ミニマリストはコート何着を着回している!?断捨離のコツも伝授♪

お役立ち情報
広告

最低限のものだけを持って生活をするミニマリスト、憧れますよね。 

憧れのミニマリストはコートを何着持っているか気になりませんか? 

ミニマリストは何着も多くのコートを持たず、3~4着のコートを着まわしています。 

何着もたくさんのコートを持っていて、クローゼットが服で溢れているあなた。 

ミニマリストがおすすめする断捨離方法とコート選びのポイントを知ることで、あなたもすぐにミニマリスト生活を始められますよ。 

何着もクローゼットに溢れていたコートを断舎離して、クローゼットがスッキリすると心も軽くなるのでおすすめです。 

ミニマリストは目指していなくても、クローゼット見直しにこの記事を参考にしてみてください。 

広告

ミニマリストはコートを何着も持たない!手放すコツ 

ミニマリストは何着も多くのコートを持たず、3~4着のコートを着まわしています。 

ミニマリストになるには断捨離をして何着もあるコートを減らすことが最初の一歩です。 

いつか着るかもしれないと思ってクローゼットにたくさんのコートがかかっているなら、それは必要がないコートかもしれません。 

いるかいらないか期限を決めて、「期限が来たら手放すコート」のスペースを作るのもおすすめです。 

クローゼットの見直しで、まずは明らかに着ないコートを手放すことから始めましょう。 

コートの断捨離で得られる3つの効果 

断捨離は物を捨てるというイメージがありますが、コートの断捨離には3つの効果があります。 

<効果①時間が有効に使える> 

何着もたくさんあったコートの数が減り、クローゼットがスッキリします。 

それだけではなく「あのコートはどこにしまったんだっけ?」とあちこち探す、という時間が減ります。 

また、何着ものコートの中から1着を選ぶ、コーデに悩む時間も短縮できます。 

今まで、コートを探したり、コーデを考えたりするのに使っていた時間が他のことをする時間として活用できるようになります。 

<効果②お金が無駄にならない>

断捨離には物を捨てるだけではなく、自分が本当に必要なコートか見極めて買うという意識も含まれています。 

そのため、不要なものを買わないことで、無駄なお金を使うことがなくなります。 

まだ着れる状態のコートはリサイクルショップやフリーマーケットで売れば、お金になることがあります。 

売る以外にも身近な親戚や友人、慈善団体などに譲ることもできるので、自分にあった処分方法を見つけてみましょう。 

<効果③管理する必要がなくなる>

おしゃれに欠かせないコートはお家で洗濯しにくいアイテムです。

着ないコートを捨てれば、その後は管理しなくてすみます。 

クリーニングに出して、そのまま数年放置されたコートを着ようと思ったら、変色や虫食いなどのトラブルが起きていることがありました。 

コートは管理するためのクリーニング代が他の服に比べて高いので不要なコートを手放せば、クリーニング代も減らせます。 

ミニマリストがおすすめする断捨離のコツ 

それでは、ミニマリストがおすすめする断捨離のコツを紹介します。

<期限付きルールを決める>

コートを手放す時に必要なのが、「捨てるか、残すか」の判断です。

コートの断捨離にはこのさじ加減が一番重要です。 

「また着るかもしれないし、とりあえず残しておこう」という判断が多すぎると、全然減りません。 

かといってあまり深く考えずにどんどん捨ててしまうと「やっぱり捨てなければよかった」と後悔することになります。 

そこで、「捨てるか、残すか」の判断に迷ったときは、一度「保留」して、期限を決めて考えるのもアリです。 

私の場合は、「2年着なかったら処分」というルールを決めて、条件に合わないコートは手放すことにしています。 

期限を決めて、慎重に判断すれば、捨てすぎ・捨てなさすぎの失敗が少なくなりますよ。 

<手放すことを恐れない> 

サイズや好みの移り変わりに合わせて、コートを買い足す一方、古いコートを処分しないでクローゼットがいっぱいになっていませんか? 

一度処分してしまうと、二度と手に入らないのではないかと不安を感じますよね。 

でも、案外、存在そのものを忘れてしまったり、なくても大丈夫と思ったりします。 

「捨てるか、残すか」の判断は人それぞれ違います。何を捨てて、何を残すのか、試行錯誤を繰り返して行くしかありません。 

手放してしまったコートが、またどうしても着たくなったら、「新しいコートを買うチャンスなんだ」と考えれば気持ちが楽になりますよ。 

ミニマリスト生活で手放したコートを紹介 

物を処分する行為に抵抗があって、結局クローゼットの右から左にコートを移動させただけで終わらせてしまったこともあります。 

そんな私が、ミニマリスト生活を始めるために、クローゼットの見直しで手放したコートをご紹介します。 

<色違いで買ったコート>

気に入ったコートをブラックとグレー、ベージュの色違いで3着持っていましたが、着る回数に差が出てました。 

ブラックは小さなホコリがつくと目立ちやすく、ベージュは気太りして見えるから着る回数が減ってました。 

グレーは無難な色で、どんなコーデでも合うためグレーばかり着ていたのです。 

本当にお気に入りの色を1着で良かったなと後から気づき、他の2着は手放しました。 

<セールだから買ったコート>

「セールでお得になっているから」とセールの雰囲気に酔って、ついつい欲しくなって買ったチェック柄のコート。 

ほとんど着る機会がなく、他のコートに埋もれてクローゼットに眠っていました。 

「2年着なかったら処分」と期限付きのルールを決めて、時期が過ぎ手放しました。 

<レアだから買ったコート> 

〇〇店限定、WEB限定、限定カラー。「限定」という言葉に弱く、なんかほしい!と思うのは私だけでしょうか? 

もし、「限定」が付いていなかったら、たぶん買っていなかったカーキ色のコート。 

クローゼットに長年しまってあったので、手放す期限のルールに合わせて処分しました。 

あなたのクローゼットにも私のような何となく不安で色違いで買ったコートやセールや限定につられて買ったが、長年着ていないコートがありませんか? 

この記事を読んだことを機会にぜひ、クローゼットの見直しをしてみてください。 

広告

ミニマリストのコート選びで女性が注目すべきポイント 

「着ないコート」「着られないコート」を手放していくと、クローゼットには「着るコート」だけが残ります。 

残しておくコートは「オールシーズン使えるコート」「流行に左右されにくい定番コート」、そして「着ることによって心がときめくコート」にすることをおすすめします。 

せっかく買ったコートをクローゼットで眠らせたり、断捨離ルールの期限がきて手放したりするのは残念ですよね。 

ここで、女性ミニマリストがコート選びで注目している5つのポイントを紹介します。 

<コートの素材と機能性> 

暖かいコートなら、ウール素材かダウンが多く入っているダウンコートがおすすめです。 

暖かいコートを着て動くと、だんだん体が温まり、汗をかくこともありますよね。 

汗でコートの中が蒸れないように吸湿性や法質性の良いものを選ぶといいでしょう。 

<着丈のチョイス> 

コーディネートでボトムスにボリュームがあるときは、ショート丈の方がすっきりまとまります。 

また、ロング丈のコートは寒い日でも太ももやお尻の冷えを軽減し、暖かく過ごせます。 

身長によってはロングコートの丈がひざ下になるかひざ丈になるか、人によって違いがあります。 

丈が長いコートの場合、必ず1度試着して丈の長さをチェックしましょう。 

<デザインと色> 

ミニマリストの女性がコート選びで一番重視するのが、デザインと色選びです。 

寒い時期はコートを毎日羽織るので、気に入らないデザインや自分に合わない色を選んでしまうと、モチベーションが上がらず、着る回数が減ります。 

コートはモノトーンカラーのほうが着回しのバリエーションが豊富ですよ。 

反対に、明るい色やカラフルなコートを選ぶと、モノトーンの服と合わせれば、色のバランスがよく、おしゃれに決まります。 

<着回しのバリエーション> 

女性ミニマリストはコートを選ぶときは必ず着回ししやすいかチェックをします。 

どんなコーディネートにも合わせやすい、おすすめコートはモノトーンカラーのチェスターコートやノーカラーコートです。 

きれいめコーデはもちろん、カジュアルコーデもおしゃれに決まります。 

<骨格タイプを知る>

セルフ骨格診断で自分に似合うコート選びをすれば、コート選びの失敗が減ります。 

流行のコートや誰でも似合いそうなシンプルなコートを選んでも、なんだかしっくりこない、着ぶくれした印象になることありませんか? 

それ、もしかしたら体のラインに合ってないコートを選んでるからかもしれません。 

自分の骨格タイプを知ることで、似合うコートを選ぶことができます。 

これから紹介するセルフ骨格診断で自分の骨格タイプをチェックしてみてください。 

骨格タイプ特徴 似合うコート 
ストレートタイプ 女優型 
・メリハリがあり、グラマラスな体格 
・上半身に重心 
シンプルでベーシックなデザイン
・チェスターコート
・ノーカラーコート 
ウェーブタイプ アイドル型 
・きゃしゃなボディライン 
・下半身に重心 
Aラインでフェミニンなデザイン
・ショート丈のダウン
・ボアコート 
ナチュラルタイプ モデル型 
・骨格がしっかりしている
・ダイナミックな体型 
体のラインが出ないゆったりしたデザイン
・ロング丈コート
・ダッフルコート 

骨格診断をもとにコートを選べば、長く着ることができるコートに出会えるはずです。 

骨格診断と合わせて、パーソナルカラーも取り入れれば、本当に似合うコーディネートが見つかりますよ。 

ミニマリストが持つコートの色は?失敗しない選び方

ミニマリストは数少ない服をどう組み合わせるか着こなしに頭を使うようになります。 

ミニマリストのコートは何通りも着回しができる定番の色を持っておくことがおすすめです。 

コートの丈の長さやデザインによって印象は変わりますが、どんなスタイルにも合わせやすく、万能だと言われる色は以下です。 

  • グレー
  • ネイビー
  • ベージュ
  • ブラウン

このあたりの色のアイテムを持っておくと、コーディネートに困ることは少ないですよ。 

スタイリングの一番上に羽織るコートは、あなたのイメージを決定づける大切なアイテムです。 

似合うコートを身につければ、印象がグッとアップし、コーディネートが楽しくなります。 

肌の色、髪の色、瞳の色、そして顔立ちに調和した「自分に似合う色」を知った上でコートを選ぶことも重要です。 

ミニマリストはパーソナルカラー診断で自分の似合う色を把握しています。 

パーソナルカラーって専門のアナリストに診断してもらうの? 

正確に知りたい場合は、パーソナルカラー専門のアナリストに診断してもらうことをおすすめしますが、簡単にセルフチェックできます。 

「パーソナルカラー自己診断」とインターネットで検索すると、たくさんのサイトで診断ツールがあるので、まずはセルフチェックからしてみるのもいいですね。 

ぜひ自分に似合う色がどれなのかチェックしてみてくださいね。

まとめ

  • ミニマリストはコートを何着も持たず、3~4着のコートを着回す 
  • 何着もたくさんあるコートを断捨離することで、時間が有効に使え、お金の無駄がなくなり、管理が不要になる 
  • 何着もあるコートを断舎離するコツは、期限付きルールを決め、手放すことを恐れない 
  • ミニマリストのコート選びで注目するポイントは、素材、機能性、着丈、デザインと色、着回しの豊富さ、骨格タイプ 
  • ミニマリストは白、黒、グレー、ネイビー、ベージュ、ブラウンからコートの色を選び、パーソナルカラーも把握 

コートはレディースコーデをおしゃれに決めてくれるアイテムの1つでもあります。 

何着もたくさん持っているより、自分にあった最高の1着を見つけて、どんなときでもおしゃれに決めましょう。 

広告

コメント

タイトルとURLをコピーしました