コーンフレークダイエットは成功しにくい!?オートミールがおすすめ!

食べ物
広告

コーンフレークは牛乳を混ぜてササっと食べられるので、朝食にうってつけの手軽食ですよね。

ダイエットをしているなら、手軽にできる方法が知りたいと思いますよね!?私もコーンフレークでダイエットができれば、手軽で美味しいので毎日続けられるかもしれません。

しかしコーンフレークダイエットは成功しにくいのが現実です。

この記事では、なぜコーンフレークダイエットが成功しにくいと言われている理由やコーンフレークの代わりになるおすすめの食べ物、その食べ方を紹介します。

ダイエットと食事は切っても切り離せないので、成功させるための情報が満載で役立つこと間違いなしです。

恥ずかしながら、私のダイエット体験談も少し紹介しています。

広告

コーンフレークダイエットは成功しない!?その理由とは?

コーンフレークは手軽に食べられるので、時間がない朝には最適ですよね♪

しかし、コーンフレークは高GI値食品という観点からダイエットは成功させるのは難しいです。

高GI値食品とは、血糖値が上昇しやすい性質があり、血糖値が乱高下します。

この血糖値の乱高下があると、お腹がすいたと感じ、体がまた血糖値を上げるために食べ物を欲しがろうとします。

「我慢したくても食べたい…。」という裏側にはこういった体のメカニズムがあります。

なので、ダイエットがなかなか成功しないあなた方は、GI値も気にして見てみるといいでしょう。

体のだるさや、眠気がくるのも血糖値が関係しています。

他にもコーンフレークダイエットが成功しない理由には、原材料が関係しています。

コーンフレークの原材料は主に乾燥させたトウモロコシが使われています。

朝食に食パンをで食べるより、ビタミンが豊富でカロリーも高くない!!

これだけ見るとダイエットに良さそうな気がしてきますね。

ですが、コーンフレークは製造時に、砂糖、麦芽シロップ、異性化糖などで味付けされているものがほとんどです。

砂糖は、スイーツなどにもたくさん使われている材料ですが、体を冷やしてしまうというデメリットがあります。

砂糖を含む人工甘味料は、たばこのニコチンよりも中毒性があるそうです。

ダイエット中なのに、食べても食べても物足りないと感じてたくさん食べてしまう…。

甘いものが好きだから、ダイエットに成功したことがない…。

そんな経験はございませんか?その原因は腸と体の冷えにあります。

砂糖を摂ることによって、腸内で悪玉菌が増え、その悪玉菌の餌となるのが糖分です。

このサイクルを腸内環境が作ってしまっているのです。

次に原材料にも含まれている小麦ですが、これも腸にあまり良くありません。

パンや、パスタ、うどんなど私たちの身近な食品の材料に小麦粉は多く使われています。

小麦のタンパク質の一種「グルテン」の慢性的な摂取は腸の面膜を傷つけ、炎症を起こしてしまいます。

腸は第二の脳と言われているほど、私たちの体の中心的存在であり、重要な役割をしています。

腸に良いものを入れることがダイエットの近道です。

ダイエットは、食事7運動3と言われてるほど食べ物がいかに私たちの体を作っているのかを、ダイエットをする上では知っておきたい知識です。

まずは体のメカニズムを知り、食べ物も賢く選んで我慢しないダイエットを目指しましょう!!

では、コーンフレークの代わりに何を食べればいいか?を解説していきます。

広告

コーンフレークダイエットの代用におすすめ!

先ほどコーンフレークダイエットは成功しにくいと言いましたが、コーンフレークの代わりに何を食べればいいのでしょう?

1番のおすすめはヘルシーな和食ですが、朝から用意する時間がなかったり、洗い物が増えて手間がかかったりしますよね。

手軽に食べられてダイエットにおすすめなシリアルは以下の2つです。

  • 玄米フレーク
  • オートミール

いずれも甘味が入っていそうだったら、甘さ控えめを選ぶといいでしょう。

コーンフレークのように手軽に食べられますし、オートミールならアレンジして食べられるので飽きがきません。

それにこの2つの共通点するものは、なんといっても「食物繊維」と「タンパク質」です。1つずつ解説していきますね♪

食物繊維は、腸にも良く腹持ちがいいです。食物繊維の特徴は、腸内環境をよくする善玉菌のエサになり、便秘改善の手助けをしてくれます。

お通じにお悩みのある方は、積極的に食物繊維を摂取することをおすすめします。

そしてなんといってもタンパク質はダイエットの味方です!!

この場合のタンパク質というのは、良質なタンパク質です。良質なタンパク質には、植物性タンパク質も含まれています。

スーパーでよく見かける豆乳もおすすめですよ。

タンパク質の特徴は、代謝を高めてくれ、体のエネルギーとなり、美容にもいいと言っても過言ではないほど、私たちの体になくてはならない栄養素です。

タンパク質は体を作る上でとても重要な役割をしてくれます。

良質なタンパク質は良質な筋肉を造り、肌のハリにも携わっています。

ダイエットをしながら、美容にも気をつけたいですね。

コーンフレークダイエットの代用品の最適な食べ方

先ほど、ダイエットにおすすめなのは、コーンフレークの代わりに玄米フレークやオートミールと紹介しました。

そこで簡単でおいしいオートミールの食べ方をご紹介します。

私の友人でもオートミールダイエットをしている人も多く、情報交換しながら簡単で食べやすいと思ったものをご紹介していきますね!

そして、私も今までダイエットに何度も挑戦してきたのでその体験談も紹介します。

オートミールの食べ方をご紹介!

オートミールの食べ方で私が重要視しているのは、いかに簡単に短時間に作れるかです。

オートミールはコーンフレークのように牛乳を注ぐだけですぐに食べられるわけではないのですが、味にバリエーションを付けられて手軽に調理できます。

そこで10以内で作れておいしいオートミールの食べ方を紹介します。

<オートミール茶漬け>

  • オートミール 30g
  • 水 400ml
  • 市販のお茶漬けのもと 1袋

お好みで梅干しや生姜、わさびなど追加しても美味しいですよ♪

  1. 鍋にオートミールと水を入れて、沸騰させる
  2. 沸騰後、弱火で5分煮る
  3. 火を止めてお茶漬けのもとを入れれば完成

鍋を洗うのもめんどくさいというあなたは、耐熱容器に入れて電子レンジで温めてもOKですよ!

<オートミールの豆乳リゾット>

正確には豆乳リゾット風です(笑)オートミールはミルク系と相性がいいですよね♪

  • オートミール 40g
  • まいたけやしいたけなどのキノコ類 40g
  • ツナ 30g
  • 有塩バター 10g
  • 調製豆乳 80ml
  • 水 100ml
  • 粉チーズ 大さじ2
  • コンソメ顆粒 小さじ1
  • 塩 ふたつまみ
  • 乾燥パセリ 適量(なくてもOKです)
  1. キノコ類は手でほぐしますか薄切りにする
  2. 中火で熱したフライパンに有塩バターを溶かし、1とツナを入れて炒める
  3. キノコ類がしんなりとしてきたら、調製豆乳と水を入れて沸騰直前まで中火で温める
  4. オートミール、粉チーズ、コンソメ、塩を入れて、とろみがつくまで弱火で約5分煮る
  5. 器に盛り付け、パセリがあれば散らして完成

<オーバーナイトオーツ>

前日の夜に仕込んでおいて、朝食べられるので時間のない朝には特におすすめです。

  • オートミール 50g
  • 牛乳 or 豆乳 200ml
  • はちみつ 大さじ2
  • お好みのナッツやドライフルーツ 適量

材料を全てタッパーなどの容器に入れて、一晩冷蔵庫に入れておくだけです。

豆乳で漬け込むとタンパク質もしっかりと取れるので美容にもとてもいいですよ。

<オートミールお好み焼き>

この食べ方は、友人がおすすめしてくれた食べ方です。10分以内に作るのは難しいのですが、本当においしいので時間があるときにチャレンジしてみて欲しい食べ方です。

  • オートミール 30g
  • 水 100ml
  • 豚バラ肉 (薄切り) 50g
  • 卵  1個
  • キャベツ 100g
  • 桜エビ 3g
  • 顆粒和風だし 小さじ1
  • サラダ油 大さじ1

この分量は1枚分です。通常のお好み焼きの材料の薄力粉をオートミールに置き換えます。

  1. キャベツは粗めのみじん切りにする
  2. 豚バラ肉は食べやすい大きさに切る
  3. 大きめの耐熱ボウルに水とオートミールを入れてよく混ぜ合わせ、ふんわりとラップをし、600Wのレンジで3分程加熱
  4. 粗熱がとれたら豚肉以外の具材を入れて混ぜ合わせる
  5. フライパンにサラダ油をひいて中火で熱し、4の生地を入れて、豚肉を上にのせて5分程焼く
  6. 焼き色が付いたら裏返し、弱火で蓋をして10分程焼く
  7. 中まで火が通ったら、お皿に盛りお好み焼きソースやマヨネーズなど味付けして完成

コーンフレークよりも色々な味付けで食べられるという点もオートミールの良いところですよね♪

私のダイエット体験談

私は昔からコーンフレークが好きでしたし、小麦を使った食品をよく食べていました。

元々ふっくらしていましたが、着やせするタイプだったので、あまり気にしていませんでした。

その頃の私のダイエットといえば食べないダイエットで、体重は減るけど体を動かすことはしていませんでした。

今思い返すと、それはダイエットではなく、ただ筋肉が減っただけ…。

それまでは体型を気にしていなかったのですが、20代半ばを超えたころからお腹周りが気になりだしました。

食べないダイエットをしてもうまくいかず、リバウンドばかりしていました。

なんとか改善できないか悩んだ結果、運動は苦手だけど健康な体作りに何をすればいいのか?食事をどうすればいいのか?

今の自分を変えたくて、たくさん本を読んだり勉強したりしました。

根性で食べたいのを我慢するのではなく、食べ物を賢く選んで我慢しないダイエットをすることにしました。

よく食べるのは今も変わらないですが、体にいい食べ物を積極的に摂るようにしています。

脂肪が減らない、というブランクもありました。

そこで、良質なタンパク質を積極的に摂り、苦手な運動もするようにしました。

良質なタンパク質は良質な筋肉になり、筋肉は脂肪燃焼の手助けをしてくれます。

日頃から食べ物を選ぶことで、食べすぎることもなくなりましたし、ダイエットのモチベーションも上がったのです。

食べ物に気を使うだけでこんなに変わるんだ、と私自身実感しました。

これを読んでいるあなたにもダイエットを成功していただきたい一心です。

食べ物から変えて、無理のないダイエットを楽しみましょう。

まとめ

  • コーンフレークは高GI値食品のため、ダイエットが成功しにくい
  • コーンフレークは甘味が使われている為、中毒性があり冷えを引き起こしやすいのでダイエットが成功しにくい
  • コーンフレークの代わりに玄米フレークやオートミールがおすすめ
  • 玄米フレークやオートミールには食物繊維が豊富。タンパク質も積極的に摂るのがダイエット成功の秘訣
  • オートミールのおすすめの食べ方は、お茶漬けやリゾット、お好み焼きなどがある

まずは、自分のペースでダイエットがストレスにならないよう、自分を追い込み過ぎないようにしてくださいね。

目標は初めは小さくからがいいですよ。小さい目標を達成していくうちに、自分への自信にも繋がります。あなたのダイエットが成功しますように♪

広告

コメント

タイトルとURLをコピーしました