チャイルドシートのレンタルは店舗受取がお得♪1日だけの利用も可能

お役立ち情報
広告

チャイルドシートをレンタルしようか悩んでいます。お得なおすすめ方法ってありますか?

レンタルなら必要な時に必要な期間のみチャイルドシートを借りられるので経済的ですよね。

この記事を読んでいるあなたは、チャイルドシートのレンタルをする時に店舗で受取りをしたいなと思っているのではないでしょうか。

チャイルドシートのレンタルは店舗で受取りと返却ができます!

送料がかからずにレンタル料金だけでチャイルドシートが借りられる「店舗受取」はお得なんです。

この記事でわかること
  • チャイルドシートをレンタルする際は店舗で受取りがおすすめな理由
  • チャイルドシートを1日だけレンタルしたいときの方法
  • チャイルドシートを無料で借りられるお得な方法

それでは一緒にお得なチャイルドシートのレンタル方法を確認してみましょう♪

広告

チャイルドシートのレンタルは店舗受取がおすすめ♪

チャイルドシートのレンタルを検討しているあなたにおすすめなのは「店舗受取」という方法です。

チャイルドシートは大きいため宅配にしてしまうと送料が高くなります。

また、子どもの使うものは直接その場で安全か確認して借りたいですよね。

私も実物を見て買いたい派なので、チャイルドシートも自宅に届くのを待つのではなく取りに行けるのであれば直接取りに行きたいです。

それでは、店舗受取にするメリットには他にどんなものがあるのでしょうか?

チャイルドシートのレンタルを店舗受取にするメリット

まず、チャイルドシートのレンタルを受け取るには2つの方法があります。

  1. 宅配受取 : 自宅に宅配で届けてもらう
  2. 店舗受取 : 店舗で受け取りをする

自宅に届けてもらえる宅配は便利だけど、送料が気になるね。育児には出費が多いから、なるべく安くレンタルしたいな。

どちらの方法がよいのでしょうか?答えはどちらにもメリットとデメリットがあるので、あなたの状況に応じて好きな方法を選ぶのが1番です。

宅配受取店舗受取
メリット自宅に届くので楽ちん
チャイルドシートを自分で運ばなくてよい
送料無料
受け取った当日からすぐ使える
商品の状態をその場ですぐに確認できる
デメリット送料がかかる
届くまでに時間がかかりすぐに使えない
対応ショップが限られる

店舗に取りに行くのは大変なので、送料がかかってもよいから自宅に届けてほしいあなたは「宅配受取」。

送料をおさえてチャイルドシートのレンタルを利用したいあなたは「店舗受取」を選ぶと良いですね。

店舗受取が利用できるレンタルショップを紹介!

店舗受取が利用できるレンタルショップを調べてみたところ、なんと大手では1カ所しかありませんでした。

ダスキン かしてネット 

人気NO.1 「Combi コンビ ジョイトリップ」の場合 

  • レンタル料金 : 基本料金(1カ月)2,970円(税込)
  • 貸出期間   : 1日~
  • 送料(大型) : ¥4,400~¥11,000/個(税込)                                   
  • 対応店舗   : 全国に対応店舗あり
  • その他    : 送料は目安なので対応店舗に確認
  • 店舗受取   : 対応可

お掃除サービスで有名なダスキンが運営しているレンタルサービスなので、徹底した除菌・脱臭作業が行われていることが特徴です。

全国に店舗のあるダスキンではレンタル商品の店舗受取&返却のサービスがあります。

全国に店舗があるからこそ、店舗での受け取り対応もできるのですね。

また長期レンタルになればなるほど割引になるお得な制度もあります。

料金(税込)割引率1日あたり
基本料金
(1ヵ月分)
2,970円
9泊10日2,673円10%OFF267円
1ヵ月2,970円99円
2ヵ月5,940円99円
3ヵ月7,128円20%OFF79円
4ヵ月8,316円30%OFF69円
5ヵ月10,395円30%OFF69円
6ヵ月10,692円6ヵ月以上
40%OFF
59円

長期で借りれば借りるほどお得になり、1日当たりのコストもとても安くなります。

6カ月借りると1日あたり59円(税込)でチャイルドシート利用できるのなら缶コーヒーより安くてびっくりです。

店舗に受取り&返却をすればこの値段だけでチャイルドシートを借りられるのでお得さ満開ですね。

ダスキン以外の大手は宅配受取のみ可能でした。

ただし、地域密着型のレンタルショップだと店舗受取に対応しているところもありました。

お住まいの地域の地域密着型の育児グッズのレンタルショップもぜひ検索してみてくださいね。

広告

チャイルドシートレンタルを1日だけ利用する方法

旅行で1日だけチャイルドシートが必要になったのだけど、1日だけ貸してもらえるのかな?

チャイルドシートを1日だけレンタルができます!

ここではレンタルショップで借りる場合の比較と、レンタカーを借りる場合の各社のオプション料金の比較を紹介します。

レンタルショップで1日レンタルを利用する方法

レンタルショップで1日だけチャイルドシートを借りることはできます。

ただし、対応店舗が少なく最短で借りられる期間は2週間~というものが多いので注意です。

各社の最短で借りられる期間の料金を比較してみましょう。

まずは、先ほど紹介したダスキン。ダスキンでは1日だけレンタルができます。

ですが注意点があります。料金は9泊10日の場合と同じということです。

ダスキン かしてネット

「Combi コンビ ジョイトリップ」の場合 

  • 9泊10日の料金 : 2,673円(税込)

1日借りるとしても9泊10日分の料金がかかるのは残念なポイントです。

でも、店舗に直接取りに行けばすぐに使えるのが魅力的です。

ダスキンかしてネットは店舗での直接受取ができるため、店舗に在庫があれば即日で借りたい場合も対応してもらえますよ。

急いで借りたい場合は最寄りの店舗に問い合わせてみましょう。

ベビレンタ

「ミニマグランデEG UB コンビ」の場合 

  • 1週間の料金 : 2,780円(税込)
  • 送料(往復) : 1,800円~2,700円(税込)

ベビレンタでは、1日レンタルは実施していません。1番短く借りられる期間で1週間からです。

1番送料の安い関東圏で1週間レンタル4,580円(税込)が最低価格となります。

送料も含めて考えるとちょっと割高な感じが否めないですね。

愛育ベビー

「コンビ ウィゴー エッグショックLG」の場合

  • 15日まで : 3,800円(税込)
  • 送料(自社集配サービスエリア内の送料) : 1,650円(税込)
  • 送料(自社集配サービスエリア外の送料) : 2,860円~3,850円(税込)

こちらも1日レンタルはなく、1番短く借りられる期間は15日です。

送料を追加すると1番安くても5,450円(税込)となるので、たった1日だけ使いたいあなたにとっては高すぎますね。

各社を比較検討の結果、レンタルショップで1日だけレンタルする場合は、「ダスキンかりてネット」で店舗受取するのがおすすめでした。

レンタカー予約時にチャイルドシートをオプション追加

もしレンタカーを使う予定ならオプションでチャイルドシートを付けるのがおすすめです。

オプション料金は比較的安価で、レンタカーの予約と一緒に追加できるので手間もかからず楽ちんです。

返却もレンタカーと一緒に返せばよいので、余計な時間がかかることもありません。

注意点はあくまでレンタカーを借りるオプションなのでチャイルドシート単体ではレンタルできないことです。

さてさて調べてみたらなんと、大手3社のレンタカー屋さんのチャイルドシートの最低料金は同じだったんです。

どの会社も1番短い期間での料金は550円(税込)でした。

各社で細かい部分の料金設定が違うので、大手のレンタカー屋さんのチャイルドシートのオプション料金を確認してみましょう。

ニッポンレンタカー

貸出期間オプション料金
24時間まで550円(税込)
10日まで1,100円(税込)

1日550円(税込)にも関わらず、10日間借りても1,100円(税込)なのは安いですよね。

日産レンタカー

貸出期間オプション料金
24時間につき550円(税込)
補足※23ボーナスクラブ会員は無料で利用可
※1カ月以内のレンタルの場合は2日分を上限

日産レンタカーならなんとクラブ会員であるならば、無料でチャイルドシートをオプションで付けることができます。

しかもこの23ボーナスクラブ会員には入会金・年会費無料でなれちゃうんです。

レンタカー料金の割引もあるので、日産レンタカーを利用する際にはぜひ会員になりましょう♪

トヨタレンタリース

貸出期間オプション料金
3日(72時間まで)550円(税込)

トヨタレンタリースでは1日単位ではなく72時間までは同一料金でした。3日間使っても550円(税込)は安いですね。

3日使う予定があればトヨタレンタリースで借りるのが1番安いという結果でした。

チャイルドシートのレンタルが無料でできる方法3選

チャイルドシートを無料で手に入れる方法があるんです。知っていましたか?

ここでは無料でチャイルドシートを手に入れる方法を3つ紹介します。

地方自治体のチャイルドシート貸し出し支援を利用

なんと地方自治体によってはチャイルドシートを無料でレンタルしてもらえるところがあるんです。

私はこの情報を知らなかったのでとても驚きました。

慌てて私が住んでいる市の情報を調べましたが、残念ながら私の住んでいる地方自治体では実施していないようでした。

限られた地方自治体でしか利用できない制度ですが、あなたの住んでいる地域はそんなラッキーな自治体かもしれません

参考までに2つの地方自治体の取り組みを紹介しますね。

神奈川県小田原市

  • レンタル:乳児用チャイルドシート(0歳〜1歳)
  • 貸出期間:最長4カ月
  • 対象者:市内に住んでいる個人
  • 利用方法:事前に地域安全課窓口(市役所5階)か、電話で予約

4か月も無料でレンタルできるのは助かりますね。

里帰りで使用する場合などにちょうど良い期間だと思いますので、神奈川県小田原市にて里帰り出産を予定している場合はぜひ利用してほしいです。

愛知県半田市

  • レンタル:チャイルドシート・ジュニアシート
  • 貸出期間:原則2週間。ただし予約に空きがある場合に限り、最長1カ月(4週間)可能
  • 対象者:半田市に住民登録があり半田市に在住している方(申請者と使用者は同一であること)
  • 目的:帰省などで緊急・臨時に必要になった場合に対して、一時的にレンタル
  • 利用方法:使用予定日の1カ月前から。電話予約可。子育て支援センター「はんだっこ」に連絡

愛知県半田市でも里帰りで必要な場合に無料でレンタルできます。

チャイルドシートに限らずジュニアシートの貸し出しもしているので、帰省の際に使用するのに便利ですね。

無料でレンタルしてもらえるなんて本当に助かりますよね!

他にも無料ではないですがチャイルドシート購入費用の支援をしている地方自治体もありました。

お住まいの地域や帰省先で、貸し出し支援がないか調べてみて有効活用してみてくださいね。

交通安全協会でチャイルドシートをレンタルする方法

交通安全協会でチャイルドシートのレンタルをしています。

交通安全協会ってなんでしたっけ?名前を聞いたことがあるような気がするけどなあ。

交通安全協会は運転免許の更新の際に窓口で入会を案内された経験ありませんか?

入会は任意なので私は入ったことはありませんでしたが、こんな特典があったとは知りませんでした。

ポイントは借りられるのは交通安全協会の会員であるということです。

会員になるには年会費がかかり、都道府県によって料金が違い200円〜700円/年(税込)と幅があります。

チャイルドシートを無料でレンタルできるなら年会費も安く感じますね。

もしあなたが交通安全協会の会員ならば、ぜひ使ってみて欲しい制度です。

全国すべての交通安全協会で実施してるわけではないので、まずは最寄りの交通安全協会で確認しましょう。

レンタル期間もレンタル制度も交通安全協会によってバラバラなので、詳細の確認をしてみてくださいね。

ジモティーで希望のチャイルドシートをGETしよう

ジモティー使ったことありますか?私はよく使っているんです。とても便利ですよ!

ジモティーとは地域の不用品の譲り合いの掲示板のようなものです。

ジモティーではチャイルドシートが頻繁に出品されているんです!

値段は0円のものもあれば有料のものまで幅広く出品されているので、あなたの希望もきっと見つかるはずです。

ジモティーって使ったことなかった!どうやって使うの?

ジモティーはPCでもスマホのアプリでもどちらでも利用でき、私はスマホのアプリを使っています。

使い方は簡単です。手順を紹介しますね。

  1. 地域の設定(近所や車で行ける範囲内に出品されているものを探すため)
  2. ほしい商品を検索する
  3. 出品者に状態を確認する(壊れていないかを確認)
  4. 受け渡しの日時を出品者と相談して決める

あとは受け渡し当日に引き取るだけです。双方のタイミングが合うならば即日に受け渡しを行うことも可能なので急いでいるときは便利ですね。

ジモティーで欲しい商品が出品されているかは、タイミングが勝負です。

チャイルドシートを0円でGETできるラッキーに出会えるかもしれませんよ♪

0円ではなかったとしても格安でチャイルドシートをGETできるので、チャイルドシートの新品購入に悩んでいる場合にはおすすめです。

まとめ

  • チャイルドシートのレンタルは店舗受取を利用するのが送料無料でお得
  • 店舗受取に対応しているのは大手だとダスキンのみ
  • 1日だけチャイルドシートを借りたい場合も店舗で直接受け取れるダスキンがおすすめ
  • レンタカーを借りる予定なら、オプションでチャイルドシートのレンタルを追加できる
  • 地方自治体によってチャイルドシートのレンタル支援制度がある
  • 交通安全協会で無料でチャイルドシートを貸してもらえる
  • ジモティーでチャイルドシートをGETする方法もおすすめ

子育て用品はお金がたくさんかかりますよね。使用期間も短いものはなるべくレンタルで済ませるのは正解だと思います。

あなたの状況に合わせて、最適なチャイルドシートレンタルの方法を選べるといいですね。

広告

コメント

タイトルとURLをコピーしました