tシャツのシワはドライヤーでも取れる!干し方やたたみ方のコツも♪

お役立ち情報
広告

お気に入りのtシャツを着て出かけようと思ったのに、シワになっちゃって着ていけない!今からアイロンは面倒だし…。

タンスに大切にしまってあったtシャツを出してみたら、シワになっていてすぐに着られないっていうこと、ありますよね。

わざわざアイロンをかけるのは面倒だし、でも、このtシャツを着て出かけたいし…。

こんな時には、誰でも持っているドライヤーを使って簡単にシワを伸ばしましょう。

ドライヤーで?と驚くかもしれませんが、ドライヤーを使ってちょっと手を加えるだけでtシャツが変わります。

それから、シワになりにくいtシャツの素材やしまい方についても合わせてお伝えします。

広告

tシャツのシワをドライヤーで伸ばすには湿り気が大切!

スチームアイロン、ずいぶん話題になりましたがご存じですか?

ここでは、そのスチームアイロンの原理を使って、ドライヤーで簡単にtシャツのシワを取る方法をお知らせします。

ドライヤーを使ったシワ取り方法
  1. tシャツはハンガーに掛ける(作業がしやすくなる)
  2. tシャツを霧吹きなどで湿らせる
  3. 軽く伸ばしながらドライヤーの風をあてて、水分を蒸発させる

tシャツを湿らせる時には、できるだけ細かい霧が出る霧吹きを使うことをおすすめします。

水分が細かい方が、繊維の中に入り込みやすいからです。繊維に入り込んだら、繊維が膨らみやすくなります。

霧吹きがない場合には、手に水をつけてしわを伸ばすイメージでたたくようにしてtシャツを湿らせると、かなり水分が入ってくれます。

時間に余裕があるなら、ぬらして絞ったタオルを電子レンジで温めてtシャツに当ててください。より細かい蒸気で繊維を膨らませることができます。

この方法で、完璧とまではいきませんが「まあ、許せるかな。」というくらいにはシワを伸ばすことができます。

ドライヤーは毎日使う人が多いので、すぐに出せるところに置いてあると思います。手軽にシワの応急措置ができます。

そもそも、なぜtシャツにシワができるかというと、「繊維のヨレ」が原因です。

縦横にお行儀よく並んでいるはずの繊維が、洗濯やタンスへの詰め込みが原因で並び方がずれることによって、シワができてしまいます。

1度繊維がずれてしまうと、ちょっと引っ張ったくらいではなかなかもとには戻りません。

戻すためには、まず繊維に水分を与えて繊維を膨らませます。膨らむと繊維がずれたり、間が開いたりしたところが均等に詰められてシワが伸びるのです。

そして、シワが伸びた状態を維持したまま、繊維を湿らせただけの不要な水分を熱の力で蒸発させます。

スチームアイロンでシワを伸ばせる原理がわかったと思いますが、この原理をドライヤーで再現しシワを取ることができます。

熱とプレスの力を両方使う普通のアイロンとスチームアイロンではシワが伸びる原理が違うのです。

広告

tシャツのシワを簡単に伸ばす方法をご紹介!

湿り気を与えることが一番大切なポイントだとお伝えしました。

シワを伸ばすためには、熱よりも水分の方が有効です。

だから、お風呂に入った後のバスルームにtシャツをつるして一晩置くのも方法の一つです。

あとは、手軽にシワ取りスプレーを使ってシワを伸ばす方法があります。シワ取りスプレーは、ドラッグストアーなどでも売っています。

スプレーするだけで簡単にtシャツのシワを伸ばすことができて、その上消臭や除菌ができるタイプもあります。なかなかのすぐれものです。

忙しいあなたこそ、1本用意しておくことをおすすめします。

シワ取りスプレーの使い方とメリット

tシャツにたっぷりとスプレーをして、生地を引っ張るようにしてシワを伸ばします。

アイロンをかけたようにバシッときれいになるとまでにはいきませんが、かなりシワが気にならなくなります。

また、シリコンや繊維潤滑剤が成分に入っているシワ取りスプレーだと、シワがつきにくくなる効果があります。

購入するときには、成分をチェックしてみてください。

香りを楽しむことができるのもうれしいですね。

シワ取りスプレーを選ぶときのポイントとおすすめ3選

たくさんの種類のシワ取りスプレーが販売されていますが選ぶときのポイントは4つです。

シワ取りスプレーを選ぶポイント
  • シリコンや繊維潤滑剤が成分に入っているか
  • 好みの香りか
  • 容器が使いやすい形か
  • 詰め替え用や携帯用があるか

このポイントを抑えたうえで、私がおすすめするスプレーは3つです♪

【ライオンお洋服のスタイルガード しわもニオイもすっきりスプレー】

シワとりをメインに謳っているスプレーです。その他にも消臭、除菌、防臭とたくさんの効果がついています。

シワ取りには、布地がしっとりと濡れるくらいスプレーをするようにと注意書きがあります。

携帯サイズもあるので、外出先でも使えて便利です。香りも爽やかなので男性でも使えます。

【花王スタイルケア 服のミスト】

無香料なので、男性も気軽に使うことができます。詰め替え用もあるので、長く使うのにはとてもよい商品です。

自然な感じに仕上がるのもうれしいポイントです。

シワとり効果以外に、消臭、静電気防止効果もあります。

【花王フレアフレグランス 衣料用ミスト IROKA(イロカ) ミスト】

花王の柔軟剤IROKAシリーズの衣料用フレグランスですが、消臭、除菌、そしてシワ取り効果もあります。

ふわっとネーキッドリリーの香りが広がります。使いやすい容器も魅力の一つです。

tシャツでシワにならない素材は?買うときの参考に

シワにならない素材は、ポリエステルです。

シワを一番重要視してtシャツを選ぶならば、シワににならないポリエステル製がよいということです。

でもポリエステルは、汗を吸ってくれないのでtシャツにとっては大きなマイナスになってしまいます。

一方、綿の吸湿性はとてもすぐれています。

ということで、シワにならない素材に加え機能的な綿とポリエステルの混紡製品がおすすめです。

tシャツならば、シワと肌触りその他いろいろを考慮して、ポリエステル30%前後のものがよいと思います。

綿とポリエステルの繊維の特徴を下にまとめました。

     綿  ポリエステル
肌触り柔らかく肌にやさしいサラッとしている    
通気性 とてもよいあまりよくない
吸水性 とてもよいよくない
速乾性 よくないとてもよい
シワ
型崩れ
 シワになりやすい  シワになりにくい
型崩れしにくい
その他 
縮みやすい
色落ちしやすい
熱(火や油)に強い
黄ばみやすい
漂白しやすい
静電気が起こりやすい
毛玉ができやすい
綿より熱に弱い 
漂白しにくい

シワにならない素材のtシャツを選ぶことでストレスが軽減されそうですね。

ポリエステル混紡商品は、開発もどんどん進んでいます。

かの有名な、そして私も愛用しているユニクロのエアリズムも綿とポリエステルの混紡製品です。

しかも、その割合を変えてシワになりにくさと着心地、吸湿性などのバランスを追究しています。

繊維の特徴を知って買い物に行くと、思わず表示をじっくりと見てしまいます。店員さんが「この人わかっているな。」と思ってくれそうですよ!

tシャツがシワにならないたたみ方しまい方をしよう!

tシャツがシワにならないようにするためには、しまい方が大切です。

どんどん上に重ねていってしまうと、重さで下のtシャツにはシワができてしまいます。

丁寧にしまっておいたつもりなのに、いざ着ようと思って出して見るとシワがついていたとなってしまいます。

シワにならないたたみ方と収納の仕方を紹介しますね。

タンスにしまうときのシワにならないたたみ方

しまい方のポイントは、タンスやラックに立ててしまうことです。

そして、立ててしまえるようにするには、シワにならないたたみ方をする必要があります。

  1. 赤の線でたたむ
  2. 青の線でたたむ
  3. 緑の線でたたむ

全体に少し小さめにたたむことで、tシャツが自立するので、立てて収納しやすくなります。

もちろん、立ててしまうときにもスペースには少し余裕を持ってください。

無理して詰め込めばシワができます。隙間があれば、しまっている間にシワになりにくいのです。

タンスやラックが細かく仕切られていると立てやすいし収納が簡単になります。箱などを使って仕切りを作ると便利です。

タンスを仕切るための便利グッズも売っているので、探してみてください。

tシャツを旅行に持っていくときのたたみ方

tシャツなどの洋服を旅行に持っていって、スーツケースから出してみたらシワだらけだったという経験は誰もがあると思います。

シワになってしまったら、前に紹介した方法で伸ばしてください。

でも、パッキング用のシワにならないたたみ方をすると、シワを防ぐことができます。

トラベルポーチなどに入れると、かなりシワが防げます。このときのたたみ方は、タンスに収納するときと同じ方法で大丈夫です。

「ロールケーキ方式」などと言われる洋服を丸めるたたみ方もシワを防ぎます。そでの部分だけを折り込んで、あとはぐるぐるとロールケーキのように巻いていきます。

この方法だと、パッキングもしやすいですね。

何枚ものtシャツを広げた状態で重ねて、全部を一緒にできるだけたたまずにパッキングする方法もあります。シワ防止にはとてもよい方法です。

シワを防ぐ柔軟剤やシワにならない洗濯方法についてはこちらの記事を参考にしてください。

まとめ

  • tシャツのシワはドライヤーと湿り気で取ることができる
  • ドライヤーを使わなくても、お風呂場の湿り気を利用してシワはとれる
  • シワ取りスプレーを常備するのもおすすめ
  • シワになりにくい繊維はポリエステル。でも綿の良さも捨てがたいので、混紡製品がよい
  • 普段にも旅行の時にも役に立つ、シワになりにくいたたみ方をマスターしよう
  • tシャツは立ててしまうとシワになりにくい

ドライヤーはとても身近にあるものなので手軽に使えます。

着ていこうと思ったtシャツにシワがあっても、もうあわてなくて大丈夫です。

でも、それ以外にもシワをとる方法やシワにならない素材、収納方法についての知識が増えて安心していただけたと思います。

さあ、シャキッと気持ちのよいtシャツを着て、颯爽と出かけましょう!

広告

コメント

タイトルとURLをコピーしました