筋膜リリースで痩せると言われるのはなぜ?正しいやり方も解説!

お役立ち情報
広告

この記事を見てくださったということはきっと筋膜リリースで痩せたい、やり方を知りたいと思っていることでしょう。

単刀直入に言います。筋膜リリースでは痩せることはできません。

私もこの結論にたどり着いた時とてもがっかりしたのですが、残念ながら事実です。

ですが、筋膜リリースで太ももが〇〇cm痩せた!のようなコメントをよく見かけますよね。なぜなのでしょうか?

なぜなら筋膜リリースには体の歪みを整えたりコリをほぐしたりする効果や、代謝を促したりむくみを解消したりする効果があるからです。

これからダイエットのために筋膜リリースを始めたいというあなた!

  • なぜ筋膜リリースだけで痩せることができないのか
  • どうしたら効率的に痩せることができるのか

この2点をこれから一緒に勉強していきましょう。

広告

筋膜リリースで痩せると言われるのはなぜ?

筋膜リリースは、あくまでもダイエットのサポートをするためのものです。

ではなぜ筋膜リリースで痩せると言われているのでしょうか。

それは、以下のような人が筋膜リリースをおこなうと、特に太ももやふくらはぎに視覚的効果が出やすいからだと考えられます。

  • 普段から全く運動をしていない
  • 座りっぱなしでいることが多い
  • 立ちっぱなしでいることが多い

なぜかというと、血行不良が改善され、日頃のむくみが改善されるからです。

そのため筋膜リリースはダイエットに効果があるという意見があるのかもしれません。

しかし筋膜リリースはダイエット法ではありません。

単純にストレッチをおこなったことにより血流がよくなり、むくみが解消されることで少し細く見えるというだけです。

なぜ痩せると言われているのか分かったところで気になるのは、「私たちはいったいどうすれば痩せられるのか」ということですよね。

実際に痩せるためには筋膜リリースでの体質改善と合わせて、運動や食事制限などの他のダイエットにも取り組むことが必要です。

やっぱり運動しないとダメか…。

運動は健康のためには避けて通れないようです。本気で痩せたい場合は筋膜リリースと合わせて取り組むといいですね。

筋膜リリースには、ウォーキングやランニングなどの運動や食事制限などの他のダイエットに比べて、直接的なダイエットの効果はほとんどありません

筋膜リリースをおこなったからといって、お腹や太ももの脂肪がすぐに落ちて痩せるというのではないのです。

あくまでも痩せるための痩せやすい体質を作る手段であるということを認識しておきましょう。

広告

筋膜リリースとは何?効果とメカニズムを解説!

そもそも筋膜リリースというものをご存じですか?

痩せると言われるのはなぜなのか説明してきましたが、筋膜リリースという言葉を聞いたことがないという方も多いのではないかと思います。

筋膜リリースという言葉は聞いたことがないな。

聞いたことはあるけど、そういえばどんなものなのか知らないかも…。

そんなあなたに、そもそも筋膜リリースとは何なのかを先に解説しておきます。

筋膜リリースとはどんなもの?効果は?

筋膜リリースとはアメリカで考案されたもので、普段の生活で硬くなった筋膜や、筋肉と癒着した筋膜をほぐすためのストレッチのことをいいます。

筋膜リリースをおこなうと体の歪みが改善され、血液の循環やリンパの流れがよくなるという効果があります。

その結果、血液の中にある老廃物が流れやすくなり代謝もよくなるという仕組みです。これがダイエットのサポートになります。

普段の自分の生活を思い出してみてください。何気なくおこなっている習慣があると思います。

  • いつも同じ方の肩や腕でカバンを担いでいる
  • 座るときに脚を組むクセがある
  • 同じ姿勢でいる時間が長い
  • 立つときに片足に重心をかけていることが多い
  • 携帯やスマホを見る時間が長い
  • デスクワークをしている
  • そもそも姿勢が悪い

どうですか?この中にあてはまるものはありませんか?

ほとんど当てはまっている…!

こんな習慣で筋肉や骨はズレてしまい、体の歪みやコリ、むくみや肥満へと繋がってしまいます。

筋膜リリースとは、そのような体の歪みを根本から整え、体本来の代謝を発揮できるよう手助けをしてくれるものなのです。

筋膜リリースのメカニズムを詳しく解説

筋膜リリースというと筋肉の周りにある膜をはがして正しい位置に戻すものだと思っていませんか?

よく生の鶏肉の周りについている薄い膜のようなものと例えられていますが、厳密にいうとあれは間違いです。

えっ!違うの!?

確かに人間にも薄い筋膜は存在しているのですが、筋膜リリースでいう筋膜というのは1枚の薄い膜だけを指しているのではありません。

筋肉の周りに網目状に絡みついて接着剤の役割を果たしている組織全体のことを指しています。

そのため、説明の中でも「はがす」ではなく「ほぐす」という表現をしてきました。

これがあるおかげで血管や靭帯、関節、骨、筋肉などが人間の体として形作られていて、姿勢を保つためには不可欠なものなのです。

この筋膜はコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸で構成されています。

姿勢を保つためには欠かせないのですが、保とうとするのはいい姿勢も悪い姿勢も同じです。

普段から姿勢のいい人はそれが保たれ、逆に普段から姿勢の悪い人はそれがそのまま保たれてしまいます。その悪い形で保たれた筋膜をほぐしてあげるのが筋膜リリースです。

もちろん一度筋膜リリースをおこなったからと言ってすぐに効果が表れるわけではありません。

今の体のゆがみも長年の蓄積によってできています。

先に挙げたような普段の悪い習慣を改善しながら、毎日取り組むことで少しずつ効果が表れてきます。根気強く取り組みましょう。

即効性はないんですね。毎日コツコツ頑張ります!

私もやってみたいんだけど、どんな方法があるの?

筋膜リリースのやり方としては2種類あります。筋膜リリースローラーを使う方法と筋膜リリースガンを使う方法です。

具体的なやり方や、実際に筋膜リリースをおこなう際に注意したい点などはこの後詳しく解説していきます。

筋膜リリースローラーの正しい使い方を紹介

筋膜リリースのやり方として最も有名なのが筋膜リリースローラーではないでしょうか。

フォームローラーとも呼ばれており、最近では100均でも見かけますよね。このローラーを使ったことはありますか?

使い方は非常に簡単です。ほぐしたい部分をローラーにのせて、ゆっくりローラーを転がすようなイメージで圧をかけながら動かしていくだけです。

これは体のどの部分をほぐす場合も同じです。

筋膜リリースローラーには長いものと短いものがあるのですが、私は長い方を持っています。長さは61cmで直径は12cmのものです。

正直私は短いものでもよかったかなと感じています。結局長さ全体を活かすことがあまりないからです。

ただし背中をほぐすときは長い方がやりやすいかもしれません。目的に合わせて選んでくださいね。

使ったことがなくて気になるなという場合は、まずは100均のもので試してみるといいでしょう。短いものをおいている場合がほとんどです。

さて、筋膜リリースローラーの使い方ですが、大事なポイントが3つあります。

  • 1か所にかける時間は45秒~60秒
  • 強さは「気持ちいい」を目安に
  • 終わった後はストレッチ

これです。これを意識して取り組むと体を傷めずに筋膜をほぐすことができます。

イタ気持ちいい程度の圧でも強すぎると覚えておきましょう。

さらにほぐした後ストレッチやエクササイズを取り入れることで効果を高める事ができますよ。

ちなみに、膜を「はがす」というイメージでおこなうと、どうしても強く刺激を与えた方が効果があるのではないかと思われがちです。

しかし強すぎる刺激には以下のようなデメリットがあります。

  • 圧迫しすぎて筋肉にダメージが出る
  • 内出血が起こる
  • 過剰な刺激により逆に筋膜が硬くなる
  • 交感神経が活発になり痛みに過敏になる

強くゴリゴリと押し付けても筋膜はほぐれるどころか逆に傷んでしまうんですね。

筋膜リリースは筋膜にゆっくりと圧をかけてのばすことにより整えていくストレッチだと認識しましょう。

毎日少しずつ、気持ちいいくらいの力で継続することが効果的です。

また、実施するタイミングによって効果も変わってきます。

もちろん筋膜リリースの体の歪みを整えたりコリをほぐしたりする効果や、代謝を促したりむくみを解消したりする効果に変わりはありません。

運動前におこなうとその後のストレッチやエクササイズの効果を高めることができ、運動後に取り入れると筋肉痛の予防になります。

すでに筋肉痛になっている場合にはその緩和にもなりますよ。

急に運動を始めるとどうしてもつらいのが筋肉痛ですよね。

私も久々に筋トレとしてスクワットをした翌日、あまりにも太ももが痛すぎて歩き方が変になっていました(笑)

それが緩和できるならやらない手はないですよね!ぜひ取り入れてみてください。

筋膜リリースガンとローラーを使い分けてみよう

筋膜リリースガンという方法もあります。こちらはマッサージガンとも呼ばれています。

銃のような見た目をしたマッサージ器具のことで、先端部分のアタッチメントが振動することで筋肉や筋膜をほぐしてくれるアイテムです。

筋膜リリースローラーと違って筋膜リリースガンは自然な姿勢で全身の力をほどよく抜きながら使用できるというメリットがあります。

筋膜リリースガンに興味を持っていただけましたら、ぜひお好みで使い分けてみてくださいね。

筋膜リリースガンを使用する場合はローラーよりも短い時間から始めてみるといいでしょう。おすすめは1か所【10秒】です。

短いと思われるかもしれませんが、時間を長くするのは体が慣れてきてからです。

継続していくうちに20秒、30秒と増やしていくといいですよ。

ローラーと同様に、運動前におこなうとその後のストレッチやエクササイズの効果を高めることができ、運動後に取り入れると筋肉痛の予防になります。

もちろんこちらのリリースガンを使った筋膜リリースも、すでになってしまった筋肉痛の緩和もできますよ。

ただしローラーと違ってピンポイントでほぐすので、間違って骨に当たるととても痛いです。気を付けてくださいね。

私も一度カイロプラクティックに通っていた時に足裏に使用されたことがあります。正直びっくりするほどの振動です。

ヒールの履きすぎで凝り固まっていたらしく、筋膜リリースガンを当てられました。

足裏だったからまだマシだったのかもしれません。

太ももや肩、腕などの今ほぐしたいと思っている場所にあの強さで当てるとおそらく痛くて続かないと思います。

自分で操作する場合は振動レベルを調節できるものが多くありますので、まずは一番弱い振動から試してみましょう。

先ほどもお伝えした通り、強すぎる圧は筋肉や筋膜を痛めますので注意が必要です。

まとめ

  • 筋膜リリースだけで痩せることはできない
  • 筋膜リリースで血流改善やむくみ解消などの効果が得られる
  • 痩せるためには運動や食事制限と筋膜リリースを合わせる必要がある
  • 強すぎる刺激は逆効果
  • 筋膜リリースローラーを使えば安く始められる
  • 筋膜リリースローラーには長いものと短いものがあるため目的に合うものを使おう
  • 筋膜リリースガンを使えば楽な姿勢での実施が可能
  • 筋膜リリースガンは振動の強弱が調節できる
  • 筋膜リリースは筋肉痛の予防や緩和にも効果あり

筋膜リリースを初めて聞いたというあなたも、すでに実践しているあなたも、この記事で筋膜リリースの正しいやり方を分かっていただけたと思います。

筋膜リリースローラーと筋膜リリースガンはどちらを選んでもかまいません。

今まで実践しているのになぜか痩せないと悩んでいたあなたはもう大丈夫!

気持ちいいくらいの強さで毎日少しずつでも継続しておこなうことが大事です。運動や食事制限も合わせれば、もうなぜ痩せないのかと悩むことはないですね。

痛い筋膜リリースは絶対にNGですよ。我慢しておこなう必要はありません。

筋膜リリースだけでは痩せられないなんて、少し残念な結論ではありますが、なぜなのかわかれば心配は無用です!

知っていれば痩せるために運動や食事制限などのダイエットも合わせて取り入れることができますね。

この結果をポジティブにとらえて、一緒に健康的な体を手に入れましょう♪

広告

コメント

タイトルとURLをコピーしました