断食中は2日間水だけで過ごしても大丈夫!正しいやり方と得られる効果

お役立ち情報
広告

水だけで過ごす断食なら、2日で痩せられるのかな?

断食に興味はあるけれど、2日も水だけなんて正直続けられるか不安なんだよね…。

断食は、物理的に1日の摂取カロリーを大幅に削減できるため、ダイエット目的で取り入れられることも増えていますね。

水だけで過ごすことに不安を感じる気持ちもわかりますが、2日~3日であれば心配はいりません。

むしろ人の体で最もパワーを使うとされる胃腸を休ませるために効果的なのです。

さらに美肌効果や便秘の改善、脳の疲労回復など6つの効果も期待できますよ!

しかし、間違った方法で行うと体に悪影響が出る可能性があるので注意が必要です。

急に断食をすると、体が飢餓状態と認識して脂肪を溜め込もうとしてしまいますよ。

正しい断食のやり方を知って短期間で健康的な体を目指しましょう♪

広告

断食中は2日間水だけでも大丈夫!しかしNGな場合もある

断食は食事を摂らないようにするだけなので誰でも簡単にできそうなイメージがありますよね。

2日間も何も食べないなんて栄養が足りなくて倒れてしまうんじゃないの?

そう心配になる気持ちもわかります。でも大丈夫ですよ。

ここでは2日間水だけでも問題がない理由と断食をやってはいけない人の特徴について解説していきますね。

2日目には空腹が気にならなくなると言われている理由もわかりますよ!

2日間の断食では栄養不足にならない!水は多めがGOOD♪

人には体内に蓄えたタンパク質を食べて栄養源にする「オートファジー」という自食作用が備わっています。

そのため、2日間断食しても栄養不足で倒れる可能性はかなり低いのです。

しかし、水だけは断食中も常に摂取し続けなければなりません。

むしろ普段より多く摂取することが推奨されているんですよ。

成人だと体の約60〜65%が水で占められていて、健康に過ごしたり生命を維持したりするためには水が必要不可欠だからです。

水さえ飲んでいれば断食は問題ないということなの?

確かにこれなら水だけで2日間断食を行うことに問題はないように思えますよね。

しかし、すぐに断食を行うのは危険です!中には断食をしてはいけない場合や向いていない場合もあります。

あなたの体の状態を振り返りながら一緒にチェックしてみましょう!

断食をしてはいけない人の特徴
  • 成長期の子供もしくは高齢で健康ではない人
  • 妊娠中、授乳中の人
  • 服薬中の人
  • BMIが低く、極端に痩せている人
  • 貧血がひどい人(生理中なども含む)
  • 体力が低下している人

これらに当てはまる場合は基本的に断食をしてはいけません。どうしても断食がしたい!という場合には専門家や医師に相談しましょう。

断食が向いていない人の特徴
  • ダイエットを1番の目的としている
  • 食事制限ダイエットを試みて失敗したことがある
  • 食べることが好きでストレス解消の手段としている
  • 近いうちに妊娠したいと考えている

この後詳しくお伝えしますが、断食は本来ダイエットではなくデトックスと言われる体内のクレンジングやリセットが目的です。

体重の減少はあくまでおまけと考えて、体内のデトックスが目的であることを理解して行うといいですね。

断食2日目は水だけでもお腹が空かない?その理由とは

断食を始めたら2日目はお腹が空かないと聞いたことがあるんだけど本当なの?

この理由を説明するためにはまず「断食」と「ファスティング」について知っておく必要があります。

断食とファスティングは同じとされていますが少し違います。

断食は食事を一切とらずに水だけで過ごす方法で、ファスティングは一部の食事が可能な手軽にできる方法です。

しかし、一般的には「断食」も「ファスティング」も同じ意味で使われています。

目的や方法によってプチ断食や酵素ファスティング、ファスティングダイエットなどさまざまな呼び方で紹介されているために混同しやすいのかもしれませんね。

「断食を始めると2日目はお腹が空かない」というのは一部の食事が可能なファスティングにおいて言われていることなのです。

食後は血糖値が上がるので満腹中枢が感知し、脳は「これ以上食べる必要がない」と体に伝えます。

時間が経って血糖値が下がると「食べ物をとりなさい」と指令を出すのです。

健康な人でも空腹時と食後の血糖値は変動します。しかし、ファスティング期間中は酵素ドリンクなどを飲んで血糖値を程よく一定に保つことができるのです。

血糖値が急激に上がることも下がることもないので空腹を感じないというメカニズムになっていますよ。

一方断食では摂取するものが水だけになるので、お腹が空かないということはありません。

胃や腸に何もない状態になると考えれば当然と言えますが、始めはつらいと感じる場合もあるかもしれませんね。

正しい断食の方法をお伝えしますので無理のない範囲で取り入れてみましょう!

広告

断食を2日間継続するための正しいやり方を紹介♪

断食といえば、ただ食事を摂らないようにするだけだと思っていませんか?

急な断食は逆効果になる可能性もあるんですよ。

断食で得られる効果についてはこの後紹介しますので、まずは正しいやり方について見ていきましょう!

2日間の断食で体内をデトックス!正しいやり方を知ろう

2日間断食をするためには6日かかると認識しておく必要があります。

2日間の断食と言っているのにどうして6日なの?

なぜなら断食の前後には準備食を食べる「準備期」と、回復食を食べる「回復期」が必要だからです。

この期間は断食をする日数と同じだけ必要だと言われていますよ。

突然何も食べない状態にしてしまうと、体が驚いて飢餓状態と勘違いしてしまう場合があります。

体が飢餓状態と認識すると、逆に脂肪を溜め込もうとしてしまいますよ。2日間の断食を行う際は必ず準備期間を設けましょう。

2日間で行う断食の正しいやり方
  • 準備期:2日間準備食を食べる
  • 断食期:2日間断食をする
  • 回復期:2日間回復食を食べる

準備期

準備期は、基本的に断食期前日までです。徐々に食事を減らし、体を断食する状態に慣れさせるためのウォーミングアップ期間となります。

急に水だけで過ごす断食をしようと決意しても、空腹に耐えられずに失敗する場合が多くあります。

継続するためにも断食2日前は腹5分ほど、前日は腹4分ほどにすることで、断食に向けて少しずつ食事を減らしていくことがポイントです。

準備期間の食事は糖分や脂分を避け、豆類や種子類、発酵食品、野菜、魚、キノコ、芋類、海藻類を中心に摂りましょう。

カフェイン、アルコール、たばこ、小麦製品、揚げ物などは控えてくださいね。

断食期

断食している2日間は、必ず1日2リットル以上の水分を摂りましょう。

低血糖を起こしやすい場合は、具なしのみそ汁などを摂取するといいですよ。

普段の食事の時間や空腹を感じたタイミングでこまめに補給するなど、やり方を工夫して無理なく続けましょう。

夜更かしするとどうしても空腹に耐えられずに食べてしまいがちなので、断食中は早めに寝ることを心がけるといいですね。

注意!

2日間の断食では、めまいや頭痛を感じることもあります。一時的な症状である場合が多いのですが、少し休んでも改善しないときは断食を中断しましょう。

回復期

2日断食をやり遂げた後は達成感でいっぱいだと思います。

しかし、水だけで過ごす断食は、終わった後の過ごし方が重要と言われています。

回復期をどう過ごすかが、2日間断食の効果を最大限に発揮できるかどうかのポイントとなりますよ。

食べたい物を我慢した反動から、断食後すぐに食べ過ぎてしまうと2日間の断食は失敗に終わってしまいます。

直後にラーメンなど脂っこいものを食べてしまうと、胃がびっくりしてしまいますのでNGですよ!

断食期が終わってすぐに大量の食事を摂ると胃腸に負担がかかってしまうので、基本的には流動食からゆっくりと、食べ過ぎることなく回復食を摂っていきましょう。

おかゆなどの胃に優しいご飯を食べるといいですね。野菜や果物をジュースにして飲むのもおすすめです。

回復食1日目におすすめ
  • スムージー
  • 青汁
  • 酵素ジュース
  • ヨーグルト
回復食2日目におすすめ
  • 野菜スープ
  • 玄米
  • フルーツ
  • 発酵食品

また、上記の食べ物以外にも「まごわやさしい」と呼ばれる健康に良い食材を使った食事もおすすめですよ。

食材「まごわやさしい」
  • 「ま」豆類、豆腐、納豆
  • 「ご」ゴマ
  • 「わ」わかめなどの海藻類
  • 「や」野菜
  • 「さ」魚
  • 「し」椎茸などのきのこ類
  • 「い」イモ類

回復食だけでなく準備食にもぴったりなので、断食するなら覚えておくといいですね♪

回復期が終わり胃腸が食事に慣れてきたら、普段の食生活に少しずつ戻していきましょう。

断食期間の目安は?おすすめは2日から3日の短期間

水だけの断食を行う日数は3日以内を限度としましょう。

水だけで過ごす断食は、体重を効率的に落とすダイエット法とも言われていますが、本来の目的はデトックスです。長期間継続するものではありませんよ。

そのため断食の正しいやり方における注意点2つをしっかり把握するようにしましょう。

1~3日以内で行う

断食を行っている最中、体の調子がどんなに良くても4日以上は継続しないように注意してください。

4日以上行うと体は飢餓状態になってしまいますよ。

長期の断食後には少しでも栄養を逃さないようにと溜め込む体質になってしまう可能性があります。

その結果、太りやすくなると言われているのです。

ダイエットよりもデトックスが目的とはいえ、太りやすい体質になるのは困りますよね。

自分の体を守るためにも期間は守りましょう。

激しい運動は控える

水分だけで過ごす断食中に激しい運動はしない方がいいですよ。

塩分を抑えている状態なので、激しい運動による発汗で必要な塩分まで減ってしまいます。

結果として重篤な症状をきたす恐れもあるため、断食中はゆったり過ごすことを心がけましょう。

しかし断食中ずっと家に居ると、つい食べ物のことばかり考えてしまいそうですよね。

そんな時は気分転換に散歩してみるのはいかがでしょうか?

心地いいと感じる程度の運動やリラックスできるストレッチ、ちょっとした筋トレなどはデトックス効果を高めてくれるのでおすすめですよ。

断食2日間で得られる効果は?6つのメリットを解説

2日でできるならやってみようかと思ったけれど、6日もかかるならやめておこうかな…。

そう思ったそこのあなた!それはちょっともったいないかもしれませんよ。

ここでは断食によって得られるメリットとダイエット効果の有無について解説していきます!

断食の効果は6つも♪体が喜ぶ嬉しいメリットとは

断食にはデトックスを含む6つの効果があるのです。

得られる効果がわかればきっとやってみたくなりますよ♪

断食で得られる6つの効果
  1. デトックス効果
  2. 便の排出
  3. 美肌効果
  4. 水分摂取による代謝アップ
  5. 消化器官の休息
  6. 脳の疲労回復

デトックス効果

断食中は普段よりも多くの水分を摂取するよう心がけるため、尿として排出される量も増えますよね。

その結果、デトックス効果が高まると言われていますよ。

さらに断食は、日頃り過ぎていた塩分を排出することにもつながります。

むくみの軽減や冷え性緩和の効果が期待できますよ。

便の排出

体の中に溜まった老廃物で1番高い割合を占めるのが便です。

断食で完全に空腹の状態を作ると「モチリン」と呼ばれる酵素がでます。

そのモチリンがぜん動運動を活性化させることで便通が良くなるので、便秘も解消されます。

また、水分を摂取することによって腸の中に水分を多く取り込むことが可能です。

その結果、腸内に残った滑りが良くない硬い便も、軟らかく出やすい状態に整えられるのです。

老廃物が排除されることで元気になった消化器官は、エネルギーを消費するようになり基礎代謝も向上しますよ。

美肌効果

水分をしっかり摂ることで、血液の流れを改善する効果があると言われています。

血液の流れが改善すれば、肌や臓器に必要な栄養を届けやすくなるのです。その結果肌の血色が良くなる効果が期待できますよ。

そもそも、美肌を手に入れるためには肌のターンオーバーを促すことが大切です。

体に老廃物を溜め込んで腸が荒れている状態では、ビタミンやミネラルが上手く吸収されず肌にも栄養が届きづらくなります。

腸の消化能力が低下して便が体に残った状態が続くと、腸内に悪玉菌が増えてしまうのです。

悪玉菌によって有害物質が作られ、それが体内を巡ると肌荒れにも直結します。

2日間の断食を行うことで便秘が解消されると体内の毒素も一緒に排出されるので、結果的に美肌効果にもつながるということですね♪

実際に体験した人の感想として、「断食をしたら肌がつるつるになった!」という声もあるんですよ。

私も断食をしたことがありますが、確かに肌がつるつるになり、脂性肌の改善も見られましたよ。

しわが目立たなくなって、肌にハリがでてきたような気がする♪

ニキビが減って、肌の調子が少しよくなってきた!

実体験からこの感想にも納得です!肌荒れに悩んでいるあなたは一度試す価値ありですよ。

水分摂取による代謝アップ

水分を体内に取り入れると、血液の流れがスムーズになって内臓の働きも活発化するので代謝が上がります。

代謝が上がると体が温まり、筋肉に血流が促されるので効率的に鍛えられるのです

筋肉量が増えると基礎代謝が上がり、太りにくい体作りが目指せることから断食はダイエットにもつながると言われていますよ。

消化器官の休息

普段、朝昼晩の食事と間食などをする事で私たちの腸は24時間稼働し続けています。

水だけであれば消化器官の働きが弱まるため、断食することで負担を軽減できるのです。

2日間断食を行うことで、毎日働いている胃腸を休ませることができますよ。

しっかり休息がとれた消化器官は、断食後再び活動する際に本来の力を発揮しやすくなります。

脳の疲労回復

断食することで消化吸収にエネルギーが使われないため腸が休まり、脳の疲労が回復すると言われています。

また、リラックス効果を感じさせるセロトニンというホルモンは腸内で作られるので、腸内環境が改善するとセロトニンが作られやすくなるのです。

断食で何キロ痩せるの?思うように体重が減らない理由

私は2日間で2.5kg痩せたから、無理しないレベルなら定期的にやったほうがいいかも!

このように2日間の断食経験者からは、1.5キロ〜3キロ程度痩せるという意見が多く見られます。

3キロ痩せると少し顔回りもスッキリし、周りの人にも「痩せた?」と聞かれることもあるかもしれませんね。

確かに体重として2キロ程度は減りますが、2日間の断食で体脂肪が減るかというとそうではありません。

これはほとんどが排泄物と水分が抜けただけなのです。

断食は食生活の改善やデトックス、胃腸を休めることなどが目的なので、残念ながら本当の意味で痩せることはできません。

ですからあまり体重が減らなくても落ち込まないでくださいね。

断食ではデトックス効果や美肌効果が期待でき、体の中からきれいになることが重要なのです。

まとめ

  • 人には体内に蓄えたタンパク質を食べて栄養源にする「オートファジー」という自食作用が備わっているため、2日間断食しても栄養不足で倒れる可能性は低い
  • 成長期の子供もしくは高齢で健康ではない場合または体力がない場合は水だけの断食をしてはいけない
  • ダイエットを1番の目的としている場合や近いうちに妊娠したいと考えている場合には断食は向いていない
  • 断食は食事を一切とらずに水だけで過ごす方法で、ファスティングは一部の食事が可能な手軽にできる方法という違いがある
  • 断食の前後には準備食を食べる「準備期」と回復食を食べる「回復期」が必要
  • 断食している2日間は、必ず1日2リットル以上の水分を摂ることを心掛ける
  • 回復期は胃腸に負担をかけないために流動食から少しずつ普段の食生活に戻していく
  • 断食にはデトックスや美肌効果、便秘の改善、脳の疲労回復など6つの効果が期待できる

断食にはありがたい効果がたくさん期待できることがわかりましたね。

2日も水だけと聞くと抵抗があるかもしれませんが、毎日働いてくれているあなたの胃腸もたまには休ませてあげましょう。

ただし無理は禁物です。正しいやり方でうまく取り入れるといいですよ。

あなたの断食が無事に成功することを願っています♪

広告

コメント

タイトルとURLをコピーしました