられる位置にあるからです。

何にでも平均や規定というものはありますが、人によって身長も違えば好みの位置もちがいます。

ましてお子さんがいるご家庭は、大人と子供の両方の高さを踏まえて、ふさかけの位置を決める必要があります。

ふさかけを取り付ける際は黄金比、白銀比を参考にすることはもちろん大切ですが、あなたのかけやすい位置でも大丈夫ということを覚えておいてくださいね。

まとめ

  • カーテンのふさかけは、100均でも購入することができ種類も豊富
  • 100均にはシンプルではがせるだけでなく、おしゃれなふさかけが売られている
  • 100均にはふさかけがいらない、おしゃれなタッセルもある
  • ニトリには頑丈でおしゃれなふさかけが売られている
  • ニトリには高級感があるものやかわいいタッセルがある
  • きれいに見えるタッセルの位置は、カーテンの裾から1/3のところである
  • 掃き出し窓のふさかけの位置は「カーテンの長さ÷2.618」で計算され、タッセルの傾きを考慮して決めるとよい
  • 腰高窓のふさかけの位置は「カーテンの長さ÷2.414」で計算され、タッセルの傾きを考慮して決めるとよい
  • ふさかけの取り付け位置は、自分の身長やタッセルをかけやすい高さで決める方法もある

100均やニトリには、さまざまな種類のふさかけが売られていることがわかりましたね。

またふさかけがいらないタッセルも、壁を傷つけることがないので便利ですよね。

ふさかけを正しい位置に取り付けたり、おしゃれでかわいいタッセルをかけたりして、あなたのお部屋をすてきな空間に演出してみてくださいね。

広告

コメント

タイトルとURLをコピーしました