看護師が転職後1ヶ月で辞めるのはOK!リスクを軽減する面接のポイント

お役立ち情報

看護師として、合わない職場で働くのは、とても苦痛に感じますよね。

転職したけど、この職場は私には合わなくて毎日辛い…。でも1ヶ月で辞めるのは、さすがに早すぎるかなぁ。

確かに、看護師が転職して1ヶ月で辞めるとなると、早すぎるのではと不安な気持ちになりますよね。

ですが、1ヶ月で辞めるとしても、転職をして新たな環境を見つけた方が良い場合もありますよ!

私も病院勤務ですが、過去に何度も転職しているので、思い悩む気持ちはとてもよくわかります。

確かに短期間で退職すると、その後の再就職先が決まりにくくなるリスクはあります。

しかし、ポジティブな転職理由を伝えて解決できる場合もありますよ。

看護師が1ヶ月で辞めるときに必要な情報をチェックして、新たな一歩を踏み出しましょう♪

\大変なお仕事だらこそ、休息は大事です★求人数12万件!きっとあなたに会う職場が見つかります/

お休みがちゃんともらえる病院に転職したい!全国12万件の求人から探せる【看護師求人EX】

看護師が転職して1ヶ月で辞めるのはOK!

看護師が転職後1ヶ月で辞めると聞くと、悪いイメージを持つ方も多いのではないでしょうか。

意外に思われるかもしれませんが、転職して1ヶ月以内で退職を考える方は珍しくありません。

実際に、Yahoo!知恵袋でも看護師として転職したものの、すぐに辞めたいという多くの声が投稿されています。

看護師4年目です。辞めたいです。

結婚を機に転職をし一週間ほど経過しました。

私は以前NICUで働き、成人病棟へ転職しました。

いざ、業務をしてみると、赤ちゃんとは違い、高齢者ばかりなのでいろいろ戸惑うことが多いです。

職場での教育はとても良くしてもらっているのですが、私自身そこで一生働きたいという意欲が湧きません。

できたら新生児、乳児、幼児の看護に戻りたいとも考えるようになりました。

また、業務のギャップも大きく、点滴のダブルチェックなども行いません。

1週間で辞めたいと思うのは早いと思いますが、どうすればいいでしょう。

読みにくい文章ですいません。

引用 Yahoo!知恵袋

仕事やっぱりやめたほうがいいでしょうか?

転職して1ヶ月目、女だらけの職場です!

前から居る看護師が私の事を嫌っています。

新しく入社した人をいじめるのが習慣らしく、私も細かい事でいろいろ言われているみたいです!

前からいる方に教えてもらいましたが、全員の方々は私の見方をしてくれてますが、辛いです!(原文ママ)

こんな事で辞めたいなんていい年した男が情けないでしょうか?

引用 Yahoo!知恵袋

看護師として転職し、1ヶ月で辞めることを考えているのは、あなただけではありませんよ。

心や身体を壊してまで、今の職場で働き続ける必要はありません。

「もうこれ以上は耐えられない」と感じたら、転職を考えましょう。

また、次のようなケースも、辞めたいと思うようであれば転職をおすすめします。

  • 試用期間中である
  • 簡単な業務のみを任されている
  • パワハラやセクハラなどのハラスメントの被害を受けている
  • 採用時に通知された労働条件と実際の労働条件が違う

ただし、新しい職場に慣れていないことが辞めたい理由であれば、しばらく仕事を続けるようにおすすめします。

なぜなら、転職先でもそれと同じ悩みを抱える可能性があるからです。

次は、看護師が退職を検討したほうが良いケース、もう少し今の職場で仕事を続けた方がよいケース、それぞれのパターンを紹介します。

あなたの悩みに当てはまるものがあるか、探してみてくださいね。

転職した直後であっても退職を考えたほうが良いケース

次のような場合は「辞めたい」と感じたら、転職して1ヶ月以内であっても退職を考えましょう。

試用期間中である場合

試用期間中の転職であれば、入職して1ヶ月以内であっても問題ありません。

試用期間とは、会社と労働者それぞれが、その会社で問題なく勤務できるかを見極める期間です。

この期間内に「これ以上は続けられない」と感じるようであれば、転職を考えましょう。

簡単な業務のみを任されている場合

入職から1ヶ月であっても、簡単な業務のみを任されている場合は退職しやすいです。

看護師が入職した直後に重要な仕事を任される場面は少ないので、辞めたとしても会社に与える影響は少なく済みます。

この場合も1ヶ月で辞めるとしても問題は起きにくいので、退職を考えやすいですね。

パワハラなどのハラスメントの被害に合っている場合

あなたがパワハラやセクハラを受けているのであれば、すぐに転職を考えましょう。

パワハラは、気力低下や不安などを起こす心理的ストレス反応や、うつ病などの原因になります。

しかし、最近はパワハラやセクハラを問題視する会社も多いです。

そのため、まずは次のような会社関係者への相談をおすすめします。

  1. 職場の同僚
  2. 上司
  3. 社長・院長・施設長
  4. 人事担当者
  5. 相談窓口

それでも解決しない場合は、労働基準監督署、労働組合などの外部機関の相談窓口も利用できますよ。

1度体調を崩すと、回復までに長い期間が必要になる場合もあります。

パワハラやセクハラが続く場合は、身体を壊す前にぜひ転職を考えてくださいね。

事前に知らされた労働条件と実際の労働条件が違う場合

採用時に知らされる労働条件と実際の労働条件が違う場合も、転職を検討しましょう。

労働条件は採用時に交付される「労働条件通知書」でチェックできますよ。

この労働条件通知書の内容と、実際に働き始めてからの労働条件が違うときが、まれにあります。

そのような場合、労働者はその場で退職できると労働基準法で定められています。

事前に聞いていた労働条件と、実際の労働条件が違うと「こんなはずじゃなかった!」と感じますよね。

そのような事実に気づいたときは、早めに会社や労働基準監督署に相談しましょう。

そして、労働条件を守っている他の会社、病院、施設などへの転職を考えてくださいね。

\大変なお仕事だらこそ、休息は大事です★求人数12万件!きっとあなたに会う職場が見つかります/

お休みがちゃんともらえる病院に転職したい!全国12万件の求人から探せる【看護師求人EX】

今の職場でもう少し様子を見た方がよいケース

次のような理由で転職を考えている場合は、3ヶ月〜6ヶ月程度、仕事を続けて様子を見るようおすすめします。

  • 同僚の看護師の輪に入れず、なじめない
  • 話しかけづらい雰囲気があり、うまくコミュニケーションが取れない
  • 新しい仕事をなかなか覚えられない
  • その職場独自のルールに慣れない

新しい環境は、知らないことも多くストレスも溜まりがちですよね。

これらの悩みは、そのような新しい職場に慣れていないことが原因で生まれる場合が多いです。

そのため、転職してもまた同じ悩みを抱えてしまう可能性があります。

思い切って1歩を踏み出すのですから、「転職してよかった!」と思いたいですよね。

一般的に、人が新しい環境に慣れるまでの期間は3ヶ月〜6ヶ月と言われています。

そのため、新しい職場ならではの悩みがある場合は、3ヶ月〜6ヶ月ほど様子を見るようおすすめします。

しかし、心身に不調を来すほど思い悩んでしまう場合は、転職を考えてくださいね。

あなたの心と身体を、1番大切にしてください。

看護師が転職するリスクは2つ!成功のポイントは?

転職してすぐの退職には、2つのリスクを伴う可能性があります。

そう言われると、なんだか転職はやめた方が良い気がしてくるな…。

リスクがあると言われると、ますます不安な気持ちになってしまいますよね。

でも、大丈夫!ある3つのポイントをおさえれば、転職成功にグッと近づきますよ。

ここでは、看護師の転職で生じる可能性のあるリスクと、転職成功の3つのコツをお伝えします。

リスク1すぐに辞めそうなイメージを持たれやすい

1ヶ月で辞めた経歴があると、応募先の採用担当者に「就職してもすぐに辞めるのでは?」といった印象を持たれやすくなります。

転職して1ヶ月で辞めたとしても、履歴書には記載しなければなりません。

企業も、病院、クリニックも、一般的には長く働いてくれる人材を求めています。

そのため「すぐに辞めそう」といったイメージを持たれると、選考を通りにくくなる可能性があります。

短い期間で退職した経歴を気にする採用担当者は多いので、注意が必要ですね。

リスク2看護師としてのスキルが身につきにくくなる

短期間で退職してしまうと、その職場で看護師として求められる新しい知識や技術を得ないまま辞めることになってしまいます。

病態や薬剤の知識、処置やケアの技術は、経験を重ねながら少しずつ身につきます。

看護師が1ヶ月で辞めると、そのようなスキルを身につけるチャンスを逃す可能性があります。

面接で「前職で何を学びましたか?」といった質問をされる場面も多いです。

そんな時も、答えに困ってしまう可能性がありますね。

転職を成功させるポイントを3つチェックしよう!

転職して1ヶ月で辞めるとなると、どうしても「再就職先が見つからないのでは」という不安を抱えてしまいますよね。

リスクのある短期での転職を成功させるポイントは、次の3つです。

  • 転職したい理由を分析する
  • 求人情報を読み込む
  • 応募先を知る

あなたの転職活動に活かせるよう、それぞれをチェックしてみましょう!

成功のポイント1転職したい理由を分析する

転職して1ヶ月で辞めるとなると、今の職場に何かしらの不満を持っているはずです。

転職活動では、今の会社の、どんなところが、どのように不満なのかを、分析して具体的に知っておくことが大切です。

「なんとなく嫌だな…」といったあいまいな理由で転職活動をすると、面接で転職理由を聞かれても、具体的に伝えることができません。

そうすると、採用担当者に「すぐに辞めそう」といったイメージを持たれやすくなります。

不満に思う理由を分析することは、転職して1ヶ月で辞めるリスクを軽減するチャンスですよ。

成功のポイント2求人情報を読み込む

2つ目の成功のポイントは、求人情報を読み込むことです。

転職サイトでは、様々な条件の求人票を読むことができます。

たくさんの求人票を読むことで、自分が求めている応募先の条件に気付くことができますよ。

求人票を読むときは、次の情報に注目しましょう。

  • あなたが今の職場に持つ不満は、求人票にあるどのような条件で解消できるか
  • あなたが譲れる条件、譲れない条件は何か

特に大切なのは、今の会社への不満は、求人票にあるどの条件で解消できるかを知ることです

その条件を知ったうえで会社を選ぶと、お互いに求める条件が一致し、あなたの不満を解消できる会社を見つけやすくなります。

求人票から具体的な希望の条件を探すことは、あなたと応募先の会社、それぞれのメリットとなる大切なポイントですよ。

成功のポイント3応募先を知る

3つ目の成功のポイントは、応募先の詳しい情報を細かく知ることです。

求人票で労働条件を知ることはできますが、そこに載っていない職場の情報は、他にもたくさんあります。

求人票に載っていない情報の例
  • 働いている看護師の年齢層
  • 看護師の平均的な勤務年数
  • スタッフステーションや働く看護師の雰囲気
  • 日勤、夜勤それぞれで看護師一人当たりが担当する患者数
  • 平均残業時間
  • 有給休暇の取得率
  • 入職後の業務引継ぎの流れ
  • 社内・院内研修の有無と頻度

これらの情報は応募先への質問や、職場見学で知ることができます。

求人票の情報だけでは、応募先で今の職場への不満が解消できるかわからない場合もありますよね。

転職するときは職場見学をお願いし、気になる点は積極的に採用担当者に質問をしましょう。

そこで知った情報を志望動機や転職理由に活用すると、応募先で働く意欲をさらにアピールすることにつながりますよ。

そして何より、転職直後に「こんなつもりじゃなかった」とギャップに苦しむ可能性低くなります。

応募先の詳しい情報を知ることは、転職成功への大きな一歩ですよ。

 

\大変なお仕事だらこそ、休息は大事です★求人数12万件!きっとあなたに会う職場が見つかります/

お休みがちゃんともらえる病院に転職したい!全国12万件の求人から探せる【看護師求人EX】

看護師が転職する時の面接で押さえておくポイント2つ

看護師の転職活動で「すぐに辞めるのでは」と思われるリスクは、面接でどのような転職理由を伝えるかで軽減できます。

転職理由は目標や意欲、事実を挙げて、積極的に採用担当者に伝えましょう。

あなたの誠実さが伝わり、信用アップに繋がりますよ。

でも、どう考えてもポジティブに言い換えるのは難しいよ…。

確かに、どうしてもマイナスの印象を与えてしまう理由もありますよね。

特に、短期間で転職するときはネガティブな理由が原因の場合が多いので、ますますどのように伝えるべきか迷います。

そのようなときでも、不満や非難、悪口などのマイナスな理由は伏せましょう。

志望している職場になぜ惹かれたのかを考えてみると、ポジティブな転職理由も見つけやすいですよ!

なぜそこに転職したいのかを、よくよく考えてみると良いのね!

転職理由が意欲的であるほど、短期間での退職は気にならなくなりますよ。

次は、面接で使える転職理由のポイントを、実例を交えて紹介します。

面接で伝えたほうがよいのは目標と意欲と事実

面接で転職理由を伝えるときは、プラスの理由に言い換え、ポジティブな面に注目すると、採用担当者に良い印象を与えやすいです。

また、マイナスではない事実は、そのまま採用担当者に伝えましょう。

看護師のポジティブな転職理由の実例を見てみましょう!

例文1 プラスの理由を伝える

私は将来、高齢者の在宅看護を行うことを目標としていました。

しかし就職するときに「病院でしっかりと経験を積むと、よりよい在宅看護ができるのでは」と思い、〇〇病院へ就職いたしました。

ですが、もっと高齢の患者さんや利用者さんとじっくり向き合う看護をしたいという思いが消えず、この度の転職を決めました。

療養病棟と在宅部を併設しておられる貴院に魅力を感じ、志望いたしました。

病院や地域の高齢者のお力となれるよう、勤めていきます。

例文2 やむを得ない事情をそのまま伝える

夫が転勤となり、引越しを機に退職をしました。

当分転勤はありませんので、末永く勤めていきたいと思います。

前職で体調を崩して療養していた場合でも、正直に伝えましょう。

隠していてあとで知られるよりも、先に療養していたことと、すでに回復していることを伝えることが大切です。

例文3 体調を崩した事実を伝える

〇〇病院では交替勤務をしていましたが、夜勤で体調を崩したため、退職してしばらく療養しておりました。

体調も十分に回復しましたので、日勤で働くことができる貴院で、末永く勤めさせていただきたいと思っています。

このように、ポジティブに言い換えてプラスのイメージの文章を挟むだけでも、印象は違いますよね。

事実やプラスの転職理由を採用担当者に伝えるのは、転職成功のポイントですよ♪

面接で伝えない方がよいのは不満と非難と悪口

転職理由として、前の職場をとがめるような不満や非難、スタッフの悪口を伝えるのはおすすめできません。

このような伝え方は「辞めた理由を人のせいにしている」といった印象を与える可能性もあります。

おすすめできない、ネガティブな転職理由の実例もチェックしてみましょう。

例文 マイナスな転職理由

上司の看護師が自分の機嫌によってコロコロ態度を変える人でした。

ナースコールも取らず、他の看護師の仕事もやらされるせいで、残業することもしょっちゅうでした。

他のスタッフの問題はどうしようもできないので、転職しようと思いました。

たとえこのような理由が事実であったとしても、応募者によい印象を持つのは難しいですよね。

ネガティブな情報はできる限り伏せて伝えましょう。

面接ではポジティブな転職理由を積極的に採用担当者に伝え、あなたの意欲をアピールしてくださいね!

そうすれば、転職して1ヶ月で辞めたとしても、再就職の成功に近づきますよ♪

まとめ

  • 看護師が転職して1ヶ月で辞めるのはOK
  • 試用期間中や簡単な業務のみを任されている場合は転職を検討しやすい
  • パワハラ、セクハラなどのハラスメントを受けている場合は、転職を検討する
  • 労働条件通知書に記載された労働条件と、実際の労働条件が違う場合も転職を検討する
  • 新しい職場に慣れないといった理由で転職を考えている場合は、3ヶ月~6ヶ月ほど様子を見るのがおすすめ
  • 看護師が転職して1ヶ月で辞めるリスクは、転職活動で選考を通りにくくなり、スキルアップのチャンスを逃す可能性があること
  • 転職成功のコツは、転職したい理由の分析、求人情報からの希望条件の把握、応募先を理解すること
  • 転職理由は「意欲、目標、事実」を積極的に伝え「不満、非難、悪口」は伏せる

看護師が転職して1ヶ月で辞めると「再就職できないのでは」と不安に感じるかもしれません。

しかし、このようなポイントをおさえることで、再就職できる可能性はグッと上がりますよ。

苦痛に耐えながら働いたとしても、1度心や身体を壊すと、その後はさらに働くことが難しくなります。

仕事を大切にする気持ちはとても素晴らしいですが、どうかあなたの心と身体を1番に思いやってくださいね。

看護師としてあなたが活き活きと働けるよう、私も応援しています。

 

\大変なお仕事だらこそ、休息は大事です★求人数12万件!きっとあなたに会う職場が見つかります/

お休みがちゃんともらえる病院に転職したい!全国12万件の求人から探せる【看護師求人EX】

コメント

タイトルとURLをコピーしました