ダイエット中の砂糖の代わりはラカントがおすすめ!低GI値で0カロリー

ダイエット
広告

ダイエット中でも甘味は欲しいものですよね。全く摂らないことも難しいと思います。

あなたもついついダイエット中にカロリーの高いチョコレートや砂糖たっぷりの飲み物を飲んでしまい、後悔した経験があるのではないでしょうか?

ダイエット中は砂糖の代わりにラカントを使いましょう。

ラカントは砂糖と同等の甘さを感じることが出来、0カロリー・低GI値でダイエットの味方です。

私は何度もダイエットに失敗し、挫折を繰り返してきました。ラカントの存在を知ったいま、理想のスタイルを目指しダイエットに成功するチャンスだと考えています。

本記事ではラカントや砂糖の代わりになるものについて、詳しく説明しています。内容を読んで、あなたも一緒にダイエットを成功させましょう!

天然由来で0カロリー、低GI値が特徴のラカントです。ダイエット中に砂糖の代わりに取り入れるのに、とても簡単で使いやすい商品です。

あなたが普段の食事を改善して、ダイエットをしたいならばぜひ取り入れてほしい、そんな商品です。

広告

ダイエット中は砂糖の代わりにラカントを使おう!

尼 透子
尼 透子

甘いものが食べたいけどダイエット中なのよね。砂糖の代わりになるものないかなぁ。

ダイエット中でも砂糖を一切抜くことは難しいですよね。全く摂取しないことも、健康面で心配です。

ダイエット中の砂糖の代わりには「ラカント」を使いましょう!

ダイエットをして理想のスタイルを手に入れたいけれど、たくさん我慢したり、無理したりはしたくないですよね。

ダイエット中にラカントを取り入れることで、簡単に継続してダイエットを成功出来るかもしれませんよ!

ラカントは0カロリー、低GI値であることが特徴で、砂糖の代わりになる商品です。

GI値とは、血糖値の上昇度合を数字にしたものです。

GI値が低い食品を選ぶことによって、血糖値の急上昇と下降が抑えられるため、空腹感の軽減にもつながりますよ。

さらに砂糖の甘さは摂取出来て、0カロリーだなんて、とっても嬉しい情報ですよね!

私は普段の食事で毎日砂糖を使用しています。甘くて美味しいお弁当の卵焼きや、揚げ物にかける煮詰めたタレなど砂糖の登場シーンは少なくないです。

毎日の食事に使う砂糖の代わりに、ラカントを使えばストレスなくダイエットに取り組めると思いませんか。ぜひ一緒に詳しく見ていきましょう。

ラカントはウリ科の植物羅漢果が原料!

ラカントはウリ科の植物、羅漢果らかんかの高純度エキスと天然甘味成分エリスリトールを配合して作られたカロリーゼロの甘味料です。

天然甘味成分は、名前の通り天然由来なので自然派で0カロリーの上、健康面の心配がありません。

糖質はあるのですが、エリスリトールという成分は体に吸収されることのない成分の為、摂取しても体外に出ていきます。

ラカントの甘さは砂糖とほぼ同じで使いやすい

ラカントは前述した通り、羅漢果の高純度エキスと天然甘味成分エリスリトールが原料です。

羅漢果の高純度エキス自体は、砂糖の300倍の甘さです。エリスリトールとの配合量で、砂糖の甘さとほぼ同じ甘さに調整して作られています。

ダイエットの為に砂糖の代わりを使うたびに分量を計算して調理するのは面倒ですね。

同じ甘さであればどうでしょうか。砂糖と同じように使えるので、料理やお菓子作りにとても取り入れやすいですね。

熱を加えても甘さに変わりがなく使いやすい!

尼 透子
尼 透子

調理したら甘さに変化がありそう。使い道が少ないのではないかな?

ラカントは加熱しても甘さに変化はありません。そのため、料理やお菓子作りにも最適です。

普段使う砂糖の代わりに、簡単に取り入れることが出来ます。

0カロリー、低GI値の砂糖の代わりに持ってこいのラカントはこちらです。砂糖とほぼ同じ甘さで普段の調理に分量を気にするストレスなく、取り入れることが出来ます。

天然甘味成分で安心のラカントをダイエットに取り入れましょう。

広告

ダイエット中に使う砂糖のおすすめの選び方を解説

ラカントをダイエット中の砂糖の代わりにおすすめしますが、費用の問題やなんとなくほかの砂糖も取り入れたいと感じることがあると思います。

ここでは、ダイエット中に砂糖の代わりとしてラカント以外を選ぶときのポイントと、私がおすすめする砂糖の紹介をしています。

ダイエット中に砂糖の代わりになるものを選ぶポイント

ダイエット中に砂糖の代わりに使う甘味料を選ぶ際は、GI値に注意することがポイントです。

まず家庭でよく使う上白糖ですが、なぜ太るのでしょうか。理由は血糖値の上昇にあります。

上白糖を摂取すると血糖値が急上昇します。この急上昇した血糖値が下がるとき、人は空腹を感じやすいです。

そのため、そもそも血糖値を上昇させないことが重要です。

また上白糖を摂取するとインスリンが分泌されます。インスリンが分泌されると、体は脂肪を蓄えようとし、その結果、太りやすい体質になってしまいます。

血糖値の上昇度合を数字にしたものがGI値です。GI値が高ければ高いほど、血糖値が急上昇してしまいます。

次の項では具体的なGI値を比較したうえで、私がおすすめする砂糖について紹介します!

ダイエット中に使う砂糖はてんさい糖がおすすめ!

私がダイエット中におすすめする砂糖はてんさい糖です。ほかと比べ、低GI値なのでダイエット効果が見込めます。

代表的な砂糖3種類とラカントのGI値を比較した数値が以下の表です。

白砂糖黒砂糖てんさい糖ラカント
GI値10999650.02

上白糖は精製や不純物を取り除く過程で、ミネラルなどの体に取り入れたい成分が一緒に取り除かれています。

そのため、健康を気遣うのであれば白い砂糖でなく茶色の砂糖を選ぶことをおすすめします。しかし、黒砂糖はGI値が上白糖と比べ、特別低いわけではありません。

また、砂糖の代わりに限らずダイエット中は甘いものが欲しくなりますよね。

具体的にどんな甘いものならGI値が低いのかも気になるところです。

比較的低GI値の甘味料を以下の表で紹介しますので一緒に確認してみましょう。

メープルシロップはちみつココナッツシュガーアガベシロップみりんエリスリトールステビア
GI値7330-6535201500

メープルシロップはメープルの木から採れる樹液が原料となっていて砂糖と比べ、低GI値です。

メープルシロップはビタミン・ミネラル・有機酸・アミノ酸・ポリフェノールが豊富なので体にも優しいです。

お菓子以外に煮物とも相性がよく取り入れやすいですね。

はちみつは砂糖と比べ、甘味が強いことが特徴です。はちみつを選ぶときは加熱殺菌されていない生はちみつをおすすめします。

はちみつは加熱したときに、はちみつに含まれる栄養素が失われてしまいます。

生のはちみつはビタミン・ミネラル・ポリフェノール・グルコン酸・オリゴ糖などが含まれていて、疲労回復効果もあると言われています。

ココナッツシュガーはココヤシの樹液由来の甘味料です。パームシュガーと呼ばれることもあります。

ココナッツシュガーは必須アミノ酸、食物繊維、抗酸化物質のポリフェノールが多く含まれていることが特徴です。

アガベシロップは竜舌欄リュウゼツランという多肉植物が原料の甘味料で、砂糖と比べ低カロリーです。

アガベシロップの甘さは砂糖の1.3倍だと言われています。甘さが強いので使用量が抑えられそうですね。

みりんはもち米や糀、醸造アルコールが原料です。甘味料としてだけでなく、料理に照りやツヤを出してくれることが特徴です。

また煮崩れしにくいという特徴もあるので、料理に取り入れやすいですよね。

エリスリトールとステビアは、羅漢果と同じ天然甘味料です。糖質が吸収されず体外に出るため、血糖値が上がらずダイエット向きです。

甘味料にはそもそも大きく分けて2通りあり、「糖質系」と「非糖質系」に分類されます。

非糖質系甘味料は羅漢果などの天然甘味料と人工甘味料に分けられます。人工甘味料については、このあとの記事でお話しますね。

ダイエット中に甘さが欲しくなった時にはぜひ参考にしてください。

ダイエット中の砂糖摂取量は1日25gまで!人工甘味料NG

せっかくダイエット中の砂糖の代わりに低GI値やカロリーの低いものを選んでも、砂糖摂取量が多いと意味がありません。

ここでは1日の砂糖摂取量の目安だけではなく、人工甘味料の危険性についても紹介していきます。

ダイエット中の砂糖摂取量は1日25gまでを推奨!

WHOは2015年に、1日の砂糖摂取量は25gまでに抑えましょうと発表しています。

25gという量は、結構少な目なので意識していないとすぐに超えてしまいます。

例えば500mlのコーラには60gの砂糖が使われています。そのほか料理にも意外とたくさんの砂糖を使いますよね。

厳密に25gまで!というのは少々厳しいかもしれませんが、ダイエット中においては砂糖の代わりにラカントなどを取り入れることで、食生活の改善が出来そうですね。

人工甘味料は選ばない方が吉!5つのデメリットも

本記事で紹介した砂糖の代わりは、ラカントとてんさい糖です。

ほかにも多くの甘味料が世の中にはあります。選ばない方がいい注意する甘味料もたくさんあります。選ばない方がいい甘味料はズバリ、人工甘味料です。

代表的な人工甘味料には、アスパルテームやスクラロース、アセチルファムK(アセチルファムカリウム)、サッカリンなどがあります。

これから人工甘味料を使うデメリットを5つお伝えします。

  1. 味覚障害になる危険性がある
  2. 依存症になりやすい
  3. 血糖値が上がる
  4. メタボリックシンドロームになるリスクが上がる
  5. 糖尿病のリスクが上がる

砂糖などの甘味料と比べ、数百倍もの甘さがある人工甘味料はその味に慣れてしまうと、味覚障害になる危険性があります。

その特徴的な甘さは神経系の快楽中枢に影響を及ぼし、脳が依存し中毒を起こすことがわかっています。

人工甘味料であるサッカリンの実験では麻薬のコカインよりも強い中毒性があることがわかっています。

血糖値が上がりにくいはずの人工甘味料ですが、人工甘味料であるスクラロースを使った実験では血糖値が上がり、インスリンの分泌も多いという結果が出ています。

人工甘味料入りのダイエットコーラなどを毎日飲んでいる人は、飲んでいない人と比べ、メタボリックシンドロームや2型糖尿病になる可能性が高いことも報告されています。

糖尿病患者の治療などでは、必要な人工甘味料ですがこれだけのデメリットがあるのでダイエットには不向きです。

食事に少し取り入れる程度であれば、健康上の問題には至らないでしょうが、積極的な摂取はおすすめできません。

まとめ

  • ダイエット中の砂糖の代わりはラカントを使おう
  • ラカントは砂糖とほぼ同じ甘さで、熱を加えても甘さに変化がないため、取り入れやすい
  • ダイエット中の砂糖の代わりはGI値に注意して選ぶ
  • ダイエット中の砂糖の代わりはてんさい糖も良い
  • てんさい糖以外では、ラカントと同じ天然甘味料であるエリスリトールとステビアが低GI値でダイエットに向いている
  • 砂糖の1日の摂取量は25gまでで抑えよう
  • ダイエット中の砂糖の代わりに、人工甘味料は向かない

ダイエット中に意識したい甘さの摂り方ですが、選び方にはポイントがありましたね。

低GI値のものを選んで血糖値の上昇を防ぎ、無理なくダイエットを成功させましょう!

私もさっそく0カロリー低GI値のラカントを取り入れて、ダイエットに取り掛かろうと思います。

本記事で紹介したダイエット中の砂糖の代わりにおすすめな商品、ラカントです。

0カロリー、低GI値が魅力的ですね。ラカントを取り入れて、甘さを我慢せずダイエットに取り掛かりましょう。

広告

コメント