着る毛布の夏用は3つのポイントから選ぼう!おすすめ商品もご紹介♪

お役立ち情報
広告

暑い夏を乗り切るにはエアコンの冷房がかかせない!

暑い夏に、涼しい部屋でのんびりするのは最高ですよね。でも、ふと気になってしまうのが体の冷え。

体が冷えすぎると、逆に夏バテしたり、運が悪ければ夏風邪を引いてしまったりすることもあります。

せっかくいろいろなイベントがある夏なのに、体調を崩してしまったら楽しめませんね。そこで活躍するのが、着る毛布の夏用です。

着る毛布って聞いたことある!けど、どれがいいのかよく分からないなー。

着る毛布の夏用を選ぶときのポイントは、素材、タイプ、機能性の3つがあります。

この記事では、着る毛布の夏用の選び方やおすすめの商品、人気ショップの着る毛布の特徴などをご紹介します。

あなたにぴったりの着る毛布を選んで楽しい夏を過ごしましょう!

広告

着る毛布の夏用を選ぶときのポイントは3つ!

着る毛布の夏用を選ぶときのポイントは以下の3つです。

着る毛布の夏用を選ぶポイント
  • 着る毛布の素材の特徴から選ぶ
  • 着る毛布のタイプから使いやすいものを選ぶ
  • フード、ポケット、ボタンなどの機能性から選ぶ

3つのポイントについて、1つずつ詳細を見ていきましょう。

着る毛布の素材の特徴から選ぶ

着る毛布は夏用に限らず、全般的にマイクロファイバーやフリースといった素材からできています。

夏用の着る毛布として、あなたに合う素材なのかどうかを確認するのは重要です。

ここでは代表的な素材4つとその特徴をご紹介しますね。

マイクロファイバー

マイクロファイバーとは合成繊維の1つで、原料は主にポリエステルやナイロンなどが使われています。

マイクロファイバーの一番の特徴は、繊維の細さです。

生地の肌触りは繊維が細ければほそいほどやわらかい感触になりますが、マイクロファイバーの繊維の細さは直径8マイクロメートル以下となっています。

これは、髪の毛の100分の1以下の細さなので驚きですね!

マイクロファイバーのブランケットを持っていますが、やわらかくてなめらかな肌触りでとても気持ちがいいですよ!

また、マイクロファイバーは繊維の表面がギザギザしており、ギザギザの隙間に水分を吸収できる構造にもなっています。

以上の素材や構造によって、マイクロファイバーには3つのメリットがあります。

■水分を吸収しやすいうえに、すぐに乾く

先ほどご紹介した特徴のとおり、マイクロファイバーは繊維にたくさん隙間があるため、水分を効率よく吸収します。

水分を吸収するのと同時に、水分が広がって蒸発する効果があるため早く乾くようにもなっています。

洗濯機で脱水しなくても、軽く絞っておけばすぐに乾くので使いやすいですね。

キッチンのふきんとしてマイクロファイバーのミニタオルを使っていますが、乾きやすいのでとても助かっています♪

■軽くてあたたかい

繊維にたくさん隙間あると、水だけでなく空気もたくさん含むことができます。

空気をたくさん含んでいると、あたたかさを保つ効果が高くなります。羽毛布団と同じイメージですね。

この特徴によって、マイクロファイバーは毛布や冬服などにも使われるようになりました。

■価格が安い

使いやすい機能がたくさんありながら価格が安いところも、マイクロファイバーのメリットといえます。

機械で大量生産ができるため、品質にバラつきが出にくい素材でもあります。

綿素材と比べると、約2分の1~5分の1の価格で購入できるのでお得ですね。

しかし、こんなに便利なマイクロファイバーにもデメリットが3つあります。

□熱に弱い

マイクロファイバーの原料であるナイロンやポリエステルなどは、熱に弱い繊維でできています。

高熱に弱いため、熱湯消毒やアイロンがけ、乾燥機の使用はできません。

直射日光に当てるのも、劣化する恐れがあるため避けましょう。

□やわらかいものや肌を傷つける恐れがある

マイクロファイバーは肌触りがやわらかく感じられますが、繊維の表面は細かくとがっています。

そういえば、乾燥で肌がガサガサしているときに、肌にひっかかる感触があったかも…。

それは、マイクロファイバーの繊維が細かいため、肌に引っかかってしまっていたということですね。

そのため、乾燥肌で肌がガサガサになりやすい場合にはあまりおすすめできません。

□汚れがたまりやすい

マイクロファイバーは繊維が細かいため、皮脂などがたまり雑菌が増えやすくなります。

タオルとして使用する場合はマメな洗濯が必要になりますが、着る毛布として使用するのであればそこまでたくさん洗濯しなくても大丈夫かと思います。

ただし、洗うときは先ほどご紹介した通り熱に弱いため、乾燥機の使用は避けましょう。

フリース

フリースには、ポリエチレンテレフタラートという石油が原料の素材が使用されています。

本来は羊1頭から刈りとられた、ひとつながりの羊の毛皮のことを意味する言葉でした。

化学繊維の服が一般的になってからは、100%合成された素材がフリースの主流になっています。

もともとはアウトドア用品として人気が広まった素材ですが、しだいに普段着や日用品としても幅広く使われるようになっていきました。

そのような成り立ちのフリースには、以下の3つのメリットがあります。

■保温・通気にすぐれていて乾きやすい

フリースは起毛加工されている素材のため、保温性が高く、通気性にもすぐれています。

繊維の隙間にある空気の層によって熱を逃さず、冷たい外気を遮断してくれるのです。

通気性がいいので、汗をかいても不快感がなく、乾きやすいという特徴があります。

■肌触りがやわらかい

フリースは合成された繊維の1つひとつが起毛しているため、とてもやわらかでなめらかな肌触りになっています。

羊毛を意味するウールと比較しても、やわらかさは負けないくらいです。

また、ウールでは肌がチクチクしてかゆみを感じる場合でも、フリースであればかゆいといった刺激がありません。

冬のニットはチクチクしがちだけど、フリースなら肌が弱くても大丈夫そうだね!

■軽くて丈夫

フリースの原料に使用されているポリエチレンテレフタラートという素材は、強度と軽さを兼ねそなえています。

軽いため、持ち運びやすいのもうれしい点です。

有名ブランドの商品など高価なものがありますが、丈夫で長く愛用できるため、コスパがいいですね。

そんなフリースにも、静電気が起きやすい、火気に弱い、毛玉ができやすいといったデメリットがあります。

特に、静電気が起きやすいというのが最大のデメリットといえます。

毛布や洋服の素材にはプラスの電気とマイナスの電気をためやすいものがあり、プラスとマイナスの服を重ね着すると静電気が起きやすくなってしまうのです。

フリースはマイナスの電気をためやすい素材にあたります。

そのため、着る毛布として使用する場合はプラスの電気をためやすい服を着ると静電気が起こりやすくなります。

プラスの電気をためやすいのは以下の素材の服なので、この素材の服をよく着る場合は注意が必要ですね。

プラスの電気をためやすい素材
  • ナイロン
  • ウール
  • レーヨン
  • 絹・シルク

ちなみに、綿はプラスの電気もマイナスの電気もためにくい素材です。

部屋着が綿素材であればフリースの着る毛布も扱いやすいですね。

フランネル

フランネルとは、紡毛(ぼうもう)という短い羊の毛からできた糸を使った毛織物のことです。

「ネル」という略称で呼ばれることもあります。

きめ細かい生地で肌触りがよいため、化学繊維のゴワゴワした質感が苦手な場合にもおすすめの素材です。

やわらかいうえに軽くて弾力性もあるため、着る毛布だけではなくパジャマなどの生地にもよく使われています。

デメリットとしては起毛しているため、摩擦に弱く毛玉ができやすいという点があります。

毛玉を無理やり取ると、繊維が絡まってあらたな毛玉ができてしまうため、毛玉取り機かハサミでとるようにしましょう。

ポリエステル

ポリエステルとは、ポリエステル糸または繊維を使用して作られる布や織物を指します。

原料には先ほどのフリースと同じくポリエチレンテレフタレートが使われていますが、ポリエステルは起毛加工等がされていないという違いがあります。

化学繊維の中でもポリエチレンは特に価格がとても安いのが特徴です。

また、家で洗濯機を使って洗えるため、扱いやすさもメリットといえますね。

乾きやすい素材でもあるので、汚れても気にせずガンガン洗えます。

デメリットは、吸湿性が低いため、蒸れやすいという点です。

ポリエステルのような化学繊維は一般的に吸湿性が低いため、汗を充分に吸い込んでくれない素材になっています。

ただし、冷房対策のための夏用の着る毛布であれば、汗をかく状況ではないと思いますのでそれほど気にしなくてもよいと思いますよ。

着る毛布のタイプから使いやすいものを選ぶ

着る毛布には上半身だけあたためる短い丈から、全身をあたためる長い丈などさまざまなタイプがあります。

ここでは着る毛布の主なタイプを4つご紹介しますね。

ポンチョタイプ

ポンチョタイプは丈が短いため、上半身をあたためやすくなっています。

全身を包むタイプではないため、着る毛布を着たまま動きやすいのがメリットです。

頭からすっぽりとかぶることができるので、洋服のうえからでも着用しやすくなっています。

首まわりもしっかりとガードしてくれるので、よりあたたかさを感じられますね。

ガウンタイプ

ガウンタイプはポンチョタイプより丈が長いため、からだ全体をあたためることができます。

丈のイメージとしてはバスローブくらいですね。

さっと気軽にはおることができるので、室温に合わせて着脱しやすいです。

そでから手を出すことができるため、何か作業するときでも邪魔にならないのがうれしいですね。

着たままストレスなく動き回りたい場合は、はだけにくいようにボタンやファスナーがついたものを選びましょう。

つなぎタイプ

足先までの全身を包むつなぎタイプは、冷気が入りにくく、全身をあたためることができます。

これぞ着る毛布!っていうタイプだね。

ただし、着脱しにくいというちょっと面倒な点もあります。

トイレに行くときは脱がなくてはいけない商品もあるため、手間を感じるかもしれません。

ルームウェアタイプ

ルームウェアのように着られる毛布であれば、ボタンやジッパーがあるので着脱が楽です。

パジャマとしても使えるので、そのまま寝たり、リラックスしたりしやすいのがうれしい点ですね。

フードとポケットやボタンなどの機能性から選ぶ

着る毛布はただの毛布としての役割だけではなく、より便利になる機能性を兼ねそなえているものもあります。

例えば、家の中で常に身に着けておきたいものがある場合は、ポケットがあれば入れておくことができます。

私だったらスマホを入れておきたいな!部屋着にポケットがなくても、着る毛布にあれば便利だね♪

また、フードがついていれば、首と顔周りの寒さ防止になります。

そで口にゴムがついていれば腕まくりができるため、着たまま家事をすることもできます。

他にもいろいろな機能性をそなえた着る毛布もあるので、あなたにとって便利な商品を探してみてくださいね。

広告

着る毛布にはメンズ向けの商品もある

着る毛布はレディース向けというイメージがありますが、メンズ向けの商品もあります。

メンズ向けの着る毛布の特徴には、丈が長い、デザインがシンプル、機能性にすぐれているといったものがあります。

冒頭で夏場の体の冷えについて話しましたが、これは男性にも当てはまります。

夏場は男性もかくれ冷え性になりやすいのです。

え?手足はあたたかいから冷え性じゃないと思うけどなぁ。

かくれ冷え性とは、別名で内蔵型冷え性といいます。

手足はあたたかいにもかかわらず、下腹部を触ると冷えていたら、内蔵型冷え性の危険サインです。

内蔵型冷え性の原因には、冷たい食べ物や飲み物をたくさんとったり、エアコンの冷房で体を冷やしすぎていることなどがあげられます。

そのまま放置しておくと、体が疲れやすくてだるくなったり、便秘や下痢などのお腹の不調につながったりしてしまいます。

着る毛布を使うと、エアコンの冷房によって体が冷えすぎてしまうのを防ぐことができますよ。

内蔵型冷え性にならないように、メンズ向けの着る毛布も活用していきましょう!

着る毛布のおすすめ商品を5つご紹介♪

メンズ向けの着る毛布もあることがわかったところで、こちらでは着る毛布の夏用のおすすめ商品を5つご紹介します。

さまざまな着る毛布があるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

おすすめの着る毛布その① アイリスオーヤマ fondan 着る毛布

アイリスオーヤマの「fondan 着る毛布」は、フランネルマイクロファイバーという素材を使用しており、軽くてあたたかいのが特徴です。

生地が薄めなので、冷房対策として着る毛布にぴったりといえます。

サイズはS、M、Lの3サイズから選べるので、自分に合った丈を選ぶことができますよ。Lサイズは着丈が167cmなので、男性にもおすすめです。

また、椿オイルや静電気防止処理剤が生地に練りこまれているため、肌の乾燥と静電気を防いでくれます。

自宅の洗濯機で洗えるので、お手入れが楽なところも魅力的な着る毛布です。

おすすめの着る毛布その② Dingshou store ひざ掛け ブランケット

¥1,966 (2022/06/23 12:38時点 | Amazon調べ)

表は手触りのいいフランネル生地、裏はもこもこのボアになっているブランケットです。

ボタンがついているので、ひざかけだけではなく腰に巻いたり、肩に巻いたりすることができます。

体の冷えやすい部分に合わせて形を変えられるのはとても便利だね!

重さは約250gで、コンパクトにたたんで持ち運べるのもうれしい点ですね。

夏の冷房対策だけではなく、一年中使える便利な着る毛布です。

おすすめの着る毛布その③ スリーパー ロング丈

寝具の専門店 リヴェール
¥2,780 (2022/06/23 13:32時点 | 楽天市場調べ)

スリーパーというと、赤ちゃんにパジャマの上から着せるものというイメージですが、こちらは大人用のスリーパーです。

肩からお尻、ももまで、冷えやすい部分をしっかりカバーできるロング丈になっています。

ベストのようにそでがないため、アクティブに動き回りたい場合におすすめです。

表はフランネル、裏はマイクロファイバーになっているため、軽いうえに毛布のようにあたたかく感じられます。

ポケットがついているので、スマホなどちょっとしたものを入れておけるのも便利ですね♪

おすすめの着る毛布その④ incoleni 着る毛布 ポンチョ

表はマイクロファイバー、裏はもこもこのボアになっている着る毛布です。

薄手ですが濃密な生地により冷気を通さないため、夏の冷房対策にも使えます。

ちょっとしたものを入れられるポケットがついているので、機能性もばっちりです。

ボタンもついており、とめるとポンチョや腰巻きとして、外すとひざかけとして使用することができます。

おすすめの着る毛布その⑤ GROONY room wear 上下セット

着る毛布のブランドとして有名なGROONY(グルーニー)のルームウェアタイプの着る毛布です。

トップスとパンツが分かれているため、別々に着ることができますよ。

生地には独自のグルーニーファイバーが使われており、マシュマロのようにふわふわでとろけるような肌触りになっています。

レディースサイズだけではなくメンズサイズもあるので、男性にもおすすめですね。

着る毛布について調べた中で私が気になったのは、ひざかけだけではなく、肩や腰に巻いたりできるような多機能なものでした。

使っていないときは、たたんでコンパクトに収納しやすそうなところも好印象でした。

私はやっぱりポケットがほしいな!自分の中で優先順位が決まったね。

あなたもぜひお気に入りの着る毛布を見つけてくださいね♪

着る毛布は無印とニトリやユニクロにもある!

先ほどは、ネットショップを中心としたおすすめの着る毛布をご紹介しました。

ですが、着る毛布は無印良品、ニトリ、ユニクロといった人気ショップでも販売されているので要チェックです!

こちらではそれぞれの特徴をご紹介しますね。

無印良品の着る毛布はパジャマタイプ

◆あたたかファイバー着る毛布パジャマ

無印良品で着る毛布として販売されている商品には、あたたかファイバー着る毛布パジャマがあります。

マイクロファイバーが使われているため、軽くてあたたかく、なめらかな肌触りのパジャマです。

サイズ感は、口コミを見ると少しダボッとしているようです。

部屋着の上からでも着られるので、ルームウェアとしても使えるサイズになっています。

裏地もばっちりマイクロファイバーでとにかくあたたかいようですが、夏用の着る毛布としてはちょっとあたたかすぎるかもしれませんね。

えり元にはボタンがついているため、首回りが寒いときはえりを立てて防寒することができます。

また、ズボンのすそはゴムでまくり上げることができるため、床をすらずに済みそうです。

私が惜しいなと思ったのは、ポケットがない点でした…。

口コミにもポケットがほしいというコメントがあったので、今後の改良に期待したい商品ですね。

ユニクロの着る毛布はルームウェアタイプ

ウルトラストレッチスムースセット

ユニクロで着る毛布として話題になっている商品は、ウルトラストレッチスムースセットです。

主な素材として使われているのはポリエステルです。

パジャマとしてもルームウェアとして着られるようになっており、上下セットでも単体でも着られるので、あなたに合った使い方ができます。

とろけるような肌触りとやわらかさが特徴で、ネット上ではダメ人間製造機とまでいわれるほどなので驚きです(笑)

ボトムスにウエストひもが入っていたり、ポケットもついていたりと機能的なのもポイントですね。

2022年6月現在は予約販売となっていますので、気になった方はチェックしてみてくださいね。

ニトリの着る毛布はガウンタイプ

ニトリで着る毛布として販売されている商品には、Nウォームシリーズがあります。

毎年冬に大好評で売り切れ商品が続出しているシリーズです。

ニトリの公式ホームページを確認したところ、着る毛布と称して販売されているのは、2022年6月現在では首に巻くスヌードのみになっていました。

着る毛布タイプが販売されておらず残念ですが、特徴をまとめましたので参考にしてみてくださいね。

ニトリの着る毛布の特徴
  • 主な素材はポリエステルで、ガウンタイプの着る毛布
  • 着丈は132cmのMサイズと、153cmのLサイズがあり、自分に合った着丈が選べる
  • そで口を絞って調節できるため、着たまま作業しやすい
  • 足先までカバーしてくれる足ポケットがついているため、椅子やソファに座ったときに足先を包み込むことができる
  • 着る毛布をたたむと、最後は足ポケットに収納できる仕様になっている
  • 足ポケットに着る毛布を収納した後はクッションとしても使用できる

足先まであたためられる足ポケットがついているなんて画期的ですね!

着る毛布をたたんだあとまで活用できることに驚きました。

さすがお値段以上のニトリさんの着る毛布ですね!

無印良品、ユニクロ、ニトリは実店舗だけではなくネットショップもあるので、気になったあなたはチェックしてみてくださいね。

まとめ

  • 着る毛布の夏用を選ぶポイントは、素材、タイプ、機能性の3つがある
  • 着る毛布の素材にはマイクロファイバーやフリース、フランネル、ボリステルなどがあるが、夏用として使いやすいものを選ぶのが重要
  • 着る毛布には、主にポンチョ、ガウン、つなぎ、ルームウェアの4タイプがある
  • 着る毛布には、フード、ポケット、ボタンなどの機能性により、便利に使えるものがある
  • メンズ向けの着る毛布も販売されており、内蔵型冷え性に効果的
  • おすすめの着る毛布には、ひざかけや肩かけ、腰巻きといった多機能なものもある
  • 無印良品の着る毛布はマイクロファイバー製のパジャマタイプで、部屋着の上から着られるほどゆとりのあるつくりになっている
  • ユニクロの着る毛布はポリエステル製のルームウェアタイプで、ダメ人間製造機といわれるほどのなめらかさと肌触りが特徴
  • ニトリの着る毛布はポリエステル製のガウンタイプで、足先まで包み込み、最終的には着る毛布を収納できる足ポケットが付いている

これで着る毛布の夏用を選ぶポイントはばっちりですね!

着る毛布の夏用を1つ持っておくと、少し肌寒いときや本格的な毛布まではいらないときなど、夏以外にも活用できます。

夏場は冷房対策のために使って、楽しい夏を過ごしてくださいね。

広告

コメント

タイトルとURLをコピーしました