スウェットをハンガーにかけると伸びる?型崩れしない干し方もご紹介

お役立ち情報
広告

スウェットは、単体で着ても重ね着してもかわいいし楽なので、秋や冬に重宝しますよね♪

私もスウェットが大好きで、毎年何枚か買ってしまいます。

ただ、スウェットをハンガーに干すと、干し方によっては伸びることもあります。

特に伸びやすいのは首や袖の部分。スウェットが伸びていると、だらしがない印象になってしまいます。

せっかくのスウェットも着れなくなってしまって、もったいないですよね。

スウェットの素材はよく伸びるため、長く使いたいならハンガーにかけたまま保管は絶対にNGです!

ハンガーへの干し方を工夫すれば、スウェットの首元が伸びることなく、きれいに保管できるのです!

お気に入りのスウェットを長持ちさせるために、この記事ではスウェットが伸びないハンガーへのかけ方や、スウェット用ハンガーのおすすめ商品をご紹介します。

広告

スウェットをハンガーに干すと伸びる⁉襟や袖に注意!

普段、ハンガーに洋服をかけるとき、どの位置からハンガーを入れていますか。

私は首の部分からハンガーを入れることが多いです。

首から入れると、手間がかからなくて楽ですよね。

しかし、スウェットの場合、首の部分からハンガーを入れるのは御法度です。

スウェットに首の部分からハンガーを入れると、首の部分が伸びることが多いです!

ちなみに、ハンガーの位置が肩の部分からずれてしまっていても、スウェットの袖の部分などが伸びるのでご注意ください。

また、スウェットを保管するときに、ハンガーにかけたままにしているあなた。

スウェットの素材はよく伸びるため、長く使いたいならハンガーにかけたままは絶対にNGです!

乾かしおわったら、必ず折りたたんで保管するようにしてください。

ちなみに、化学繊維のものを除いては、基本的にスウェットの素材は虫がつきやすくなっています。

保管する際は、防虫剤を一緒にいれておくと安心ですよ♪

広告

スウェットをハンガーにかけても伸びない干し方は?

ハンガーへのかけ方を工夫すれば、スウェットが伸びてしまうことや、型崩れしてしまうことを防ぐことができます!

また、意外に思われる方もいるかもしれませんが、実はハンガーにかけない干し方もおすすめなんです。

ここでは、スウェットのおすすめの干し方「おばけ干し」と「平干し」などについてご紹介していきます。

スウェットが伸びにくい!速乾性抜群のおばけ干し

特別な技術を使わなくてもスウェットを伸ばさず、さらに速乾性がある干し方がお化け干しです。

おばけ干しをする際に必要なのは、以下の2つだけです。

お化け干しをする際に必要な物
  • 厚みのあるハンガー:1本
  • ハンガー(どんな種類でも可):1本

ちなみに、用意するハンガーの内1つは厚みのあるタイプであった方がスウェットが伸びにくいのでおすすめですが、ない場合は通常のものでもかまいません。

気になるおばけ干しの干し方の手順はこちらです!

  1. 厚手のハンガーを準備する
  2. 厚手のハンガーを、スウェットの裾から入れる
  3. 厚手のハンガーを肩の部分にしっかりとあわせる
  4. スウェットのかかったハンガーを竿にかける
  5. もうひとつのハンガーを竿にかける
  6. もうひとつのハンガーに、スウェットの袖の部分をかける

スウェットの袖をもうひとつのハンガーにかけている様子が、おばけの手がぶらぶらしているように見えることから、この干し方はおばけ干しと呼ばれています♪

あえておばけ干しの欠点をあげるとすれば、通常の干し方をするよりも場所をとってしまうことがあげられます。

しかし、特別な道具も必要なく、速乾性があり、さらにスウェットの袖の部分が伸びにくいおばけ干しには、デメリット以上の大きなメリットがあると感じます。

そこまで手間もかからないので、ぜひ試してみてください。

もしできるならこれ一択!!安心安全の平干し

あたりまえといえばあたりまえですが、平干しにして乾かしてしまえば、スウェットが伸びることはまずありません!

ただし、平干しにして乾かす場合、平干しネットを購入する必要があります。

購入するものがある分多少手間はかかってしまうのですが、平干しネットさえ買ってしまえば、この方法が一番安心です。

次の「スウェット用ハンガーのおすすめ商品をご紹介!!」の項目でくわしくご説明しますが、平干しネットは安価なものであればスリーコインズなどでも購入できます。

300円でスウェットが伸びる心配をしなくてもよくなるなんてお得ですよね♪

私もスリーコインズで平干しネットを見たときは、こんなに安く買えるんだ!と驚きました。

もし新しいものを買ってもいいよ、と考えているなら、ぜひ平干しネットを購入して、スウェットを平干しで乾かすようにしてみてください。

手軽さは圧倒的No1!!物干し竿にそのまま垂らす

スウェットの伸びにくさと、圧倒的手軽さを両立したのが、物干し竿にそのままスウェットを垂らす方法です。

この干し方のメリットは圧倒的な手軽さと、スウェットが伸びにくいことです。

本当に楽なので、私はこの干し方をすることが正直一番多いです。

ただし、この方法では、ちょうどいいバランスでスウェットをかけないと、乾きおわるまでにスウェットが床に落ちてしまうことがあります!

匠の技でバランスを保てるポジションをさがすのもひとつの手ですが、実はこのバランス問題を解消する方法があります。

それは、物干し竿を2本用意し、両方を横断するようにスウェットを干すという方法です。

この方法だと、服が乾くのも早まるので、おすすめですよ♪

楽して服を傷めずに乾かしたいと思うなら、試してみて損はないやりかたです。

スウェット用ハンガーのおすすめ商品をご紹介♪

スウェットをかけるハンガーや、スウェットを干す平干しネットのおすすめ商品をご紹介していきます!

どちらも安価での購入も可能ですので、ぜひ前向きに購入を検討してみてくださいね。

スウェットを干すのに最適!おすすめハンガー2選

スウェットを干すハンガーは、できるだけ厚みのあるものがおすすめです。

というのも、ハンガーに厚みがあると肩の部分にかかる力が分散されるので、スウェットが型崩れしづらくなります。

また、ロングハンガーを使用すると乾きやすくていいですよ。

そうはいっても、ゼロから自分の求める商品を探すのは大変ですよね。

そこで、今回は個人的におすすめの商品をいくつかご紹介していこうと思います。

トレーナーハンガー (レック)

こちらの商品の特徴は、肩の部分の長さを自分で調整できることと、グリップ式となっていて、ふとめの竿でもしっかりとつかめるところです。

肩の部分の長さを伸ばせば、ハンガーをスウェットの肩の部分にぴったりあわせてかけることができるため、乾きが早く、型崩れもしにくくなるというメリットがあります!

また、3本セットで値段が500円程度と、コスパもすばらしいです♪

「激落ちくん」で有名なレックが販売している商品なので、劣悪品の心配もなく、安心してつかえます。

パーカーハンガー(ニトリ)

つづいておすすめする商品が、ニトリのパーカーハンガーです。

名前の通り、この商品はパーカーハンガーであってスウェット用というわけではないのですが、この商品はスウェットを干すときにも有能です!

こちらの商品の特徴としては、グリップ式を採用していること、パーカーのフードをかぶせられるパーツが付いていること、そして肩の長さを調整できることです

フードをかぶせるパーツは、使わないときは邪魔にならないように折りたためるので、余計なスペースをとってしまう心配はありません!

パーカーも、スウェットも、どちらでも型崩れしにくい状態で干せるので、本当におすすめですよ♪

ちなみに値段は1本300円程度のお手頃価格となっています。

安心感抜群!!おすすめ平干しネットをご紹介

わざわざ平干しネットを買うのはめんどくさい…。

このように考えているそこのあなた。たしかに、スウェットのためにあたらしく平干しネットを準備するくらいなら、今あるものでいいと思う気持ちはよく分かります。

私も基本的には新しい物をあまり増やしたくないタイプです。

しかし、実は平干しネットはスウェット以外のものを干すときにも役立ちます!

たとえば、ニットのセーターやダウンジャケットが平干しに適した素材の洋服です。

ニットのセーターは型崩れが気になりますし、ダウンジャケットは綿が偏りがちで困りますよね。

平干しネットを利用すれば、これらの洋服でも型崩れの心配なく干すことができます。

スリーコインズでも購入できますので、だまされたと思ってぜひ試してみてください。

衣類干しネット (3コインズ)

スリーコインズで購入できる、お得な平干しネットの特筆すべき点は、低価格にもかかわらずネットが2段分ついてくるところです!

縦に2段重ねられるので、あまりかさばらずに干すことができます。

また、小さくたたんで収納することができるので、使わないときも安心ですよ♪

便利で安いなんて最高にお得な商品ですよね。

個人的には、どの平干しネットを購入するかで迷ったら、とりあえずスリーコインズの商品を購入しておけば間違いないと思っています。

お部屋で平干しネット(ダイヤ)

この商品は、部屋の床におけるタイプの平干しネットです。

湾曲していることで通気性が良くなっており、洋服を早く乾かすことができます。

個人的にポイントが高いのは、湾曲したデザインにもかかわらず、ちいさく折りたためるところです!

速乾性と利便性を兼ね備えているなんて素晴らしいですよね。

値段は約1,000円と少し高めですが、その分高品質なので、1つ買ってみるといいと思います。

まとめ

  • スウェットをハンガーで干すとき、首からハンガーを入れると伸びる
  • ハンガーの位置をスウェットの肩の部分にあわせるのが大切
  • スウェットは乾かし終わったらすぐに折りたたんで保管すると伸びるのを防げる
  • スウェットを伸ばさずに干すには、おばけ干し、平干し、竿にかける干し方がおすすめ
  • スウェット用ハンガーでおすすめなのは、レックのトレーナーハンガーと、ニトリのパーカーハンガー
  • 平干しネットでおすすめなのは、3コインズの衣類干しネットとダイヤのお部屋で平干しネット

今回の記事では、スウェットをハンガーにかけるときに伸びる原因と、スウェットが伸びないハンガーへの干し方、そしておすすめのスウェット用ハンガーをご紹介しました。

この記事がお役に立てたのならうれしいです♪

広告

コメント

タイトルとURLをコピーしました