便秘薬の効く時間を決めるのはあなた次第!自分に合った商品を選ぼう!

お役立ち情報
広告

便秘薬を飲んでいるけど、一番効く時間っていつなの?

A:服用する便秘薬によって、効く時間は異なります。さらには、服用する時間をあなた自身で調整することが、効く時間を変えることにつながります。

便秘薬は服用する時間を工夫することで、最大限に効果を発揮してくれます。この記事では、あなたに以下のことをお伝えします。

  • 便秘薬が最もよく効く時間について
  • あなたの生活リズムに合わせた便秘薬の服用時間について
  • 便秘の定義と、そのタイプ
  • おすすめの便秘薬
  • 妊娠中の便秘薬の服用について

効く便秘薬を服用することはあなたを苦しみから解放し、お腹も心もすっきりとさせてくれます。

この記事を読んだ後のあなたは便秘改善のスペシャリストになっています!

広告

便秘薬が効く時間は飲む薬の種類によって違う

ドラックストアを覗くと、たくさんの種類の便秘薬が売られていますね。便秘薬が一番よく効く時間について、私と一緒に詳しく見ていきましょう。

便秘薬が効く時間はあなたが選ぶ薬によって違う

便秘薬が最も効く時間は、あなたが選ぶ薬の種類と、服用する時間で決まります。

つまり、あなた次第なのです。今回、私がおすすめする便秘薬について、効く時間を調べてみました。

薬品名 服用してから作用するまでの時間
コーラックⅡ 6~12時間
酸化マグネシウム便秘薬 8~10時間
タケダ漢方便秘薬 8~10時間
イチジク浣腸 3~5分

飲む薬によって効く時間が変わるなら、飲む時間も考えないとね!

便秘薬は、薬が大腸まで届いてはじめて効果を発揮してくれます。胃や小腸で吸収されて効果が出るのではないのです。

つまり、効果が現れるまでにはタイムラグがあるということになります。

それに対し、大腸が自然な状態で一番働いてくれるのは朝です。

目覚めてから、起こる腸の大きな動きを「大ぜん動」と言います。

一般的に、この大ぜん動は、起床時や朝食後によく起こります。

ですから、睡眠時間が6~8時間と仮定すると、就寝前に便秘薬を服用するのが効果的なのです。

大腸の大ぜん動は便秘薬の助っ人なのね!

1日1回、朝の排便のリズムを作るためにも、就寝時間前に飲むようにしましょう。

朝の大腸の大ぜん動+便秘薬の効果=朝の快適なお通じ

便秘薬が大腸に届くまでの時間は、日々食べているものや、体調によって変わってきます。

例えば、お肉ばかり食べていると胃を通過するのに時間がかかりますが、消化の良いものは早く胃から腸に流れます。

また、便秘がひどい時は、薬が大腸に届くまでに時間がかかります。

ですから、便秘薬が効き始めるまでの時間は必ずしも一定ではないのです。

また、あなたの生活リズムの都合上、どうしても夜にお通じがほしいということもあるかと思います。

朝は仕事へ行く準備が忙しくて、トイレにまとまった時間がとれないんだけど…

こんな時は、時間を逆算して、お通じが欲しいタイミングの5~7時間前の空腹時に薬を服用することをおすすめします。

昼間は夜中よりも胃や小腸の働きが活発なので、効果が出始めるまでの時間が短くなるからです。

便秘薬の長期間の服用はおすすめしない

便秘薬って長期間服用しても大丈夫なんですか?

便秘薬は規則正しい排便リズムを取り戻すために服用するものです。

最小量から始め、便通の具合に合わせて少しずつ増量または減量し、できる限り連続での服用は控えましょう。

規則正しい生活習慣や、バランスのとれた食事、適度な運動をできるかぎり続け、便秘薬の服用間隔を少しずつ延ばすように心がけることが大切です。

私の母がまさに便秘薬を長期間、服用していました。

便秘薬に頼ることを何度か繰り返していくうちに、薬なしでは排便できない体になってしまいました。

運動嫌いの母ですから、自分からはなかなか運動しようとはしません。そこで私は声をかけました。

お母さん!週末の朝は、2人でウォーキングだよ!

えっ!?そんなの聞いてないわ…。

初めはかなり億劫にしていた母ですが、一緒に続けて1ヶ月もすると、身体が運動するのに慣れてきたようでした。

気が付いたら平日も含め、週に4回は一人でウォーキングに行くようになっていました。

さらには自宅でストレッチも始め、少しずつではありますが便秘は解消されていきました。

今でも時々便秘がちになることはあるようですが、便秘薬生活からは抜け出すことができたそうです。

それでも人によっては、健康的な食事や運動習慣を実践しても、便秘がなかなか改善しない人もいるかと思います

そんな時は、他の病気が原因となっている場合もありますので、病院で診察を受けましょう。

ちなみに便秘の場合は「消化器内科」または、「胃腸科」を受診することをおすすめします。

これは、食事を摂った時に通るところや、消化を助ける働きをする部位を専門としているのが消化器内科だからです。

また、便秘は胃や腸に深く関わることなので、胃腸科を受診するのも良いでしょう。

便秘の定義とメカニズムについて詳しく学ぼう

そもそも便秘ってどんな状態のことをいうの?

排便が3日に1回しかない私って便秘なの?

便秘についてのあなたの疑問を解決するために、その定義を調べて見ました。

  • 排便回数が少なくなる(4~5日以上でない)
  • 排便するときに困難を伴う(排便痛、肛門が切れて出血する)
  • お腹が張って違和感がある
  • 残便感があってすっきりしない


お通じが毎日必ずあるというのは確かに理想形です。

しかし「便秘」という観点から考えると、便が毎日出ないということが問題ではないのです。

たとえば便が数日出なかったとしてもスムーズに排便でき、スッキリ感があれば便秘ではありません。

便秘かどうかは、排便後のあなたのスッキリ感が基準といえるのです。

「排便回数が減る」「排便が困難」の負のスパイラルが便秘の悪化につながる

食物は、口から摂取したあと、食道胃→小腸大腸の順番で消化、吸収されます。

腸管に到達した食物は、大腸を通る過程で水分が吸収されていきます。

水分が吸収された腸内容物は固形の便となり、やがて体外に排出されていきます。

便秘になると、排便の回数が減り、必然的に腸内容物は腸管のなかに留まる時間が長くなり、その分、水分が吸収されていきます。

すると便はどんどん硬くなってしまうのです。

固くなりすぎた便は、排便時に痛みや肛門を傷つける原因となります。

排便時の痛みや不快感は、排便頻度の減少に繋がり、さらに排便回数が減り、便秘がエスカレートしていきます。

このように排便回数の減少と排便困難は、便秘の悪化を促進してしまうのです。

便秘のタイプとその原因、症状

便秘のタイプと、その原因について説明していきたいと思います。

便秘は一時的に便秘症状が現れる急性便秘と、便秘が日常的になっている慢性便秘に分けられます。

急性便秘とは、「何らかの理由で、急に便秘になってしまう」というものを指します。

逆に慢性便秘とは、「長期間、便秘の症状が出ている」ということを指し、便秘で悩んでいると自覚している人のほとんどは、こちらに該当します。

便秘のタイプ
  • 一過性便秘
  • 器質性便秘
  • 機能性便秘

<一過性便秘>

一過性便秘は急性便秘に含まれます。一過性便秘の原因には、ストレスや生活習慣、食生活などの変化が挙げられます。

  • 引っ越し、進学、就職、転職などによる環境や生活習慣の変化
  • 環境の変化に伴うストレス
  • ストレスが溜まることにより、自律神経の乱れが起こる自立神経は腸の活動に直接働きかけているので、乱れると便秘になる
  • 一時的な便秘が繰り返されることで、慢性便秘になってしまうこともある

ストレスが原因による暴飲暴食や、食事が肉食傾向にある人は要注意です。

私はこの一過性便秘になることが、さまざまなイベントの時に起こります。

一番よく覚えているのが、結婚式前の数週間です。人生初めてのことと、式準備ストレスから、この一過性便秘になりました。

お腹が張るし、顔にもニキビ…。結婚式ストレスから早く逃れたい…。

まさにこんな状態でした。それでも、結婚式が終わって数日経ち、私の心も落ち着つくと、便秘も自然と解消されていきました。

結婚式が終わって改めて、あの時は相当ストレスがかかっていたんだなと実感したものです。

<器質性便秘>

病気や体の不調によって、消化管の形に異常があることによって起こる便秘を器質性便秘といいます。

器質性便秘は時として、自分で病院に駆け込みたくなるほどの痛みを伴うレベルです。

器質性便秘の治療法は、病院で診てもらうこと以外ないといっても過言ではありません。

以下のような症状がしばらく続くようであれば、できるだけ早めに受診しましょう。

  • お腹の張り
  • 腹痛
  • 嘔吐
  • 食欲不振

 <器質性便秘になる疾患例>

  • 大腸ガン、大腸ポリープ、腸閉塞、潰瘍性大腸炎などの大腸の疾患
  • 後腹膜腫瘍、子宮筋腫などの大腸付近の疾患

<機能性便秘>

機能性便秘は、大腸の筋肉がゆるみ、便を押し出す力が弱くなることで起こります。

機能性便秘の「機能」とは、大腸で便が作られる過程や、直腸の排便の仕組みに関する機能のことを指します。

機能性便秘は、弛緩性、直腸性、けいれん性の3種類に分けられます。

■弛緩性(ちかんせい)便秘

弛緩性便秘とは、様々な要因から大腸の大ぜん動に関わる筋力が低下し、筋肉が弛緩することで便を肛門方向に上手く運ぶことができなくなる症状のことをいいます。

一般的に、ただ「便秘」という場合は、この弛緩性便秘のことを意味している場合が多く、弛緩性便秘は日本人が最も多く発症するタイプです。

■直腸性便秘

直腸性便秘とは、大腸の大ぜん動に関わる筋肉にも、自律神経にも問題がなく、便が肛門手前の直腸まで運ばれているのに、排便できない症状のことをいいます。

直腸性便秘は、便意を我慢し続けたことで便意を感じなくなったり、老化によって便意を感じにくくなったりすることが主な原因とされています。

■けいれん性便秘

けいれん性便秘とは、大腸の大ぜん動に関わる筋力に問題はないものの、ストレスなど様々な理由によって自律神経が乱れ、筋肉を正常に動かせないことが原因で起こります。

便を肛門方向に上手く運ぶことができなくなる症状のことをいいます。

自律神経の乱れによって大腸がけいれんしているような動きをすることから、けいれん性便秘と呼ばれています。

広告

便秘薬の中で最も効くおすすめ商品のご紹介♪

仕事など日々忙しく過ごされているあなたに市販で手軽に買えて、なおかつ良く効く便秘薬をおすすめします。

上記でもお伝えした通り、私が調べに調べあげて選んだものなので、自信をもっておすすめします!

ちなみに私が過去に使用して効果があったものも取り上げてみました。

大塚製薬 コーラックⅡ
ツルハドラッグ
¥1,438 (2023/01/27 08:51時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

コーラックⅡは、界面活性作用によって便の表面張力を低下させて便中に水分を浸透させ、便を柔らかくすることで排便しやすくするお薬です。

界面活性剤ってなんですか?

界面活性剤とは、分子内に水になじみやすい部分(親水基)と、油になじみやすい部分(親油基、疎水基)を持つ物質の総称。

硬くなった便に水分を与えて、便を適度に柔らかくしてくれる「DSS」という成分が配合されているそうです。

この薬は副作用がなく、クセにもなりにくいという特徴があるほかに、他の便秘薬と比べて作用が弱く、痛みに弱いあなたにおすすめの商品です。

排便時に無理やり出そうとするときほど、苦しいものはありません。 

これならスムーズに排便することができ、ストレスなく排便できそうですね。

またこちらのお薬は、錠剤なので自分で飲む量を調整することができます。

酸化マグネシウムE便秘薬
¥2,709 (2022/04/24 10:35時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

酸化マグネシウムE便秘薬は、女優の菊川怜さんが宣伝されています。

あの才色兼備の女性がおすすめしている商品なら、いかにも効く便秘薬な感じがしますよね。

特徴としては腸内の水分を集めて、便を柔らかくしてから自然にお通じを促してくれるお薬です。お腹を直接刺激しながらも、痛くならない便秘薬です。

酸化マグネシウムは効き方がマイルドで、副作用が少なく、クセになりにくいという特徴があります。病院などで便秘薬の第一選択薬として広く用いられています。

病院に行かなくても、市販で手に入れることのできるこちらの商品、ぜひおすすめします。

服用時は、大量の水とともに服用するとより効果的です。

タケダ漢方便秘薬
¥2,798 (2022/04/24 10:45時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

あなたがもし、漢方の便秘薬を試してみたいのなら、タケダ漢方便秘薬がおすすめです。

漢方の便秘薬は、2種類以上の生薬を決められた一定の割合で組み合わせたもので、お互いの生薬が働きを補いながらチームプレイで効果を発揮してくれます。

こちらの商品に配合されているのは、生薬の「大黄」と「甘草」という漢方です。

「大黄甘草湯」は体力に関わらず使用できるので、はじめての便秘薬を試す方にもおすすめです。

ちなみに私が便秘に悩み、はじめて服用した便秘薬がこちらの商品です。

こちらの便秘薬を選んだ理由は、「漢方は体に優しい」という単純なイメージからです(笑)。

服用した翌朝にはしっかりと排便があり、腹痛も感じることなく、お腹に穏やかに効く便秘薬でした。

配合されている生薬が2種類のため、効き目もすばやく、通常は服用後8~10時間に自然なお通じを促してくれます。

イチジク浣腸

もう一つおすすめなのが「イチジク製薬」から発売されている「イチジク浣腸」です。

一つの容器に薬液が40g入ったタイプだと、10本で約1,300円でした。

イチジク浣腸はできるだけ早く、便を出したい方におすすめです。

この薬液の成分は、グリセリンと精製水からできています。

グリセリンが直腸に入ると、直腸内の浸透圧が高くなり、腸壁から水分が出てきます。

すると腸壁はすべりやすくなり、やわらかくなった便が出やすくなるのです。

イチジク浣腸は便秘がちな赤ちゃん、排便する力が弱まっている高齢者など、幅広い世代に使われています。

即効性があるお薬なので、旅行先で便秘になり、お腹が張って早く便を出したい時などにおすすめです。

妊娠中は便秘薬が効くことで心も体もすっきり!

妊娠中、便秘薬を何度も繰り返し服用するのはおすすめできません。

しかし、無事に出産できる体づくりをするためにも、どうしてもの時は頼って問題ありません。

便秘が続いて苦しい時に、お腹に効く便秘薬に服用することで、すっきり安心した妊婦生活を送ることができます。

そもそも妊娠中って、どうしてこんなに便秘になりやすいの?

妊娠による女性ホルモンの影響と子宮が腸を圧迫するため

妊娠するとホルモンバランスが変化し、黄体ホルモン(プロゲステロン)が増加します。

黄体ホルモンとは、妊娠を継続させるために必要なホルモンです。しかし、腸の筋肉にも作用して排便を促すぜん動運動を低下させる特徴があります。

また黄体ホルモンは、体内に腸からの水分吸収を増やす作用があり、これが原因で便の水分量が少なくなり、普段より便を固くしてしまい排便しにくくなります。

つわりによる食生活の変化

特に妊娠初期では、つわりが原因で食べられるものだけ食べるという状況になりやすいです。

ビフィズス菌など腸内にいる善玉菌のエサとなる食事が摂れないことが、便秘などの体の不調の原因となるのです。

また、食事の偏りが食物繊維や水分不足をもたらしている場合には、善玉菌のエサが減り便も固くなってしまいます。

つわりだけでなく、妊娠中は無意識のうちに便秘になりやすいご飯ばかりを食べてしまっていることがあるので気を付けましょう。

運動不足とメンタルバランスが不安定

妊娠中、よく耳にするのが「マタニティ・ブルー」という言葉です。

特に妊娠初期は、体調や生活の変化で疲れやすく、ストレスが多くかかるため、精神的に不安定になりがちです。

初めてのことの連続でストレスフルな状態に置かれ、メンタルバランスが不安定だと自律神経の乱れが起こりやすくなります。

腸などの消化管は自律神経の一つである副交感神経に影響を受けています。

ストレスで副交感神経の働きが悪くなると、腸の動きが弱くなって便秘になりやすくなるのです。

便秘にならないための生活習慣

妊娠中の便秘予防、または便秘の解消には、まずは生活習慣を見直すことが第一となります。

便秘を解消する生活習慣
  • 水分をたくさんとる
  • 野菜などから繊維質をとる
  • ヨーグルトや発酵食品を食べる
  • ウォーキングなどの軽い運動をする
  • 自分の好きなことに没頭し、ストレス発散をする

妊娠中のいちばんの便秘解消法は、食生活の改善です。水分補給を心がけ、食物繊維を豊富に含んだ食材を食べるようにしましょう。

また、ヨーグルトやヤクルトなど乳酸菌を摂取するのもおすすめです。

軽い運動で汗を流す、便秘に効くツボを押してみるのも便秘解消を促します。

ちなみに私の妊婦生活は、便秘知らずでした(笑)。それまで仕事をしていた私は、妊婦生活というのは仕事のストレスから解放される貴重な時間だったのです。

ストレスフリーだと身も心も軽くなり、自然と健康的な生活を送るようになりました。

妊婦なので激しい運動はできませんでしたが、自分と赤ちゃんの体の為に散歩を日々の日課にしていました。今思い出しても幸せな日々だったなと感じます。

生活習慣の改善に取り組んでもなかなか排便が見られないときは、かかりつけの産婦人科医に相談することをおすすめします。

妊娠中でも安心して使える便秘薬を処方してもらいましょう。

妊娠中でも服薬できる便秘薬

妊娠中に服用できる便秘薬には、以下のようなものがあります。

<マグミット錠>

「酸化マグネシウム」を主成分とする薬に「マグミット錠」があります。

昔から産婦人科で処方されており、しっかりとお腹に効くうえに、安全性が高い薬です。

胃粘膜の保護作用もあるので、便秘とともに胃の調子が優れない人によく処方されます。

酸化マグネシウムは腸管からは吸収されず、腎臓の機能が正常であれば、血液中のマグネシウム濃度への影響もほとんどありません。

大量に投与しすぎると、子宮収縮が促される可能性がありますが、通常の使用量であれば妊婦さんでも安全に使用することができます。

<ラキソベロン>

「ピコスルファートナトリウム」を主成分とするのが「ラキソベロン」という便秘薬です。

この便秘薬は、胃や小腸では吸収されず、大腸だけで効くうえ、ほとんどが便として排出されるため、胎児への影響はほぼないと考えられています。

液体タイプもあって自分で飲む量を調節できますが、飲み過ぎると下痢になってしまうことがあります。

かかりつけの産婦人科医の指示のもと、用法・用量をしっかりと守り、服用してください。

妊娠中にも便秘薬を使うことはできますが、便秘薬は対症療法のため、根本的な解決にはなりません。

妊娠中は、便秘薬に頼らなくてすむよう日々の生活を見直して、便秘予防、便秘解消に努めましょう。

まとめ

  • 便秘薬が効く時間は、服用する薬の種類によって違う
  • 便秘薬の効果を最も高めるために、朝の大腸の大ぜん動を活用しながら服用時間を決める
  • 便秘の種類は大きく分けて急性と慢性とがある。便秘のタイプは、一過性便秘、器質性便秘、機能性便秘に分けられる
  • 器質性便秘は病気や体の不調によっておこる便秘なので、腹痛や嘔吐などの症状が現れたら、すぐに受診する
  • 機能性便秘の中には、弛緩性便秘、直腸性便秘、けいれん性便秘がある
  • おすすめの市販の効く便秘薬にはコーラックⅡ、酸化マグネシウム便秘薬、タケダ漢方便秘薬などがある
  • 妊娠中の便秘はできる限り、生活習慣を整えることで解消するようにし、それでも解消されないときはかかりつけの医師から便秘薬を処方してもらう

今回の記事で、便秘薬の効く時間、便秘のメカニズム、おすすめの便秘薬について深く知ることができたのではないでしょうか?

便秘薬の服用時間のコツ、便秘があなたの生活習慣にも密接にかかわっていることもよくおわかりいただけたかと思います。

快適な腸生活を過ごすために、ぜひこの記事を繰り返し読んでいただけたら嬉しいです。

広告

コメント

タイトルとURLをコピーしました