ヨガとホットヨガの違いは環境にあり!どっちがおすすめかは目的次第!

お役立ち情報
広告

ヨガか、ホットヨガのどちらを始めたらいいか迷っているあなたは、こんな疑問を感じませんか?

ヨガとホットヨガの違いってどこにあるの?

ヨガとホットヨガの一番の違いは、環境にあります

一般的にヨガと呼ばれているものは、常温の室内でおこないます。これに対して、ホットヨガは、高温多湿の室内でおこなうのです。

ヨガをする環境が違うと、あらわれる効果も違います。

これから始めるなら、ヨガとホットヨガ、どっちがおすすめ?

答えは、あなたがヨガに何を求めるかによって違ってきます。

今回は、ヨガとホットヨガの違いだけでなく、それぞれの効果、おすすめポイントもお伝えします。

さらには、ヨガと一緒によく耳にするピラティスとの違いについても、お話ししていきます。

広告

ヨガとホットヨガの違いは室温と湿度にあり!

先ほどもお伝えしましたが、ヨガとホットヨガの大きな違いは、室温と湿度です。

室温湿度
ヨガ22℃~27℃特に調整なし
ホットヨガ35℃~40℃50%~60%

ヨガが常温であるのに対し、ホットヨガは高温多湿の環境でおこないます。

簡単に言うと、ヨガは常温の中で、全身を使いながらポーズをとり、体をほぐしていきます。

ホットヨガは高温多湿という環境の力を借りて、たくさんの汗をかき、さらに全身でポーズをとることで体をほぐしていくのです。

あなたは、街を歩いていると大手のホットヨガスタジオをよくみかけませんか?私の家の近所にもあります。

なぜホットヨガスタジオが多いかというと、環境を自分で整えることが難しいからです。

確かに自宅で、室温を35℃以上に保つのはなかなかできないわよね。

それに対してヨガは、常温なので自宅でも、手軽に始めることができるんです。

さらにヨガはホットヨガと違い、場所を問わないので、インストラクターが個人でやっている教室や、市区町村の体育館を使って、おこなわれています。

私は最近、ヨガを習い始めたばかりですが、その教室も県の武道館でおこなっています。

スタジオを使ってやる教室よりも、受講料が安く済むので助かっています。

短期教室なのですが、3ヵ月、全7回で保険料込み5,800円です。1回あたり約830円ですね。

私の家の近所に「LAVA」というホットヨガスタジオがあります。

料金プランの一例ですが、月4回までの利用で、6,800円~となっていました。こちらは、最低でも1回あたり1,700円はかかります。

きちんとスタジオを設けているところは、確かに料金は高いですが、その分、ホットヨガをするのに適した最高の環境が用意されているはずです。

ヨガはインドでおこなわれていた修行に由来している

ヨガとホットヨガは、環境のほかに、由来や特徴に違いがあります。

ここからはそれぞれの由来や特徴について、お話ししていきましょう。

ヨガの由来は、紀元前4000年〜2000年ころの古代インドから始まります。

ヨガの起源となる瞑想や安座の修行が、何らかの形でおこなわれていたそうです。

ヨガの語源は、当時インドで使われていたサンスクリット語の「yuj」(ユジュ)です。

この「yuj」は「つなぐ、結びつける」という意味をもち、ヨガの「心と体のつながり」はここからきているといわれています。

最も古いヨガの経典である「ヨガ・スートラ」では、ヨガは、「心の働きを止滅すること」と書かれているそうです。

「ヨガ=ポーズをとること」というイメージがあるかもしれませんが、実は心の状態を指すことなんですね。

心を無にして、瞑想、呼吸法、ポーズに集中することにより、身体をリラックスさせ、心を安らげる方法としてヨガが伝えられているのです。

初めて、ヨガの由来について知ることができたわ!

ちなみに、若いときから芸能界で活躍され、ママになってもきれいな菅野美穂さんもヨガ愛好者なんですよ。

ヨガの特徴
  • 腹式呼吸と瞑想により、自分自身の体や心の不調と向き合う
  • ポーズをとり、そこに意識を向けることで、高い集中力を養う
  • とるポーズの種類が多いことが、体幹やインナーマッスルを鍛えることにつながっている
  • 時間は一般的に60分から90分くらいが目安となっている

「腹式呼吸」と「インナーマッスル」の言葉の意味は、以下の通りです。

腹式呼吸とは
  • 鼻から息を吸ってお腹を膨らませ、吐くときにへこませる、ヨガの基本的な呼吸法である
  • 横隔膜を下げるように呼吸をおこなうので、多くの空気を取り込むことができる
  • 呼吸をした時に、丹田(下腹部)がしっかり動いているかどうかを確認しながらおこなうのがポイントである
インナーマッスルとは
  • 体の中心や、骨に近い部分である深層部に存在している筋肉である
  • 見た目でわかるアウターマッスルとの境目がないので、特定は難しいがとても小さい範囲にある
  • インナーマッスルを覆うように、アウターマッスルがある
  • インナーマッスルという名前の筋肉はなく、深層部にあるコアとなる部分をインナーマッスルと呼んでいる

私が今通っている教室の先生が、いつも2つの声掛けしてくださります。

鼻から大きく息を吸って、口からできるだけ長くゆっくり吐いてください。

ポーズをとる時は、ご自身が気持ちいいと感じるところで止めてくださいね。

レッスン中はさまざまなポーズをとりますが、あくまで無理のない範囲でというのが鉄則です。

そして、できるだけ呼吸に意識を向けることを心がけるように促しています。

ホットヨガはインドの環境を日本で再現したのが始まり

ホットヨガは、1970年代に日本でヨガを指導していたインド出身のビクラム・チョードリー氏によってあみ出されたといわれています。

チョードリー氏が日本にヨガを教えにきた際に、日本の寒い環境を、高温多湿であるインドに近づけるために、部屋に暖房をいれたのが始まりでした。

ホットヨガは、ハタヨガから派生した数多くのヨガのひとつです。

ハダヨガとは
  • サンスクリット語で「ハ=太陽」と「タ=月」と「ヨガ(=結ぶ)」という語源から成り立っている
  • 「ハ=吸う息」と、「タ=吐く息」の2つをコントロールすることによって、対になる存在を調和させることを目的としている
  • 「ポーズや呼吸法が、心や体を動かす原動力である」という考えのもとに誕生したヨガである

女優の篠原涼子さんは、産後で太ってしまった体を、ホットヨガのおかげで、16㎏ものダイエットに成功したそうですよ。

ホットヨガの特徴
  • 高温多湿の中で、大量の汗をかくことで身体の老廃物の排出する
  • 身体が温まることで柔軟性が高まり、身体がほぐれやすくなる
  • 温かい環境と身体で、腹式呼吸と瞑想することがリラクゼーションにつながる
  • ヨガほどの大きな動きはないので、体力に自信がない人でもできる
  • レッスン時間が45分~60分と、ヨガに比べると短めである


ホットヨガには、ダイエット効果だけでなく、ストレス解消、体力増進、骨盤矯正などの効果も期待できます。

大量の汗が出るホットヨガでは、必ず水分補給をしましょう。体から水分が不足すると、頭痛やめまいといった症状も起きやすくなります。

そのためレッスン前にも、200mlほどのミネラルウォーターを飲んでおくことをおすすめします。

ホットヨガはレッスン後の着替えとシャワーは必須!

ヨガを始めるにあたって、準備するものは以下の通りです。

ヨガやホットヨガで準備するもの
  • 動きやすい服装(スポーツ用品店で、ヨガ専用のウエアが売っているが、Tシャツにストレッチ素材のズボンでもOK)
  • ヨガマット
  • 水分
  • タオル

加えて、ホットヨガでは、以下2つの準備や確認が必要です。

  • 着替え
  • シャワー設備

ホットヨガの場合、レッスン後に大量の汗をかくため、着替えやシャワーを浴びるのが必須となります。

広告

ヨガとホットヨガの効果の違いは大きくわけて3つ!

ヨガとホットヨガの効果の違い
  • リラックス法
  • 自律神経の働き
  • 筋肉強化

項目ごとに表れる効果の違いについて説明していきます。

リラックスの方法に違いがある

□ヨガ

ヨガのリラックス効果は深い呼吸によるものです。

ヨガはポージングをおこないながら、腹式呼吸を繰り返すことでリラックスできる身体の状態を整えます。

■ホットヨガ

ホットヨガのリラックス効果は、身体を温めることによるものです。

身体を温めることで筋肉がほぐれ、その結果、リラックスした状態になるのです。

自律神経の働きに違いがある

自律神経は、交感神経と副交感神経の2つが関係しています。

人は活発に活動している時は「交感神経」が優位に働いており、逆にリラックスしている時は「副交感神経」が優位に立っています。

本来はこの交感神経と、副交感神経がバランスよく保たれているのが理想です。

しかし、ストレスが溜まるなど、過度な緊張状態が続いてしまうと、休んでも副交感神経が優位にならず、交感神経が働き続けてしまいます。

その結果、自律神経失調症などの症状を起こすことがあるのです。

確かに前にストレスで、頭痛が続いた時があったわ…。

□ヨガ

ヨガの深い腹式呼吸によって、副交感神経を働かせることで、リラックス効果をもたらします。

■ホットヨガ

高温の環境により、身体を芯から温めることができ、副交感神経の働きを調整する効果があります。

さらに、ホットヨガでは交感神経も優位になると考えられていて、心身は活動的な状態にもなるのです。

筋肉強化のためのポーズが違う

□ヨガ

ヨガの腹式呼吸を繰り返し、全身を使ってポーズをとることにより、インナーマッスルを鍛えることができます。

おすすめのポーズを、私が実際やってみた感想とともに、ご紹介いたします。

<猫のポーズ>

お腹からお尻にかけての引き締め、背骨の体幹を鍛えるのに効果的なポーズです。

  1. まず、床に四つん這いになって、腕と足をひらく。手は肩の真下、膝は腰の真下にくるようにおく
  2. ゆっくり頭を上げて背中をそらす。そのまま止まって5回呼吸を繰り返す
  3. いったん元の状態に戻り、今度は、腹筋に力を入れてへこませ、背中を丸める
  4. 頭を下に下げて目線はお腹に向け、首の後ろを伸ばし、頭をお腹へとできるだけ近づける
  5. これを10回程度、繰り返す

このポーズは、ヨガ教室でも実際にやっています。上半身を縮める、開くことにより呼吸も深くでき、終わったあとはスッキリします。

<牛の顔のポーズ>

座った状態で腕をうしろに組んで二の腕の筋肉を伸ばし、引き締めに効果があるポーズです。

体がかたい人は無理のない範囲で行いましょう。

  1. 両膝を立てた状態で床に座る
  2. 左足は右足をまたぐように外側にもっていき、右膝は倒してつま先が左へ向くようにする(左右の足を交差させるような状態になる)
  3. 右足のかかとは左腰へ、左足のかかとは右腰へと近づける
  4. 右手を上げて肘を曲げ、後ろへとたおす
  5. 下から左手を伸ばして、背中で右手をつなぎ、呼吸を5回繰り返す
  6. 足と手を変えて同じように行い、左右で10回程度繰り返す

正直にいいますと、このポーズは最初のうちはかなりきつかったです。太ももの付け根が痛いですし、身体がかたいせいか、両手をつなぐことがなかなかできませんでした。

一週間、継続してみましたが、図のように左手をあげた状態で右手をつなぐことは、いまだにできていません(笑)。

でも胸を大きくひらくことにより、呼吸も深くでき、慣れると爽快感があります。

■ホットヨガ

ホットヨガは、身体に負荷をかけるトレーニングではないので初心者でも、無理なく続けやすいという特徴があります。

<チャイルドポーズ>

チャイルドポーズはリラックス効果が高まるポーズです。

またホットヨガのレッスン中に休憩する際は、チャイルドポーズをとることが度々あります。

ホットヨガの中でも、しっかりと身に着けておきたいポーズの一つです。

  1. 正座の状態から、上半身をゆっくりと床へ近づける
  2. 息を吐きながら、ゆっくりと行う
  3. 上半身の力を抜く

実際やってみると、背中の筋が伸びる感じで気持ちいいですよ。

<コブラのポーズ>

コブラのポーズを行うことで、二の腕と胸の筋肉を鍛えることができます。

引き締まった身体を手に入れたい人に、おすすめのポーズです。

  1. うつ伏せになる
  2. 両足を揃え、息を吸うタイミングで両手を使って、身体を反らせていく
  3. 首をすくめずに、肩と耳を遠ざけるようにしっかりと伸ばす

こちらのポーズは、腕で身体を支えるかたちになるので、腕の筋肉がとても鍛えられそうです。

<木のポーズ>

木のポーズを行うことで、バランス力と集中力を高めることができます。

ポーズに慣れることで、リラックス効果も得られるようになります。

  1. 軸となる太ももの付け根の部分に、足の裏をつける
  2. 軸となる足の裏と太ももにつけた足の裏で、両方押し合いバランスをとる
  3. 腰の高さが平行になることを意識し、骨盤の位置を固定する
  4. 両手を高く上げ合掌し、目線はまっすぐに前を見る

このポーズは難しかったです。まず、片足で立ち続けることに慣れていないので、最初はグラグラでした。

また、太もも部分に足裏をつけるというのも、簡単にはできませんでした。

最初は5秒立てたらいい方でしたが、何日か継続しておこなうことで20秒近くバランスを保てるようになりました。

バランスを保てるようになると、体幹が鍛えられていることを自覚できるようになります。

ヨガとホットヨガの共通する効果は2つ!

便秘の改善
  • 深い呼吸により、胃腸が刺激され活性化する
  • 胃腸の働きがよくなることで、消化不良や便秘の改善につながる
  • 内臓の活性化は代謝アップにもつながるため、ダイエット効果も期待できる
ホルモンバランスの調整
  • ヨガのゆっくりとした呼吸とポーズは、自律神経を整える
  • ストレスや疲労で乱れがちな自律神経を整えることは、ホルモンバランスの調整にも効果的
  • ホルモンバランスの乱れによって起きやすい、肌荒れに効果的

ヨガとホットヨガのどっちがおすすめかは目的次第

ヨガとホットヨガのどっちがおすすめかは、あなたがヨガに何を求めるかによって違ってきます。

どっちを始めようか迷っていたら、以下のおすすめポイントを参考にしてください。

ヨガはこんな人におすすめ
  • 自分の心や精神面と向き合い、メンタルを安定させたい
  • 集中力を高めたい
  • 筋肉や体力をつけたい
  • 自律神経の乱れを整えたい
  • 自宅など気軽に手軽に始めたい

先述しましたが私が今通っているのは、ホットヨガではなく、ヨガ教室です。

最初、どっちを習おうか迷いましたが、ホットヨガは、大量の汗をかくことを思い出しました。

ヨガの後は買い物にも行きたいし、家事もやらなきゃ!

シャワーを浴びたり、着替えたりしてる時間がもったいない!

日頃の予定が詰まっていて、効率よく運動したいという方にもヨガはおすすめです。

ホットヨガはこんな人におすすめ
  • 体を温め、冷えやむくみを解消したい
  • 大量の汗をかくことでスッキリしたい
  • 痩せたい、身体のラインをすっきりさせたい
  • 自律神経の乱れを整えたい
  • 設備の整った環境で、インストラクターから直接の指導を受けたい

ホットヨガの高温多湿な環境は、岩盤浴によく似ています。

今回調べている最中に思い出しましたが、私は数年前に初めて岩盤浴にいってみました。

せっかく来たんだから、思いっきり汗をかくぞ!

気合をいれていったものの、結果のぼせて具合がわるくなってしまいました。

頭がクラクラする…。気持ち悪い…。

そういえば私は温泉に併設されているサウナもすぐに息苦しくなってしまい、体に合っていませんでした。

私と同じ症状がある方は、ホットヨガにはあまり向かないかとおもいます。

ヨガとホットヨガとピラティスの違いは呼吸法にある

もうひとつ、あなたは「ピラティス」という運動を知っていますか?

ピラティスとヨガの違いはいったいどこにあるのでしょうか?

ヨガとホットヨガ、ピラティスの違いは呼吸法にあります。

ヨガとホットヨガが腹式呼吸なのに対して、ピラティスは胸式呼吸です。

背筋を伸ばし、足元から空気を吸い上げて肋骨が広がるように息を吸い、肩を落としてため息をつくように、ゆっくりと息を吐き出すやり方です。

胸式呼吸とは
  • 肋骨を動かすことで、肺を横に膨らませる呼吸法である
  • 肺全体を使うこと呼吸法なので、継続することで肺活量をアップさせることができる

胸式呼吸は、ヨガで自律神経の副交感神経を優位にするのとは反対に、交感神経を優位にします。

交感神経が優位になることで頭がすっきりとして、気分がリフレッシュされ、適度な緊張感を身体に与えることができるのです。

ピラティスは収容所から始まったトレーニング法

ここで少し、ピラティスの歴史について少しお話していきます。

ピラティスは、ドイツ人のジョセフ・H・ピラティスによって考案されました。

第一次世界大戦の中、イギリスに渡ったピラティス氏は敵国の出身者であることから、およそ3年半の間、収容所に捕らわれてしまったそうです。

そこでピラティス氏は彼と同じように収容されていた人々に、自ら考え出したエクササイズの指導を始めたそうです。

収容所から出てドイツに戻ったピラティス氏は、地元の警察で護身術を教えたり、リハビリが必要な患者への指導を行ったりしていました。

その後、単身アメリカ合衆国へ移住し、翌年にはニューヨークで自分のスタジオをオープンしたそうです。

ピラティスではインナーマッスルが鍛えることが目的である

ピラティスは、正しい骨格を意識しながら、体幹の筋肉を整えるトレーニング法です。

また、深層筋のインナーマッスルを鍛えることに重きをおいています。

骨格のゆがみや筋力不足による体調不良を改善したい人は、ぜひピラティスをはじめてみましょう。

また、ヨガとピラティスは、呼吸法は違いますが、続けることが大切という点では共通しています。

なりたい理想の自分をイメージし、時間をかけて、心身をゆっくり整えていくように心がけましょう。

ピラティスでは姿勢改善が期待できる

ピラティスを続けることで、姿勢が良くなり、美しいボディラインがつくることができます。

頭、首、背中の正しいポジションを意識しながらエクササイズをすることで、姿勢が改善されていくのです。

つまり、体幹が安定して骨や筋肉の動作が正確になるため、ケガや故障などの防止につながるだけではなく、体のパフォーマンスがアップするのです。

あの大女優の加賀まりこさんもピラティス愛好者です。「美の秘訣はピラティス」と豪語されるほどでなんですよ。

加賀さんは、ピラティスで身体を鍛えているおかげで、姿勢が保たれ、肩こりがなくなり、歩き方まで改善することができたそうです。

ピラティスは老若男女に効果があるトレーニング法なのですね。

まとめ

  • ヨガとホットヨガの大きな違いは、常温か高温多湿かの環境のちがいにある
  • ヨガの特徴は、腹式呼吸とポーズをとることに集中することで、自分の心と身体に向き合うところである
  • ホットヨガの特徴は、大量の汗をかく環境の中で、呼吸とポーズに集中し、体の中の老廃物をデトックスできるところである
  • ヨガとホットヨガの違いは、リラックス法、自律神経の働き、筋肉強化のポーズにある
  • ヨガは、精神面を安定させたい、集中力を高めたい、筋力アップを図りたい人におすすめである
  • ホットヨガは大量の汗をかくことで、気分をすっきりしたい、むくみをとりたい、ダイエット効果を期待している人におすすめである
  • ヨガとピラティスの違いは、腹式か胸式かの呼吸法にある
  • ピラティスは、体の骨格を意識しながらインナーマッスルを鍛え、筋力トレーニングを目的としている

ヨガ、ホットヨガ、ピラティスの違いについてお分かりいただけたと思います。

これら3つを、習い事や趣味として始めたいと考えているあなたは、それぞれの目的にあったものを選ぶとよいでしょう。

この記事を読んだことで、ヨガ、ホットヨガ、ピラティスの知識が深まり、健康で若々しい身体づくりのきっかけになれたら嬉しいです。

広告

コメント

タイトルとURLをコピーしました